鎮魂

 昨年50年ぶりに前橋キリスト教会を訪れ、内田和彦牧師と話す機会を得ました。私が高校時代3年間通ったこの教会は、星野冨弘氏が1974年に舟喜拓生牧師により洗礼を受けた教会としても知られています。
 今日「パイプオルガンとクリスマスメッセージ」と題したコンサートが午後2時から礼拝堂で開かれましたので、その生演奏を初めて聴きに行ってきました。全16曲です。


 (12月2日のアメリカオークランド史上最悪級の火災事故に巻き込まれ、レイブパーティに仲間と共に加わっていたうちの一人の女性は、家人の姪の子供でした。
 彼女も炎の犠牲になりました。大学(UC バークレー)の在学生で間もなく22歳を迎えようとしている矢先の哀しい出来事となりました。)

パイプオルガン(奏者:植木紀夫氏)が奏でる楽曲を聴きながら静かに指を組み合わせ、彼女の冥福を祈りました。

《 プログラム
 〈ごあいさつとお祈り〉
① J.S.バッハ:プレリュードとフーガ ハ長調(BWV545)
② J.S.バッハ:愛するイエスよ(BWV730)
③ J.S.バッハ:愛するイエスよ(BWV731)
④ V.リューベック:プレリュードとフーガ  ト長調(LübWV9)
  〈お話し:讃美歌とキリスト教歴/オルガン奏者植木紀夫)
⑤ K.ヘッセンベルク:いかにしてわれ主を迎える
⑥ J.G.ヴアルター:もろびと声をあげ
⑦ J.ブラームス:血潮したたる Op.122-7
⑧ R.モーザー:喜び祝え、わが心よ
  〈お話し:オルガンは頼もしい助け手/オルガン奏者植木紀夫)
⑨ J.パッヘルベル:トッカータ ハ長調、フーガ ハ長調
⑩ D.ブクステフーデ:救いは我らに来たれり(BuxWV186)
⑪ D.ブクステフーデ:天にいます我らの父よ(BuxWV219)
⑫ D.ブクステフーデ:トッカータ ヘ長調(BuxWV157)
  〈クリスマス・メッセージ「罪から救ってくださる方」/前橋キリスト教会牧師内田和彦)
⑬ J.ヴァイマン:パストラーレ Op.12-6
⑭ J.G.E.シュティーレ:神の御子は今宵しも
⑮ A.フィッシャー:「高きみ空から」によるプレリュード
⑯ 会衆賛美「高きみ空から」(教会福音讃美歌88番) 》



前橋キリスト教会 20161223





スポンサーサイト

崇仁親王殿下薨去について  平成28年10月27日


 「宮内庁ホームページ」

《崇仁親王殿下には,本日午前8時34分,聖路加国際病院において,薨去(こうきょ)されました。

謹んで哀悼の意を表する次第であります。》


『「三笠宮邸(赤坂御用地内)における一般記帳者の弔問記帳(平成28年10月28日から当分の間)」

一般記帳者の弔問記帳
(1)日時
平成28年10月28日(金)以降,当分の間,午前9時から午後7時まで
(2)記帳所
三笠宮邸内仮設テント
(3)入退出門
徒歩にて南門から入門し,南門から退門する

※駐車場の用意はありません 』


《このホームページは,天皇皇后両陛下・皇族方の宮殿・御所などでのご公務や国内各地へのお出まし,外国とのご交際など皇室のさまざまなご活動を中心に紹介しています。皆様が積極的に利用され,皇室のご活動や皇室の文化などへの理解を一層深めていただければ幸いです。》


Message from His Majesty The Emperor(August 8, 2016)

 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)



A major milestone year marking the 70th anniversary of the end of World War II has passed, and in two years we will be welcoming the 30th year of Heisei.

As I am now more than 80 years old and there are times when I feel various constraints such as in my physical fitness, in the last few years I have started to reflect on my years as the Emperor, and contemplate on my role and my duties as the Emperor in the days to come.

As we are in the midst of a rapidly aging society, I would like to talk to you today about what would be a desirable role of the Emperor in a time when the Emperor, too, becomes advanced in age. While, being in the position of the Emperor, I must refrain from making any specific comments on the existing Imperial system, I would like to tell you what I, as an individual, have been thinking about.


Ever since my accession to the throne, I have carried out the acts of the Emperor in matters of state, and at the same time I have spent my days searching for and contemplating on what is the desirable role of the Emperor, who is designated to be the symbol of the State by the Constitution of Japan. As one who has inherited a long tradition, I have always felt a deep sense of responsibility to protect this tradition. At the same time, in a nation and in a world which are constantly changing, I have continued to think to this day about how the Japanese Imperial Family can put its traditions to good use in the present age and be an active and inherent part of society, responding to the expectations of the people.


