山梨県地域PR誌「山梨てくてく」VOL.02 表紙の酒器は陶房窯八作

2016/ 02/ 22
                 
  父のサラリーマン時代、後年になってからというもの、転勤のつど単身赴任が多かったように思えます。
  山梨支店のときもそうでした。
  栃木のときも単身赴任でしたが、従兄たちは泊まり込みで叔父(私から見れば父)のところに遊びに行ったのですが、父の任地には、私は一度も顔を出さずじまいでした。

 山梨から週末に帰ってくるときの父のお土産は、桃や葡萄など果物が多かったように記憶しています。

 東京時代、仲間たち( 〈NUPAS・山歩きの会〉や〈書研・部活のレク〉 )と山梨の野山を歩いたことがありますが、その時は既に父は別のところでの勤務となっていました。



 『山梨てくてく』がこの2月で第2号の発行となりました。
 『陶房窯八』の酒器が表紙を飾っています。
  陶芸家大橋氏の奥様の御祖父は、父の会社の同僚でした。(東京の大学で同じ学科を専攻をした同期でもあります。)
  山梨の地に、何度か訪れる機会を得たというのも、何かしらの巡りあわせなのかなと思ってもみたりしています。


①陶房窯八 表紙を飾る

《山梨県の県内各地に根付く、特色ある地域資源を掘り下げて紹介し、山梨の魅力を県外に発信する地域PR誌『山梨てくてく』(季刊)を創刊しました。
 『山梨てくてく』では
毎回、テーマを決めて、てくてくと歩く速さでじっくり山梨のことを紹介していきます。
山梨てくてくてくてく巡るやまなし
山梨といえば、富士山をはじめとした山々、
桃やぶどう、ワイン、ジュエリー、
甲州街道や武田信玄、
ほうとう・・・はもちろん、ほかにも
こんな山梨あったんだ、といえる発見や感動を見つけていただけると思います。》


《山梨てくてくVOL.02(平成28年2月1日発行)
特集:山梨の名水が育む日本酒を訪ねて。

酒造りに真摯に向き合う「技と心」。  ~山梨銘醸株式会社 常務取締役 醸造責任者 北原亮庫さん~
 《…「七賢」で使う水は、甲斐駒ケ岳に降った雪や雨が長い年月をかけ、ろ過された伏流水。ひと口飲んでみるとソフトな甘みが口の中に広がる軟水です。それが喉を通っていくと、すっと消えていく。透明度、潤いのある水です。この「白州の水」を芯に水の味を生かしていく、そう覚悟を決め酒造りに取り組んでいます。…北杜市白州町台ケ原2283. tel 0551-35-2236.営業時間9:30~16:30〈17:00〉》 

水の産地やまなし  ~山梨県富士山科学研究所 主管研究員 内山高さん~
 《…「甲斐駒ケ岳は、火山ではなく、花こう岩、いわゆる御影石です。日本で一般的においしい水が生まれるといわれているのは、一つが火山で、もう一つが花こう岩質の地層。花こう岩は、ナトリウムやカリウムをはじめいろいろな元素を含んでいます。また、風化しやすく水が深くまで浸透していき、長い時間をかけて湧出するので、豊富なミネラルが程よく混ざった透明感のある水になります。また、花こう岩は自然景観もいいですよね…富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1.tel 0555-72-6211.開館時間9:00~17:00 》

陶房窯八④
 陶房窯八の横を流れる清流


山紫水明の地を日本酒で感じる ~有限会社久保酒店 専務取締役 久保秀博さん

 《…現在、山梨では15の蔵元がそれぞれの地域で水の特徴を生かした魅力ある酒造りをしています。私の印象ですが、八ヶ岳の水からは辛口のお酒、南アルプスの水からは丸みがあり、バランスの良い味のお酒、そして富士北麗の水からは、二つの中間的なイメージの、辛味があっても後味がすっきりしたお酒が出来ているように思います。…北杜市小淵沢町7661.tel 0551-36-2034.営業時間9:00~19:00》

【てくてく”食”】月明かりのように優しく心に残るお酒と食材が織りなす山梨の味。 ~十四番目の月 店長 依田順子さん~
 《…8年前、「十四番目の月」をオープンしました。山梨のおいしいお酒や食材がある、つくりての顔が分かる確かなものの味を楽しめる場所にしたいと思い、オール山梨にこだわってこのお店を始めたのです… 甲府市丸の内2-2-6.tel050-5796-9734 .営業時間17:30~24:00》

陶房窯八③
 陶房窯八の器の数々

【てくてく”住”】人と自然とつながる暮らし。せせらぎの音と窯がある風景。 ~陶房窯八 陶芸家 大橋睦さん~
 《・・・私は普段づかいの暮らしになじむ器を作っていきたいと思います。ですから、食卓で使いやすい大きさと形を一番よく知っている妻からのアドバイスを大切にしています。あと、日本酒が好きなので酒器やさかなを入れる器も作ります。お客様は東京方面の方が多いのですが、最近は地元の方も関心を持ってくれます。…♪「2016年 七賢蔵開きクラフト展」~七賢の蔵開きと合わせて開催される八ヶ岳で活動するクラフト作家のグループ展~。窯八も酒器を中心に新作を発表 ・会期:3月5日~3月13日 ・会場:山梨銘醸》

陶房窯八②
 てくてく巡る やまなし 

【てくてく甲斐の国】小淵沢駅/甲斐小泉駅 》 ~街道の駅からの小さな旅  八ヶ岳南麓は山が育む、湧水の宝庫。いつもの高原観光では通り過ぎていた、森の奥、高原の脇・・・と、そこでは水の流れる音が当たり前のように聞こえてくる。
 一つ一つ湧水にはどんな歴史があるのだろう。
 ・大滝湧水 大滝神社
 ・三分一湧水
 ・八反歩堰遊歩道
 ・そば処 三分一
 ・信玄棒道
 ・旧平田家住宅
 ・女取湧水
 ・勘左衛門湧水
 ・井詰湧水 モミの木湧水 



                 
        

ワイン碗=ワインカップ 陶房窯八 The Wonder 500™

2015/ 08/ 30
                 
 経済産業省が主導する「The Wander 500™」。
 平成27年8月27日付で、日本全国から選りすぐった500の商材を発表しました。

 《日本各地には、海外の方に購入・体験してもらえる可能性を持つ「ふるさと名物(ものづくり、食、観光等)が数多くあるものの、海外における販路開拓や情報発信・PRを成功させるには、様々なハードルがあります。
 「The Wonder 500™」では、海外での販路開拓や PR の知見を持つプロの“目利き”(プロデューサー)の方々による地方産品の発掘・選定を行い、将来的な海外展開に向けた情報発信等を支援することで、地域や中小事業者等の活性化を図ります。》
と「事業概要」にあります。


 プロの“目利き”(プロデューサー)は、次の諸氏です。

  イェンス・イェンセン
  生駒芳子
  石村由起子
  犬飼裕美子
  大熊健郎
  大西洋

  緒方慎一郎
  川上典季子
  桐山富士樹
  楠本修二郎
  齋藤章雄
  坂西理絵

  佐藤真一
  佐藤美加
  芝田健吾
  祥見知生
  高澤義明
  立川裕太

  鶴本晶子
  戸村亜紀
  中原慎一郎
  服部滋樹
  幅允孝
  日野明子

  丸若裕俊

  水代優
  矢島里佳
  山下順三
  山田遊
  横川正紀
  
 

 ~日本が誇るべき優れた地方産品を選定し、世界に広く伝えていくプロジェクト~
とサブタイトルにあります。
 『カテゴリ別』には、「観光:10」、「キッチン雑貨:129」、「生活雑貨:68」、「文具:37」、「インテリア:33」、「ファッション:75」、「食:115」、「飲料:33」となっていますが、「キッチン雑貨:129」のうち関東甲信越では41品目が選ばれています。
 その地域別の詳細をみると、茨城:1、栃木:1、群馬:0、埼玉:0、東京:15、千葉:0、神奈川:2、新潟:9、長野2、そして山梨:1となっていました。

 「選定商材500」のうち、「関東甲信越エリア」は150が選ばれています。
 8つに分けられたカテゴリで、山梨県からは5品目が選定されましたが、そのうちの「キッチン雑貨」では、『陶房窯八』の『ワイン碗』が山梨で唯一選ばれました。


