秋の会津・いわきの旅

OB会秋の一泊バス旅行

 とある秋。
 OB会の一泊バス旅行、今年は、「会津・いわきの旅」となりました。

 一日目
 ・「鶴ヶ城会館」(昼食・わっぱ飯)
 ・「鶴ヶ城」
 ・「大河ドラマ館」
 ・白虎隊ゆかりの地「飯盛山」
 ・磐梯熱海温泉

 二日目
 ・「白水阿弥陀堂」
 ・「いわき石炭・化石館」
 ・「いわき・ら・ら・ミュウ」(昼食・海鮮)
 ・「アクアマリンふくしま」

❀7月中旬のOB会役員会で一式セットして、封書でご案内致します。なお、eメールアドレスをお持ちの皆さんには、ホテルのパンフレットなどクリップしてご案内させていただくことになりました。(携帯メールアドレスがコンタクト先の皆さんには、今回は封書でご案内させて頂きます。)


スポンサーサイト

福島県下郷町への誘い

農家れすとらん 蕎屋 (きょうや)

農家れすとらん 蕎屋(きょうや)の由来 (2006年11月17日オープン)
 住所:福島県南会津郡下郷町大字中妻字家ノ上657
 電話:0241-67-3522
 営業時間:午前11時-午後2時 (名刺には午前11時30分-とありました)
 定休日:毎週火・水曜日
 

農家の京子さんがおいしいお蕎麦を真心こめて打ち、おもてなしすると言う意味も込めて。 蕎麦の蕎と京子の京をかけて、農家れすとらん 蕎屋(きょうや)と命名!! 自分たちが作った自慢の米やもちやそばや野菜だからこそ、たくさんの人に食べていただきたい! その一心で始めました・・・ 自然に恵まれ、観光名所がたくさんあり、四季を通じて観光客が訪れる下郷町。このたび、築200年の歴史ある自宅を改築し、古民家風農家れすとらん蕎屋をオープンしました。

素材にこだわり、新鮮・安全・安心をモットーに、素朴ですが心をこめておもてなしさせていただきます。 下郷町におでかけの際はちょっと寄り道をして、 「農家れすとらん 蕎屋」でちょっと一息...なんていかがですか。

家族全員でお待ちしております。お気軽にお立ち寄り下さい。 昔懐かしい囲炉裏を囲み、心和むひとときをどうぞお過ごし下さい。


京子さんのこだわり

京子さんは、蕎麦も 米も 野菜も 種から苗から大事に育て、心をこめて料理してみなさんにお届けします。 もちろん蕎麦は十割!

自家製添え物(コンニャク味噌和え・茹でアスパラガス)添え物


下郷 郷土料理 しんごろう 1ヶ 130円(お持ち帰りもできます)
 エゴマをすり潰し、砂糖と醤油と味噌とお酒を混ぜ合わせ、竹串に刺した半つきにしたうるち米にぬって焼いた香ばしいお料理です。
 下郷に代々伝わる料理で、他ではめったに食べられない逸品!!
新郷町 郷土料理 しんごろう
 

あんこ餅(とち餅)
 手間暇かかる栃の実を1週間以上かけ、丹精こめて作り上げた逸品!! 
 癖のある栃の実は、あく抜きして餅と混ぜ合わせることで、自然と苦みが消え甘みに変わるおいしいお餅です。
あんこ餅(とち餅)
❀一人前は580円ですが、とてもではないけれど食べきれないので、一つ頂くことにしました。


天もり蕎麦 1,150円 (蕎屋の一番人気!!)
天もり蕎麦 蕎屋の一番人気!!  1,150円


大天もり蕎麦 1,400円
大天もり蕎麦  1,400円

❀撮り直した天ぷらの写真 
野菜天ぷら

❀十割蕎麦
 手打の十割蕎麦。細めの麺とか、太めの麺とか、巷間での尺度に決まったものはないと思います。
 パスタ(ロングパスタを前提)ということにかぎれば、スパゲッティ、スパゲッティ-ニ、フェデリーニ、カッペリーニと、直径の太さにより呼び方が変わってきます。
 うどんやそばは、太目とかやや太目、やや細め、細めというような言いまわしをするくらいのようです。
 「蕎屋」の麺は、やや太目というのが私の感想ですが、細めという人たちも随分といらっしゃるようです。

❀そばつゆ
 つゆも好みによって、言い方が千差万別に当然なってきますね。
 辛み、甘みに始まって、すっきり感、しっかり感など、いろいろなニュアンスで表現されます。
 「蕎屋」のそばつゆは、口としてはあきらかに甘系をベースにしています。

❀歯ごたえと喉越し感
 あきらかに二八とは異なります。が。
 あちこちの十割蕎麦との比較では、噛みごたえはほどほど。それに合わせ喉越しもほどほど。という感じで、穏やかな印象を持ちました。これぞ十割というのを前面に出すのではなく、表現をちょっと抑えつつといった趣きで、食べやすくしています。
 リピーターも自然に増えていくことに繋がっていくのだろうな。と、思いました。


蕎麦の香り
 インフルエンザ(三種混合)予防接種を受けたのにもかかわらず、B型にかかり高熱が出ました。
 内科での薬でインフルエンザは治ったのですが、耳が遠くなり耳鼻咽喉科にしばらく通いました。
 結果、左耳の聴力がかなり落ち(テレビの音量の数字でいうと、15を20にして同じくらいの聞き取りが出来る)ました。
 耳、鼻、舌など、一連の器官の関連性があるのかしらんと思ったのは、今回の旅での食事では、嗅覚をはじめとした五感がイマイチだった気がしたからです。
 新蕎麦の季節になる頃には、嗅覚ももどっていることでしょう。


三立

手打蕎麦


 挽きたて、打ちたて、茹でたて
 蕎麦を挽く。蕎麦を打つ。蕎麦を茹でる。これを称して三立といいます。

 手打ちの蕎麦が食べたいと思い始めたのは、三十才を過ぎたあたりから。
 身を固める頃を前後してからそういう気持ちが芽生え始めました。

 東京(江戸・武蔵)の蕎麦。
 埼玉(武州・武蔵)の蕎麦。
 群馬(上野・上州)の蕎麦。
 栃木(下野・野州)の蕎麦。
 山梨(甲州・甲斐)の蕎麦。
 長野(信州・信濃)の蕎麦。
 
 この辺りまでは、近隣ということもあり、折に触れ出歩いたということもあり、そこそこ手打ちの蕎麦との出会いがありました。

 その後、山形の蕎麦との巡りあわせが6回前後あり、昨年にして北海道での蕎麦を味わうことが出来ました。
 そして、今年、遅ればせながらの感が否めませんが、ようやくにして福島の手打蕎麦を初めて食する機会を得ることが出来ました。

 福島といってもいささか広うございます。
 聞くところによりますと、どこが美味いといってもやはり「会津の蕎麦」。とのこと。
 その会津地方でも知る人ぞ知る、下郷町の蕎麦処に足が向くとか。
 はてまた数ある下郷の蕎麦屋の中でも「蕎屋」の暖簾をくぐれば、大満足の境地に浸る。地元のお奨め、お墨付き。とのこと。


蕎屋 

 三立十割蕎麦は勿論のこと、メニューに揃う、お米、野菜類は全て自家製。
 囲炉裏を囲みながら、農業一筋四十何年、ご主人の室井唯男さんから懇にお話を伺いました。
 男子厨房に入るべからずということかどうかつい聞き漏らしましたが、「蕎屋」の調理場で腕を振るうのは、奥様の京子さんはじめとした女性陣です。
 

「蕎屋」全景

蕎屋 囲炉裏天井

京子さんのこだわり 三品添えて

 農家れすとらん 蕎屋」次回に続きます。


筆文字工房 岪庵 ③

墨醉会

 東京時代の書仲間が、「墨醉会」を結成して今年が40周年となります。
 書展開催としてはこの8月で第38回を数えます。
 事務局のIさんから、5月14日、「墨醉会書展のダイレクトメールについて…」のeメールを頂戴しました。

 いつもと比べてゆとりのある日程で連絡を受けたことが、あれこれ思いを巡らす好機となりました。

 どうしているかな、あいたいな、どうしたらあえるかな…

 今回もそうでしたね。
 思い立った時が吉日。
 2013年6月1日、アポなしで、「筆文字工房 岪庵(へつりあん)」を、初めて表敬訪問することにしました。


お気軽に お入りください。 心



 ❀ ブログ左画面中ほどの「カテゴリ」、上から5行目。「福島 2013」が、今回のぶらり一人旅シリーズとなっています。 


筆文字工房 岪庵

 筆文字工房 岪庵

筆文字工房 岪庵 ⑥

筆文字工房 岪庵 ②

筆の運び

 NHK教育テレビで、今から27年前から30年ほど前にかけて、今井凌雪の「書道に親しむ」という講座がありました。
 筆の運びをテレビの画面が写し出しています。
 本来は筆先というのでしょうけれど、筆の穂先の動きにしばしみとれていたことを想い出しました。



楷書、行書、草書、隷書、篆書

 書体によって、筆の動きの機微がこのように変容していくのかという驚きは、まじかにみることによって、一層その感を強くします。
 この日は、「落款」装風を前提として、四文字を筆で表現して頂きました。


❀画面中央の「▶」しるしをクリックしてください。
☛ご留意ください!!!「高画質で再生」「高画質を視聴」をクリックしますと、「視聴料金」が生じるステップに導かれていきます。


[広告] VPS
プロフィール

むさしの想坊

Author:むさしの想坊
 これから何が飛び出してくるのでしょうか。ひきだしの奥にしまっていたものと合わせ、足跡を綴っていきたいと思います。
 昨日は金環日食をみることが出来ました。
・東京スカイツリー開業日の2012年5月22日記。

最新記事
リンク
カテゴリ
おりふし
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
アルバム
最新トラックバック
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: