鎮静剤  『やすらぎの郷・下巻』

2017/ 07/ 28
                 
 姫(九条摂子〈八千草薫〉)はゴンドラの歌が好きだったそうです。

 今際、姫が秀さん(〈高井秀次〈藤竜也〉)に言ったそうです。
 《「秀さん、私、――何だかずうっと死なない気がするのって」》
 ・・・ ・・・
 《秀次
  「世阿弥の花伝書に従えば、若い時代の姫の美しさは
  彼の云ういわゆる“時の花”です。それに対して今の美しさは、
  幽玄を秘めた“真の花”です。今の方が自分は美しい
  と思います。」
       しのぶ(及川しのぶ〈有馬稲子〉)の歌が演奏に加わる。



「第112話」
◆ サロン

      しのぶの歌うゴンドラの唄。
   〽命短かし 恋せよ乙女
     紅き唇 褪せぬ間に
     熱き血潮の 冷えぬ間に
     明日の月日の ないものを
 N 「その夜、11時52分。
    姫の命は、天に召された」
     音楽――

「第114話」
  ・・・ ・・・
    名倉(名倉修平〈名高達男〉)、ポケットから一冊の文庫本を出す。
 名倉「あの人、まるで忘れ物みたいに、九条さんの枕元にポンとこの
本を置いてったンですよ。
 (間)
    マリー・ローラサンの詩集なンですがね」
      音楽――消えてゆく。
 名倉「その中のここの、”鎮静剤”っていうこの詩の所に、栞をはさんで、
わざわざ線まで引いてあるンです。こんな詩なンですがね。
    (間)
    (読む)”退屈な女よりもっと哀れなのは
     かなしい女です
     かなしい女よりもっと哀れなのは
     不幸な女です”
  ・・・ ・・・
 名倉「この詩の最後がこう結ばれてます。
     ”追われた女より もっと哀れなのは 
     死んだ女です
     死んだ女より もっと哀れなのは 
     忘れられた女です”」
        長い間
 栄(菊村栄〈石坂浩二〉) 「その本、お借りしていいですか」
 名倉「どうぞ」

 ・・・ ・・・

◆ 203号
      栄入ってきてデスクの前に座る。
      かきさしの追悼文。
      煙草を咬える栄。
      その顔に、
      姫の記憶がフラッシュインサート。
      いくつか。
      そして――

◆ 記憶
      棺にすがりついた及川しのぶの姿。

◆ 203号
      栄
      ――借りて来た詩集のページを開く。

◆ 及川しのぶのインサート

◆ 203号
      栄。
      一切の音がしんとなくなり、しのぶの
      声がホイスパーで詩を読む。

  しのぶの声
   
   「退屈な女より もっと哀れなのは 
    かなしい女です

   かなしい女より もっと哀れなのは 
    不幸な女です

   不幸な女より もっと哀れなのは 
    病気の女です

   病気の女より もっと哀れなのは 
    捨てられた女です

   捨てられた女より もっと哀れなのは 
    よるべない女です。

   よるべない女より もっと哀れなのは 
   追われた女です

    追われた女より もっと哀れなのは 
   死んだ女です

   死んだ女より もっと哀れなのは 
   忘れられた女です」
      栄。
      遠くから、かすかに忍びこむ姫の唄声。
      間。
      書きさしの追悼文をとって破り、くず
      かごに捨てる。
      間。
      栄。

◆ 記憶
      あの夜、浜辺で歌っていた姫。
      〽あした 浜辺を
      さまよえば
      昔のことぞ
      しのばるる

◆ 203号
      栄。
      ペンをとる。
      新しい原稿用紙に向かって、
      一気呵成にペンを走らせる。
      音楽――

                 
        

『やすらぎの郷』脚本集・下巻

2017/ 07/ 27
                 
 奥付を見ると、
 『やすらぎの郷』脚本集・下 第91話~第130話
 2017年7月30日 第一刷発行
 著者・・・・・・倉本聰
 発行所・・・・株式会社双葉社
 ・・・ ・・・
 と、あります。

 その奥付の2ページ前(324ページに相当)に、次の文言が記されていました。


 野際陽子さんが平成29年6月13日にご逝去されました。
 最後まできちんと撮影を終えての旅立ちでした。
 こゝに謹んで哀悼の意を表します。
                       筆者




第130話括りページ(321ページ下段~322ページ上段)

◆ 高速道へ入っていくレンタカー
 N 「翌朝私はレンタカーを運転し、やすらぎの郷への家路についた」

◆運転する栄
      その顔に。

◆やすらぎの郷・小路(フラッシュ)
      なにかもめながら歩いている冴子とマヤ。

◆ 栄
 N  「そこには私と似たような孤独を、それぞれ持ちながら押しかくして生きる悲しい同世代の仲間たちがいる」

◆ カサブランカ
       笑いながら飲んでいるマロ、大納言、
       涼子。住人たち。
 N  「彼らに逢いたい! と、たまらなく思った」
    音楽――主題歌。



栄=菊村栄・・・・・・石坂浩二
冴子=白川冴子(お嬢)・・・・・・浅丘ルリ子
マヤ=水谷マヤ・・・・・・加賀まりこ
マロ=真野六郎・・・・・・ミッキー・カーチス
大納言=岩倉正臣・・・・・・山本圭
涼子=井深涼子="濃野佐志美"・・・・・・野際陽子


やすらぎの郷 下 第91話~第130話


                 
        

バンカーショット 昨日、今日

2017/ 07/ 26
                 
 昨日、ゴルフ練習場で、バンカーショットの練習をしました。
 今日、勤めていた会社のOBの皆さん(4組、15名)とゴルフをしてきました。
 バンカーに一度も入らなかったので、練習の成果を実証することができませんでした。

 以上、ご報告致します。

バンカーショット 基本から目玉まで
                 
        

バンカー・ショット エクスプロージョンとダフりは別物!

2017/ 07/ 25
                 
 ボールと砂が目標方向に飛んでいくことを、エクスプロージョンショット(砂が飛び散るパワーを利用)というそうです。

 インターネットで、バンカー・ショットの基本あれこれを検索しました。
  ハンド・ファーストにならないように構える、鋭角に打ちこまない、ヘッドアップをしない、掬(すく)い上げないなど、なるほどと合点がいくことが縷々述べてありました。
 
 ボールの位置 ・・・基本は・・・、目玉のときは・・・
 スタンスの幅 ・・・基本は・・・、アゴが高いときは・・・
 重心のかけ方 ・・・基本は・・・、50:50、60:40、70:30
 体重移動 ・・・
 硬めな砂からのショット ・・・
 エトセトラ、
 
 実戦で役立ったかどうか、後日報告致します。




                 
        

河童忌  芥川龍之介の命日

2017/ 07/ 24
                 
 6月19日の太宰治の「桜桃忌」は、テレビや新聞でよく取り上げられています。

 芥川龍之介の命日は、「河童忌」といわれていますが、ここ数十年来巷間その名称はあまり耳に届いてこないようです。

 きょう、7月24日は、芥川龍之介の「河童忌」です。
 豊島区巣鴨の慈眼寺に、龍之介のお墓があります。
 この墓所には、作家の谷崎潤一郎(〈※〉)、蘭学者の司馬江漢や、忠臣蔵でお馴染みの、吉良方で八面六臂の働きを見せた小林平八郎(〈※〉)も眠っています。


 芥川龍之介の小説は、若い頃そこそこ読んだ記憶がありますが、映画作品となったあれこれは今も印象深く心に刻まれています。
 映画監督、女優さんの名前と顔が走馬灯のように現れては消えていきます。
 例えば、京まち子(1924.3.13~)さん、内藤洋子(1950.5.28~)さんなどです。
 

 6月21日放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』見ましたか。
 あかね荘の男性陣がみなファンだったという「内藤洋子」 。

《内藤洋子って聞いて満面の笑み・・・島谷さんの好みは 内藤洋子さんだった 》
 谷田部みね子が 「島谷さん 好きなんですか?」 と、島谷純一郎に問います。純一郎が「うん」と即答します。

 ・・・“永遠の美少女”といわれたアイドル女優・・・当時トレンド入りするほどの関心を集めました。・・・



(〈註:谷崎潤一郎の墓は、京都府京都市左京区の法然院にもあります。
   小林平八郎の墓は、東京都新宿区牛込の万昌院にもあります。

   ⁂7月30日:谷崎忌 / 潤一郎忌:谷崎潤一郎 )