It was some years ago, after my two surgeries that I began to feel a decline in my fitness level because of my advancing age, and I started to think about the pending future, how I should conduct myself should it become difficult for me to carry out my heavy duties in the way I have been doing, and what would be best for the country, for the people, and also for the Imperial Family members who will follow after me. I am already 80 years old, and fortunately I am now in good health. However, when I consider that my fitness level is gradually declining, I am worried that it may become difficult for me to carry out my duties as the symbol of the State with my whole being as I have done until now.


I ascended to the throne approximately 28 years ago, and during these years, I have spent my days together with the people of Japan, sharing much of the joys as well as the sorrows that have happened in our country. I have considered that the first and foremost duty of the Emperor is to pray for peace and happiness of all the people. At the same time, I also believe that in some cases it is essential to stand by the people, listen to their voices, and be close to them in their thoughts. In order to carry out the duties of the Emperor as the symbol of the State and as a symbol of the unity of the people, the Emperor needs to seek from the people their understanding on the role of the symbol of the State. I think that likewise, there is need for the Emperor to have a deep awareness of his own role as the Emperor, deep understanding of the people, and willingness to nurture within himself the awareness of being with the people. In this regard, I have felt that my travels to various places throughout Japan, in particular, to remote places and islands, are important acts of the Emperor as the symbol of the State and I have carried them out in that spirit. In my travels throughout the country, which I have made together with the Empress, including the time when I was Crown Prince, I was made aware that wherever I went there were thousands of citizens who love their local community and with quiet dedication continue to support their community. With this awareness I was able to carry out the most important duties of the Emperor, to always think of the people and pray for the people, with deep respect and love for the people. That, I feel, has been a great blessing.


In coping with the aging of the Emperor, I think it is not possible to continue reducing perpetually the Emperor’s acts in matters of state and his duties as the symbol of the State. A Regency may be established to act in the place of the Emperor when the Emperor cannot fulfill his duties for reasons such as he is not yet of age or he is seriously ill. Even in such cases, however, it does not change the fact that the Emperor continues to be the Emperor till the end of his life, even though he is unable to fully carry out his duties as the Emperor.

When the Emperor has ill health and his condition becomes serious, I am concerned that, as we have seen in the past, society comes to a standstill and people’s lives are impacted in various ways. The practice in the Imperial Family has been that the death of the Emperor called for events of heavy mourning, continuing every day for two months, followed by funeral events which continue for one year. These various events occur simultaneously with events related to the new era, placing a very heavy strain on those involved in the events, in particular, the family left behind. It occurs to me from time to time to wonder whether it is possible to prevent such a situation.


As I said in the beginning, under the Constitution, the Emperor does not have powers related to government. Even under such circumstances, it is my hope that by thoroughly reflecting on our country’s long history of emperors, the Imperial Family can continue to be with the people at all times and can work together with the people to build the future of our country, and that the duties of the Emperor as the symbol of the State can continue steadily without a break. With this earnest wish, I have decided to make my thoughts known.

I sincerely hope for your understanding.





象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)


戦後70年という大きな節目を過ぎ,2年後には,平成30年を迎えます。

私も80を越え,体力の面などから様々な制約を覚えることもあり,ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに,この先の自分の在り方や務めにつき,思いを致すようになりました。

本日は,社会の高齢化が進む中,天皇もまた高齢となった場合,どのような在り方が望ましいか,天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら,私が個人として,これまでに考えて来たことを話したいと思います。


即位以来,私は国事行為を行うと共に,日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を,日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,更に日々新たになる日本と世界の中にあって,日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。


そのような中,何年か前のことになりますが,2度の外科手術を受け,加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から,これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,どのように身を処していくことが,国にとり、国民にとり,また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。


私が天皇の位についてから,ほぼ28年,この間(かん)私は,我が国における多くの喜びの時,また悲しみの時を,人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,天皇もまた,自らのありように深く心し,国民に対する理解を深め,常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において,日本の各地,とりわけ遠隔の地や島々への旅も,私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。


天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀(そうぎ)に関連する行事が,1年間続きます。その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。


始めにも述べましたように,憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,こに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを,切に願っています。


《  所収:宮内庁ホームページ
このホームページは,天皇皇后両陛下・皇族方の宮殿・御所などでのご公務や国内各地へのお出まし,外国とのご交際など皇室のさまざまなご活動を中心に紹介しています。皆様が積極的に利用され,皇室のご活動や皇室の文化などへの理解を一層深めていただければ幸いです。 

•新着情報へ

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日) 》



 広島 平成28年(2016年)5月



 関西の海なし県、人口およそ10万2千人ほどの市の小学4年生の皆さんと、路面電車で一緒になりました。引率の先生を含めて3クラス110名~120名とのことで、皆さん着席せずに大人の方に席を譲っていました。



