鴻巣市の公共交通に関する調査結果と、今後の方向性について

2017/ 10/ 15
                 
 川里生涯学習センターのカウンターに、アンケート用紙が置いてあったのは、いつだったでしょうか。
 「鴻巣市の公共交通に関する調査結果と、今後の方向性について」と題する資料が、鴻巣市のホームページのトップ画面にクリップされていました。
 pdfデーターとなっていましたので、開いてみました。

 「第2回地域交通会議資料ー1」と記されています。
 先ずは、順を追ってみることにしましょう。

 《「鴻巣市の現状・人口動態」
 鴻巣市の総人口2010年(平成22年)の約12万人をピークに、将来減少すると推計されており、特に生産年齢人口(15~64歳)の現象が著しい。
 また、老年人口(65歳以上)は、2020年(平成32年)まで増加し、「3人に1人が高齢者」になると推計されている。》

 資料の内容は、市民の足の便をどう確保していくのか・・・というテーゼとなっています。

 鴻巣市内を回るコミュニティバス「フラワー号」は、
 ・川里循環コース(左回り)
 ・川里循環コース(右回り)
 ・田間宮コース
 ・馬室コース
 ・常光コース
 ・笠原コース
 ・吹上北コース
 ・吹上南コース
 の7路線(8コース)が運行されています。

 ・年間約52万人が利用
 ・平成21年以降は、利用者が増加傾向にある
 ・駅へのアクセス手段として重要な役割を果たしている
 ・市内を網羅的に運行し、バス停留所も目的地に合っている
 ・路線バスも含め、バスの充実を望む声が多い
 ・女性の利用者が6割を占める
 ・利用者の約半数が60歳以上
 ・40歳代・50歳代は、29%の利用率
 ・鴻巣市民以外の人の利用が、約2割ある

 というような調査結果をあきらかにしています。


 「市民の足の確保」の充実に向けて、様々な観点を浮き彫りにしています。  
 「乗り合いデマンドタクシー・バス」の運行も視野に入れた
会議資料となっていました。

 因みに、鴻巣市に隣接している、行田市、北本市では、乗り合いデマンドタクシー・バス運行を既に実施しています。
 
 
                 
        

鴻巣「おおとりまつり」 10月15日(日)のイベント

2017/ 10/ 13
                 
 中山道を、国内最長級約3kmにわたって歩行者天国として、「おおとりまつり」を開催します。
 昨年の10月16日(日)に撮った写真を掲載しましたので、記事(鴻巣市公式サイト)と合わせ、ご覧ください。

太郎次郎一門 さるまわし 2016年
 (太郎次郎一門)


 10月15日(日)、「鴻巣」の名称の由来とも言われている「こうのとり伝説」をテーマとしたパレードが行われます。
 また、屋台おはやし共演や街頭パフォーマンスなども楽しめます。

ひなちゃんダンス 2016年
 (ひなちゃんダンス)

 皆さん、ぜひお越しください。
 
「主なイベント内容(10月15日(日曜日))」

◇こうのとり伝説パレード

「鴻巣」の名称の由来とも言われている「こうのとり伝説」をテーマにしたパレードです。
「こうのとり伝説」を再現した演舞が、まつりのオープニングを飾ります。

こうのとり伝説 2016年
 (「こうのとり伝説」のスタート:鴻神社)


・時間  正午から13時30分
・場所  歩行者天国内(鴻神社から実施本部前)

2016年大団円
 (実施本部前)


◇ひな市
「ひな市実行委員会」が主催となり、フリーマーケット、サンマまつり他を開催します。
・時間  12時30分から18時
・場所  歩行者天国内(人形町)

2016年さんままつり 2500尾提供
 (2,500尾のサンマが提供されました。)



◇まとい振りとはしごのり
 鴻巣地区鳶職組合による「まとい振り」と「はしごのり」の実演です。
・時間  13時30分から15時45分
・場所  歩行者天国内
   (鴻神社前から武蔵野銀行前までの下記5か所で実施)
   ・鴻神社前・実施本部前・パーキング・こうのす前
   ・埼玉縣信用金庫 鴻巣支店前・武蔵野銀行 鴻巣支店前

はしごのり まとい振り
 (はしごのり)



◇街頭パフォーマンス
 ダンス、バトン、市内小・中学校の児童・生徒による、よさこいソーラン等がお祭りを盛り上げます。
・時間  14時から15時30分
・場所  歩行者天国内

たんぽぽキッズ 2016年
 (ダンス)


◇屋台おはやし共演(合同演奏)
  歩行者天国内にて、参加町内会(本一町、宮本町、富永町、元市町、人形町)の屋台の曳き廻しと、おはやしの共演を行います。
・合同演奏の時間と場所
17時から17時30分=本一町地区
18時15分から18時45分=仲町地区

2016年 元市町の屋台
 (元市町の屋台)


「日程」
2017年10月13日~2017年10月15日
【歩行者天国日時】10月15日(日曜日)正午から午後8時

まつり期間中は、「フラワープレゼントセール」が行われます。
・フラワープレゼントセール
 13日(金曜日)から15日(日曜日)の期間中、各参加店で2千円以上のお買い物をされた方へ先着順で花の小鉢1鉢をプレゼント

※場所
中山道(人形から加美まで)

※駐車場
1.鴻巣市営駐車場「パーキング・こうのす」(無料開放20時まで)
2.鴻巣公園(勝願寺境内を除く)
3.市役所第二庁舎駐車場
4.鴻巣自動車教習所(無料開放18時まで)
5.鴻巣駅東口第1・第2駐車場(有料)

※交通手段
~車でお越しの場合
• 国道17号「鴻巣警察署前」交差点を鴻巣駅方面へ。
車は、鴻巣市営駐車場パーキング・こうのす、鴻巣駅東口第1・第2駐車場(有料)または鴻巣自動車教習所等に駐車してください。
~電車でお越しの場合
• JR高崎線「鴻巣駅」東口より、会場まで徒歩約5分。


                 
        

観光鴻巣「コスモスフェスティバル」 2017年10月21日・22日

2017/ 10/ 08
                 
 近くには、日本一長い水管橋、遠くには秩父連山や富士山を一望できる荒川河川敷に、1,200万本を超えるコスモスが咲き誇ります。さわやかな秋の一日を、のんびりと楽しみましょう。
 (「第19回コスモスフェスティバル」 かがやき9月号)

コスモス畑1



「第19回コスモスフェスティバル」

 約1,200万本、栽培面積約78,000㎡(幅約900メートル、奥行き約100メートルから約200メートル)のコスモスの開花に合わせて開催され、
 ・ステージイベント
 ・模擬店
 ・地元農産物の直売
 ・フリーマーケット
 ・体力測定会
 ・コスモスの摘取りなどを楽しむことができます。

紅いコスモス ピンクのコスモス.




 また、イベント開催日には、コスモス畑近くの荒川に架かる「荒川水管橋」の見学会(10時~15時30分.鴻巣市側)も行われ、日本一の長さ(約1,100メートル)の水管橋の上から一面のコスモスを望むことができます。
 (※主催:埼玉県水道企画課)

コスモス畑3



 ◇駐車場 約500台(無料)
  ・イベント開催時、周辺道路は大変混み合います。

 ◇日程 平成29年10月21日(土)・22日(日) 9時~16時
  ・雨天決行

 ◇場所 コスモスアリーナふきあげ周辺
  (埼玉県鴻巣市明用636-1. tel 048-548-3112)
  ・JR高崎線吹上駅南口と会場間のシャトルバスを運行。

コスモス畑4



                 
        

こうのす花火大会は、明日に順延 防災無線でアナウンス

2017/ 10/ 07
                 
 先ほど、午前9時40分をちょっと過ぎた頃、「こちらは防災鴻巣です。」の無線放送。

 花火大会の会場コンディション不良のため、明日、10月8日に、こうのす花火大会が順延されます。という、「こうのす花火大会実行委員会」からのお知らせでした。

 昨年の第15回大会は、自転車を使って花火大会を見物しました。
 それ以前は、コミュニティバスのフラワー号に乗って行ったり(会場周辺のルートバスは、午後一寸経つと運行されなくなるので、その最終便に乗りました。見物後は歩いて帰りました。)、往復歩いて行ったりしていました。

 今年の四尺玉打ち上げ(〈※〉)時間帯の花火は、どんな演出をするのか否応にも関心が高まります。

 
 花火大会は夏の風物詩、と一昔前は思っていましたが、このところあちこちで、秋の花火大会も多くなっているように感じます。

 ここ、「こうのす花火大会」は、2011年までは、夏開催となっていました。
が、同年3月11日発生した東日本大震災により、その年は開催月を10月に変更しました。
 その年以降、秋に花火大会を開催(2012年は9月、その後は毎年10月)するようになっています。


 〈※〉註1:正四尺玉は、2013年から打ち上げされていますので、今年は5回目の四尺玉打ち上げとなります。
 〈※〉註2:2014年のギネス世界記録の認定にあたって、「正四尺玉の実際の直径105.5センチメートルは参考値とし、重さ464.826キログラムを「最大」としています。」
 〈※〉註3:2013年の鳳凰(おおとり)乱舞で、「1分あたりの尺玉以上の花火打上げ、日本一」に輝いています。



                 
        

秋のひまわり畑 「花のオアシス」

2017/ 09/ 27
                 
 見頃は、9月下旬~10月中旬とのことですが、10月早々あたりが一番見栄えが良くなるように感じました。
 場所は、「花のオアシス」(鴻巣市寺谷736)です。

  ひまわり 20170926 -1-

 
 摘み取り(無料)〈指定場所〉ができるのが、10月2日(月)~20日(金)。
 1人10本までで、ハサミなど必要なものは、各自用意してください。とのことでした。

 ひまわりはキッズスマイルという品種(丈1~1.5m)で、約8,800㎡に約47,000本が咲き競います。