 「ウチ、うつわ屋です」のブログにお披露目している、
『ワイン碗』の概要を、本事業の運営事務局ホームページ(http://www.thewonder500.com)
より、ご案内させていただきます。

《080
ワイン碗
キッチン雑貨
酒器(片口・徳利・ぐい飲み)
「ワイン碗」は、日本を代表するワインの産地として知られる山梨県が生んだ、ワイン用の和の器です。山梨県では明治時代以来、ワインを湯呑みで飲む文化が根付いており、当窯場ではワインの楽しみ方を広げてくれる陶器の開発に尽力してきました。こうして誕生したのが、薪の窯で焼いた「ワイン碗」です。釉薬を一切使わず、土という素材だけで作る「焼き締め」の製法は、1000年以上の歴史を有する日本の伝統的な焼き方です。土の特長がそのまま現れるため、表面に凹凸があり、内側には指跡も残っています。そのため、空気と触れる量が多く、ワインの魅力を早く引き出せるのです。器を手のひらにおさめて飲む日本の文化に触れながらワインを楽しめます。 》

ワイン碗①


 ワイン碗② ワイン碗③


陶房窯八
408-0307
山梨県北杜市武川町柳沢3263-1
こちらからもどうぞ➮ 陶房窯八ホームページ


《窯八のこと:
「陶房 窯八」は南アルプスの麓にあります。
豊かな季節感あふれるこの土地で、
地元の赤松をふんだんにつかい、
穴窯とよばれる薪窯で丸4日かけて器を焼き上げます。

粘土はできるだけ原土に近いものを取り寄せ、
自分でブレンドした後、しばらく寝かせた
オリジナルのものを使っています。

薪による高温の窯でぎゅーっと焼き締まることから
「焼き締め」とよばれるウチの器は、釉薬(ゆうやく)を一切使っていません。
土味(つちあじ)そのまま、だから使うほどに手に馴染み、
暮らしに馴染んでいくのが特徴です。

窯場に隣接する工房内では
小さなギャラリースペース HACHI-YAにて
常設展示を行っています。
お気に入りを見つけに、是非おでかけください。


大橋 睦

1971年 生まれ
  94年 在学中より陶芸を始める
  95年 中央大学法学部卒
  96年 増穂登り窯勤務
2003年 山梨県武川町に穴窯築窯、工房を構え
     主に焼き締めを手がけ現在に至る


    妻(HP,ブログ担当) ふたりの息子とハーフセルフビルドで作った家に暮らす。
    趣味は日本酒。 
    器のフォルムを大切に日々の制作、それと薪作りに励んでいます。》



                 
        

甲斐路 -北杜市遊誘-

2014/ 07/ 20
                 
 八ヶ岳連峰と、甲斐駒ケ岳の懐に抱かれている、山梨県北杜(ほくと)市。
 2004年(平成16年)、11月1日、明野村、須玉町、高根町、長坂町、大泉村、白州町、そして武川村の七町村が合併して、北杜市となりました。
 2005年(平成17年)3月には、小淵沢町も加わり、新生北杜市となっています。

武川周辺(北杜市公式ページ)

白州周辺(北杜市公式ページ)

 見どころがいっぱいある北杜市。
 数え上げたらきりがありませんが、合併前のかなり以前に、高橋邦弘さんの名前に魅かれて、長坂の「翁」に、蕎麦を食べに行きました。
 長坂「翁」の公式ページです。

ようこそ
「翁」創業者の高橋邦弘が自家製粉に取り組んだ最初の店の「長坂翁」です。 高橋邦弘の教えを守り、選び抜いた素材を繊細かつ大胆に打つ蕎麦を是非お召し上がりください。
翁のお蕎麦
翁のお蕎麦は、もりそば「ざる」と「田舎」の二種類です。そば殻をきれいに剥いてから粉にした「うぐいすいろ」の「ざるそば」、少し太めのしっかりとした食べ応えのある「田舎そば」。あなたならどちらを選びますか?
静かな場所にあります
お店は静かな林の中にあります。庭にはベンチがあり木陰で鳥のさえずりに心をいやされます。またここからは南に冨士山、西に甲斐駒ヶ岳が望めます。

長坂翁③(長坂翁公式ページ)

山梨・長坂「翁」
代表 大橋 誠
山梨県北杜市長坂町中丸2205
TEL 0551-32-5405
営業時間  午前11:00~午後3:00 
予約は受け付けておりません
蕎麦がなくなり次第終わることが御座います
月曜定休日、火曜日は休みが不定です。詳しくは電話にてお問い合わせ下さい


 
 ウイスキー博物館。
 かなり以前、サントリーのテレビコマーシャルが、世を席巻していた当時は、勿論未成年でした。

北杜市⑧ (20140720)

 「サントリー」の公式ページに、白洲にあるウイスキー博物館が載っています。
 
 工場見学へ行こう  白州蒸溜所  サントリーウイスキー博物館

※電話番号(0551-35-2211)はおかけ間違いのないようお願いいたします。
電話受付時間 9:30~16:30(休業日をのぞく)
2014年1月より、受付時間が9:30~16:30となりました。
休業日 年末年始・工場休業日(臨時休業あり)
住所 〒408-0316
山梨県北杜市白州町鳥原2913-1


 サントリーウイスキー博物館の近くに、「道の駅はくしゅう」があります。
甲斐路 26(20140720)

 ページをクリップしました。
店名 道の駅はくしゅう
ジャンル カフェ・喫茶(その他)、うどん
TEL・予約 0551-20-4711
住所 山梨県北杜市白州町白須1308

交通手段 中央自動車道 小淵沢ICから主要地方道11号を経由して国道20号「下蔦木」信号に出たら、白州町方面へと約7.5km程走ると右手に道の駅「はくしゅう」が見えてくる。
長坂駅から3,768m
営業時間 9:00~18:00(売店・観光案内)

11:00~19:00(レストラン)
ランチ営業、日曜営業
定休日 水曜日,年末年始



 「白州」の隣の地区が「武川」です。
 名所の一つ真原桜並木の通りからほど近い所に、実相寺(北杜市武川町山高2763)があります。
 このお寺の境内に、日本三大桜にして、日本初の天然記念物として指定を受けた、「山高神大桜(やまたかじんだいざくら)」があります。
 公式ページをみてみましょう。
 エドヒガンザクラで、推定樹齢は1,800年とも2,000年とも言われ、その想像を絶する悠久の時を超えて咲き続けるさまは、神々しく、見る人は思わず手を合わせるとも言われ、全国の桜を愛でる人たちの崇敬を集めてきました。
樹高10.3m、根元・幹周り11.8mもあり、
日本で最古・最大級の巨木として、大正時代に国指定天然記念物第1号となりました。また、平成2年には「新日本名木百選」にも選定されています。

山高神代桜①(20140720)

 伝説では、神話の武将日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の折に植えたと言われ、名前の由来になっています。また13世紀頃、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」とも言われています。
 桜と同じ頃におよそ8万本のラッパ水仙も咲き、足元の黄色と頭上の薄紅色のコントラストがとてもきれいです。
神代桜年表
1世紀ごろ(?) ヤマトタケルノミコトが東征の帰り道、当地に立ち寄った際、自ら手植えた。
13世紀ごろ 日蓮上人が衰弱した樹の回復を祈願したところ、不思議にも樹勢を取り戻したという。
1922年 国の天然記念物第1号に認定される。



 きょうは、実相寺からおよそ4kmほどのところにある、「陶房窯八」に、お邪魔しました。
陶房窯八へ行く上り口 (20140720)

路の角にある陶房窯八の案内板 (20140720)

 (実相寺方面から車で向かい)上下二車線の舗装道路を左折して、細くなった一本道を上って行きます。「この先行き止まり」という標識が目に飛び込んできますが、かまわず上ってゆきます。

陶房窯八手造り新居 (20140720)
どこまで行けば辿り着くのかなと思いながら運転したいた矢先、左手のちょっと奥の方に、二階家(この度、新居となった手造り建屋)と、作品を陳列している以前から構えている「陶房窯八ギャラリー・・・?!」が見えました。窯八の立て看板や幟などは見当たりませんが、ここです。家の前に、駐車出来るスペースがあるので判ります。
 
  大橋 睦  HACHI-Kama 展   Vol.6
2014.7.20(sun)-7.25(fri)  10:00 ‐ 16:00
 山梨県北杜市武川町柳沢3263-1
 TEL:0551-26-4080

 ‘14 窯出し後の展示会です。
 焼き締めのカップやポット、夏野菜にぴったりな浅鉢、粉引きのお茶わんなど、毎日の器がたくさん焼けています。
 ぜひ、おでかけください。



陶房窯八の窯⑩ (20140720)

 <陶房窯八ホームページ  http://www001.upp.so-net.ne.jp/kamahachi/
ブログ「ウチ、うつわ屋です」  http://hachiya88.blog43.fc2.com/



 その帰り道、「むかわの湯」の、幟を見つけました。
 天然温泉です。
〒408-0302
山梨県北杜市武川町牧原1322
TEL:0551-20-3113
FAX:0551-20-3115

むかわの湯② (20140720)

甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳連峰に囲まれた、風光明媚で湯量豊かな天然温泉、「ミネラル豊富な温泉」と「冷鉱泉」の2つの源泉を持つ県内でも希少な温泉です。 温泉は活気を、南アルプスの山々から生まれた冷鉱泉の湯を組み合わせて入浴することで、リラックス効果があります。
有名な神代桜のすぐ近くにあり、「療養泉」としても名高い温泉です。
光そそぐ明るい浴室、やねつきの広々とした露天風呂など、10種類のお風呂をこころゆくまでお楽しみください。

南アルプス釜無温泉「むかわの湯」は、4つのプレートがひしめき合う、現在世界の中でもっともユニークな「フォッサ・マグナ(大地裂帯)」に誕生したミネラル成分が7009mgと極めて高い温泉です。

泉質: ナトリウム-塩化物塩泉
浴用の適応性: 1.一般適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
2.泉質別適応症
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
3.種類
全身浴、圧注浴、気泡湯、寝湯、打たせ湯、露天風呂、水風呂、ドライサウナ、スチームサウナ、檜風呂、かぶり湯
温度: 43.3℃
湯量: 106.4リットル / 毎分

 と、公式ページに掲載されています。
 帰り道、ちょっと立ち寄りたくなる、旅ごころくすぐる日帰り温泉です。
 きょうは、三連休の中日ということもあって、駐車場が満杯でしたので、温泉につかるのを諦めました。



                 
        

花入れ

2013/ 07/ 22
                 
今週の放送は山梨県

 NHK BSプレミアム 「にっぽん縦断こころ旅」は、俳優、火野正平さんが、相棒の自転車"チャリオ"とともに、あなたの「こころ」にある忘れられない風景をたずねます。
 これまで2年間で、36道府県3600kmを走り、192のこころの風景を訪ねました。

 今週の放送は山梨県です。

 月、火、水、木、金は毎日3回放送
 ・朝版:午前7時45分から8時まで。
 ・再版:午前11時30分から15分
 ・再々版:午後7時15分から15分

 週末版は、土、日にタップリ59分!
 〈4日間の旅を2日ずつ59分で放送します。〉
 ・土曜日週末版:午前11時から59分
 ・日曜日週末版:午前11時30分から59分



花いれ
 陶房窯八 花入れ②

 窯八に変化をもたらした(であろう)、夏の小淵沢。
 緑がとても美しく、器に挿すと空間に動きが出来て、清々しく爽やかな風を感じるようです。と。
 HACHI-YAブログ作者は述べています。
 花入れの展示が気持ち良い感じです。とも語りかけています。

陶房窯八 花入れ⑤

陶房窯八 花入れ④

陶房窯八 花入れ③

陶房窯八 花入れ⑥

陶房窯八 花入れ⑨

陶房窯八 花入れ⑦

陶房窯八 花入れ⑧



                 
        

夏の風 薫る器

2013/ 07/ 19
                 
HACHI-kama展 vol.5 夏の風 薫る器

 「陶房 窯八」 大橋睦さんの作品展が、「ギャルリー アビアント」で、7月22日(月)まで開かれています。〔山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1449.☎0551-36-4678〕


陶房窯八作①

陶房窯八作②

陶房窯八⑦

陶房窯八作③

陶房窯八作④

陶房窯八⑥

陶房窯八作⑤

陶房窯八⑧