 1,195,604人

広島市市章①

◇人口(調査時市域による)
市制施行(明治22年) 83,387人
終戦前ピーク(昭和17年) 419,182人
戦後最小人口(昭和20年) 137,197人
100万人突破(昭和60年) 1,024,072人
国勢調査人口(平成22年) 1,173,843人(512,907世帯)
最近の人口(平成27.9.30) 1,190,629人(住民基本台帳)
最近の男女別人口(平成27.9.30) 男 576,492,女 614,137(住民基本台帳)
最近の世帯(平成27.9.30) 548,715(住民基本台帳)
昼間人口(平成22.10.1) 1,198,347人
流入(平成22.10.1) 87,500人(通勤74,133人,通学13,367人)
流出(平成22.10.1) 85,423人(通勤76,112人,通学9,311人)
昼夜間人口比率(平成22.10.1) 102.1(昼間人口/常住人口)

《※下記「広島市人口」は、国勢調査及び国勢調査結果による補間補正後の人数などで、広島市など何れも公式サイトによる記録を抜粋》



463,670人(昭和15年〈1940年〉)
①広島20160522


387,477人(昭和22年〈1947年〉)
②広島20160522


447,174人(昭和25年〈1950年〉)
③広島20160522


517,354人(昭和30年〈1955年〉)
④広島20160522


590,972人(昭和35年〈1960年〉)
⑤広島20160522


696,845人(昭和40年〈1965年〉)
⑥広島20160522


798,540人(昭和45年〈1970年〉)
⑦広島20160522


923,588人(昭和50年〈1975年〉)
⑧広島20160522


992,736人(昭和55年〈1980年〉)
⑨広島20160522


1,061,748人(昭和60年〈1985年〉)
⑩広島20160522


1,093,707人(平成2年〈1990年〉)
⑫広島20160522


1,114,721人(平成7年〈1995年〉5月1日)
⑬広島20160522


1,133,266人(平成12年〈2000年〉5月1日)
⑭広島20160522


1,152,821人(平成17年〈2005年〉5月1日)
⑮広島20160522


1,172,527人(平成22年〈2010年〉5月1日)
⑱広島20160522


1,192,648人(平成27年〈2015年〉5月1日)
⑲広島20160522


1,195,604人(平成28年(2016年〉5月1日)
⑳-1広島20160522⑳-2広島20160522⑳-3広島20160522⑳-4広島20160522



続きを読む

 今年初めてのウグイス そして 白椿にメジロ

私の住んでいる地域では2月28日にウグイスの初鳴きを聴くことができましたが、「初鳴」の観測日について気象庁に問い合わせしたところ、 熊谷地方気象台より、ご返事を頂きました。

《・・・ このたびは、気象庁ホームページをご利用いただき、ありがとうございます。
埼玉県の気象観測・予報を担当する熊谷地方気象台から、回答いたします。

気象庁では、「生物季節観測」として動物や植物の季節を代表する現象を観測し、季節の遅れ進みや気候の違いなど、総合的な気象状況の推移を知る資料としています。また、新聞やテレビなどでは、生活情報のひとつとして利用されています。
ご存知のとおり、「うぐいすの初鳴」や「さくらの開花」などが、これにあたります。

「さくら」などの植物季節観測では気象台構内など一定の箇所での「標本木」等を対象に「開花日」などの観測を行いますが、「うぐいす」などの動物季節観測では対象を固定して観測できないため、気象台構内または付近(概ね5km未満など)で聴音によって「初鳴日」の観測を行うと定めています。

まだ(2月29日現在)、熊谷地方気象台付近では、「うぐいすの初鳴」を観測していませんが、・・・では一足早く、鳴き始めたようですね。
今週後半は気温も平年より高くなる見込みですので、熊谷でもうぐいすの鳴き声を聞くことができるかもしれません。

気象庁ホームページでは、次のURLで生物季節観測に関する情報を掲載して
いますので、参考にしていただければ幸いです。
http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/index.html

今後とも、気象業務にご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

熊谷地方気象台》


 我が家の庭に、先ほどまで訪れていたのが、ウグイス、メジロ、ヒヨドリ、そしてスズメでした。

 ガラス戸越しに、ウグイスが水浴びしているところが見えました。
 ガラス戸越しに、メジロが白椿の花の蜜を吸いにやってきているのが見えました。
 シャッターチャンスに恵まれなかった、今日の午前でした。

①20160302 ウグイス
 わが家の庭での、今年初めての「ウグイス」ウオッチング(水浴びが済んだあと、フェイジョアの枝に止まって羽繕いしていました。)

②20160302 白椿にメジロ
 わが家の庭の白椿の花の蜜を吸いに来る野鳥は、「メジロ」と「ヒヨドリ」です。
 メジロが蜜を吸う瞬間をとらえることはできませんでした。


 
プロフィール

むさしの想坊

Author:むさしの想坊
 これから何が飛び出してくるのでしょうか。ひきだしの奥にしまっていたものと合わせ、足跡を綴っていきたいと思います。
 昨日は金環日食をみることが出来ました。
・東京スカイツリー開業日の2012年5月22日記。

最新記事
リンク
カテゴリ
おりふし
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
アルバム
最新トラックバック
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: