カンブリア宮殿 テレビ東京系 長谷製陶 2017年3月23日 大人気簡単で本格派!絶品の燻製も! 

 長谷(ながたに)製陶株式会社から、先日はがきが届きました。
 「テレビ放映のご案内」でした。

 以前、燻製をつくりたいために、長谷製陶「燻製用陶器」を取り寄せたのです。

燻製用陶器 長谷製陶①


 今朝の新聞のテレビ番組「カンブリア宮殿」には、

 《うまいご飯がたける!魔法の”土鍋“  大人気簡単で本格派!絶品の燻製も! 伊賀焼180年窯元の大復活劇》

と、書いてありました。


 今日はこれから外出しますので、録画セットすることにしました。




長谷製陶 カンブリア宮殿 2017年3月23日ご案内文書



長谷製陶 カンブリア宮殿 2017年3月23日宛先 発信人








スポンサーサイト

宮沢賢治スペシャル 100分de名著 善も悪も清も濁も、同時に存在する――

  家人に教えてもらってみることができた、3月6日月曜午後10時25分からの、『宮沢賢治スペシャル 100分de名著』 

 「NHKテキスト2017年3月Eテレ」を、今日手元に置きました。
 第1回は、「自然からもらってきた物語」(3月6日放送、3月8日再放送)でした。
  「注文の多い料理店」「鹿踊りのはじまり」「貝の火」「イーハトーボ農学校の春」
  ここでは、賢治のあの「風」をいたるところに鏤めて説明をこころみています。

  毎週月曜日、午後10時25分から25分間の放送です。あと3回75分、どのような展開になっていくのか、見逃すことのできない番組です。

 第2回 永遠の中に刻まれた悲しみ
  「永訣の朝」「オホーツク挽歌」「雪渡り」「やまなし」

 第3回 理想と現実のはざまで
  「雨ニモマケズ」「毒もみのすきな署長さん」「土神ときつね」「なめとこ山の熊」

 第4回 「ほんとう」を問い続けて
  「学者アラムハラドの見た着物」「ポラーノの広場」「マリヴロンと少女」「銀河鉄道の夜」

100分de名著 宮沢賢治

 賢治作品の魅力は、いわゆる「めでたしめでたし」という終わりがないことです。そもそも未完のままであったり、決定稿が存在しない作品も多い。(〈※〉)これは何だろう、なぜだろうと思う謎や疑問が幾つもあり、それを自分なりに解釈したくなる。解釈にとどまらず、賢治の作品から受け取ったインスピレーションを自分の創作のきっかけとするようなクリエーターも多い。繁殖力のある文学、と言っても良いかもしれません。
 文学は読者に一つの答えを与えるものではありません。むしろ、謎という大きな問を放ちます。これを自分の感覚でキャッチし、自分の経験と照らし合わせながら考えることで、読む人それぞれの解釈が可能になります。
 と、「はじめに」の中で、案内人の山下聖美(やましたきよみ)日本大学芸術学部教授は綴っています。

〈※〉」宮沢賢治は、37歳という短い生涯(1896年〈明治29年〉8月27日-1933年〈昭和8年〉9月21日)の中で、詩約800篇、童話約100篇をはじめとする膨大な数の作品を書いています。





 







2017年1月30日 NHKあさイチ ムダな努力よ、サヨナラ! 脳を錯覚させて幸せになろう

 ◇正しい姿勢は、つま先、指先から。
 ◇オノマトペ(擬音語・擬態語)で、効果抜群!
 ◇能を錯覚させて幸せになる方法。


  ☆脳に次の刺激を与えることにより、能が「幸せ」をキャッチします。
 その一つは、口を大きく開けて大声で笑う。ささやかでもいいから笑顔を何回もつくる。それもできなければ割り箸などの細長い棒を前歯で噛んで笑顔のかたちをつくると、その動きを受信した能が錯覚して、気持ちが明るくなり、晴れやかになるのです。
 もう一つは、上を向いて大股で歩く。俯くというネガティブな気持ちの反対のポジティブな動作をすることにより、能に満足感、幸せ感を伝えます。
 ・アメリカの研究機関などや、慶慶應大学大学院の研究室で、幸福効果が得られていることを番組で伝えていました。

 ☆つま先立ちをゆっくりと5,6回繰り返すと、正しい姿勢になります。
 その動作をしない前は、重い荷物(2つで40㎏の重量)を持ち上げようとしてもびくともしなかったのが、正しい姿勢になった後、重い荷物を手に取ることができ、そしていとも簡単に持ち運ぶことができるようになります。両肩に重い物がかかっても、膝を曲げて歩き出すことができます。
 ☆もう一つは、体を動かして作業をする時は、手の指先に感覚を集中して行うこと。そうすることによって正常な体のポジションを維持することになり無用な力を排除します。
 例えば洗濯物を干す際にも指先に気持ちを込めて一つひとつ洗濯バサミにつけましょう。
 番組での紹介で、日常の生活での中で1週間試した主婦の方のコメントでは、 「肩こりなどが起こらなくなった。」というものでした。

 ☆オノマトペを使って日ごろの生活に役立てよう。
 ・「バン」「クルン」=(包丁を使わないレタスの芯の除き方です):レタスの芯のある方を下にして、「バン」と大きな声を出してまな板に強く落してから、「クルン」と声を出しながら芯のある方を上にして、芯を手でとり除きます。一枚一枚のレタスの葉となりますので、早速サラダの材料として使えます。
 ・「キュッ」「コンコン」「パッ!」=生卵の片手割り:片手で生卵をしっかりと握って「キュッ」と声を出し、「コンコンコン」と声を出しながら台の上で殻を割ります。その後すぐに、「パッ!」と声を出して生卵を割ると、見事卵の片手割りとなります。


☆☆☆ゴルフでも応用できそうですね。正しい姿勢にしてからスイングする。オノマトペを使ってスイングする(例えば、チャー・シュー・メン!)。ラウンド時、上を向きながら大股で歩く。
早速、すぐ出来ることばかりです。








NHK・BS1スペシャル「巨匠スコセッシ“沈黙”に挑む~よみがえる遠藤周作の世界~」

 映画『沈黙 サイレンス』の日本での劇場公開日は、2017年1月21日(土)です。
  遠藤周作の小説『沈黙」を原作としたこの映画の監督スコセッシと、その映画製作の舞台裏をのぞきこんだテレビ番組が明日の夜~よみがえる遠藤周作の世界~として NHK・BS1で放送されます。
 先ほど(1月1日)のNHK総合テレビ夜10時過ぎのスポットに、この番組が紹介されていました。

初2017年1月2日(月) 午後9時00分(110分)
再2017年1月7日(土) 午後7時00分(110分)

◇番組内容
BS1スペシャル「巨匠スコセッシ“沈黙”に挑む~よみがえる遠藤周作の世界~」

アカデミー賞監督の巨匠マーティン・スコセッシが日本戦後文学の金字塔「沈黙」の映画化に挑んだ。「沈黙」は、遠藤周作が50年前に発表、17世紀初頭のキリシタン弾圧をテーマにした作品。監督が作品に出会ったのは28年前。物語の舞台・長崎を取材、歴史や文学の専門家にも話を聞き、構想を温めてきた。監督と遠藤周作の時空を超えた出会いは、一体どんな映画を生み出すのか?番組は知られざる制作の舞台裏に迫る。

◇出演者ほか
  【出演】映画監督…マーティン・スコセッシ,
  【出演】俳優…アンドリュー・ガーフィールド,
  【リポーター】映画監督・俳優…塚本晋也,【語り】武内陶子







その小さな出来事が・・・ 真田丸 終 2016年12月18日(日)

 ついつい午後6時からのNHK BSプレミアム、「真田丸」最終回を、午後8時からのNHKテレビ「真田丸」最終回に先駆けてみてしまいました。



茶々(秀吉の側室淀殿・竹内結子)が、きり(信繁の幼馴染・長澤まさみ)に、信繁との関係を問います。
そのかえってきた言葉が、「クサレエンでございます」。


はてさて、その最終回ですが、豊臣方が攻勢だったのが、ある出来事によりいっぺんに立場が逆転しました。

 その小さな出来事が切っ掛けとなり、そして、大阪城に火の手があがったことを即座に判断した家康が総攻撃の采配を振るったことにより、戦況は一変します。


 ところで、茶々は正室ではなかったのですよね。前面に押し出された竹内結子が、正室の鈴木京香(寧・北政所)を脇に追いやってしまったのも、ドラマの筋書きの帰着するところを垣間見れば、当然といえば当然のことなのではありますが、大河ドラマならではの為せる技といったところだったでしょうか。


あと、30分もすると、NHKテレビ「真田丸」最終回が始まります。


真田丸 ①.
 NHK大河ドラマ 特別展 「真田丸」 東京都江戸東京博物館 (NHKプロモーション ポスター.2016年6月14日)

② 真田信繁像
 真田信繁像(16世紀:高野山蓮華定院蔵)

③真田軍配
 真田信之所用 軍配団扇(江戸時代:真田宝物館蔵)



プロフィール

むさしの想坊

Author:むさしの想坊
 これから何が飛び出してくるのでしょうか。ひきだしの奥にしまっていたものと合わせ、足跡を綴っていきたいと思います。
 昨日は金環日食をみることが出来ました。
・東京スカイツリー開業日の2012年5月22日記。

最新記事
リンク
カテゴリ
おりふし
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
アルバム
最新トラックバック
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: