お墓参り

 国道17号線上武道路最後の工事区間、前橋市上細井町から国道17号線前橋市田口町南交差点までの3.5kmが完成し、3月19日上武道路が全面開通(40.5km)しました。

その起点から数キロメートル先、国道17号線からそれた高台にある、古屋の離れの東屋で私は生まれました。当時は村でしたが、平成大合併の今、渋川市になっています。

 上武道路を含めた、総延長70.0kmの熊谷渋川連絡道路の埼玉県側の起点は、鴻巣市箕田交差点です。
 ということもあり、今日のお墓参りに合わせ、全ルートを走行してみようかなとも思いながら、家を出ました。

 前橋市に入り、国道50号線とクロスした先から突然道路渋滞となりました。ナビの案内では道路工事のために上下線が一車線走行となっているための渋滞というアナウンスです。
 この渋滞がどれだけ長く続くのか見当がつかないということもあり、全ルート完走という思いを諦めることにしました。


 一端、上武道路を降りてスーパーマーケットで生花を買い求め、その後は上武道路を使わずに墓地に直行しました。

 やはり、春分の日のお昼前です。多くの人たちがお墓参りしていました。

 
 私にはふるさとといえる場所が、あちこちにあります。
 その一つの家に立ち寄りました。
 父が丹精込めて造作された庭は今もきちんと整っています。
 カタクリの花が咲いていました。

カタクリの花 2017年3月20日
 (カタクリの花)




きょうは、生誕の地には行きませんでした。

箱田の家 2017年3月20日
 (今、東屋に入る門扉は閉ざされています。
 茅葺だった母屋は、屋根を葺く職人もいなくなった昨今、写真のような姿となっています。
 正門は西口にあり、その門の左右には馬小屋と牛小屋がありました。塀に沿って味噌蔵や納屋などの建物ものこっています。)
 母屋をつないでいる渡り廊下が池を挟んで左右にある蔵を結んでいます。その四つの蔵の先にある東屋で私は生まれました。
  






スポンサーサイト

 節分 恵方巻き 立春

 豆撒きの歌の一つです。


  福は内 鬼は外
  鬼の目玉 ぶっつぶせ

  鬼は外 福は内
  鬼は外 福は内
  天打ち 地打ち 四方打ち

  この煎豆に芽の出るまで来んなよ

  人を使うても物もくれん
  隣のかかの面(つら)を見い




 2月3日は節分です。節分といえば、毎年決まった方角を向いて恵方巻きを食べる風習があります。 
 恵方というのは、 その年の幸せをつかさどる歳徳神がいるとされており、 縁起が良い方角です。
 今年の恵方は、「北北西やや右」です。
  恵方の方向は毎年変わるといっても、次の4つの方角の何れかになります。
  •東北東やや右(ほぼ東だけどわずかに北寄り)
  •西南西やや右(ほぼ西だけどわずかに南寄り)
  •南南東やや右(ほぼ南だけどわずかに東寄り)
  •北北西やや右(ほぼ北だけどわずかに西寄り)

恵方の4つの方角





 節分の翌日、今年は2月4日が立春です。
 
雨上がり光明るく春立つ日   中橋京子

文送る序文に春の立ちし事   水野良子













とと姉ちゃん  ホットケーキ特集



 あの当時、とても頑丈そうでシンプルな冷蔵庫とオーブンが台所の一角を占めていました。
 冷蔵庫といっても「板氷」を台に入れて庫内を冷やすという類のものです。
 ということからすれば、オーブンも今の時代と比べようもないものでした。

 母が、沼田の街中までイースト菌を買い出しに出かけました。
 我が家の子どもたちに、手づくりのパンを食べさせるためです。
 村を通るバス便は、とても少なかった時代のことです。

 夕方、香ばしいパンを焼いた匂いが、家々を包み込んでいきます。
 ここは社宅だけで作られている小さな集落です。
 いつのまにか、近所の子どもたちが我が家の台所の入り口に集まっています。

 我が家の子ども三人のためのパン・・・でしたけれど、母は、ワイワイガヤガヤとおしゃべりして、出来上がりを一所懸命待っている子どもたちの人数を数えていました。
 
 焼きたてのパンの何ともいえない香りは今でも鮮明に覚えているのですが、このときのパンの味は覚えていないのです。

 それからまたしばらくして、母は我が家の子どもたちのために、パンをつくりました。
 今度も社宅の子どもたちが台所前にあっという間に集合しています。
 今度も母は、子どもたちの頭数をきちんと数えました。勿論、家の中にいた三人の子ども達も忘れていません。
 このときのパンの香ばしさと美味しさというものが、想坊の食いしん坊をハッキリと芽生えさせた瞬間でもありました。

 でもそれ以来、母はイースト菌を手に入れるために沼田の街まで出かけるということはありませんでした。
 母のつくったパンの味をかみしめたのは、生涯この一度だけとなりました。



 「とと姉ちゃん」の今週は、小麦料理特集「ホットケーキ」ですね。混ぜて焼くだけで作れる簡単料理・・・





小諸

 懐古園は白鶴城や酔月城とも呼ばれた小諸城の跡で三の門には徳川家達(いえさと)公の筆になる「懐古園」の大額が掛かっています。
  小諸城は、全国的にも珍しい城下町より低い穴城で、浅間山の火山灰で出来ている谷と丘を利用して造られ、水を用いず、崩れやすい断崖が堅固な要塞となっています。
また、文豪島崎藤村の千曲川旅情の歌「小諸なる古城のほとり」でも知られる信州の名園となっています。
 (小諸市「懐古園」:小諸城址懐古園オフィシャルサイト)


  小諸に住んでいました。
  父の転勤で、沼田から移り住みました。
  引っ越しそうそう、「アソバズ!」と玄関先で大きな声がします。
  「アソバズ」とは何ぞやと思いましたが、「遊ぼうよ」ということだよ。と、シュウちゃんたちが教えてくれました。
  小学校にあがる前の年の頃から、小学4年生の夏休みまで過ごしました。
 依田君、馬場君、佐藤君、田中君、小山(ゆう)君、小山(かず)君、大野君、中村君、泉君、山中君、林君、名前がどんどん出てきます。
 一年、二年の学級担任は赤岡栄市先生、三年、四年は上原文三先生でした。
 上原先生から頂いたたよりの中に、今、我が家に泊まりこみで(この時は岩村田かな…)、松木さんや佐藤君、田中君たちがスケートをしにきているよ。と書かれていたことを思い出しました。
 

 千曲川ではメダカもとれました。
 ジンケンという魚をご存知ですか。
 子供が竿をいれてもすぐかかるような小魚です。
 地方ちほうによって呼び名が変わります、このあたりだけの言い方かも知れません。
 ハヤとクキ。名前は違えど同じ魚のことをいったり、または、異なる魚だったりします。
 このあたりの千曲川では、ハヤといっていた魚は、そんなに当たり前には釣ることができませんでした。
 あちこちの小川や沢では、川エビ、シジミ、沢蟹など獲れました。
 大人たちはアユの解禁を心待ちにしていました。
 我が家の食卓に上るアユは、いつも頂き物です。
 父が庭の真ん中で、燻すように焼くアユの塩焼きは、また格別な味がしました。

 21 千曲川を望む懐古園より20151023
 ・懐古園より千曲川を望む 

22 千曲川に至る 懐古園20151023
 ・これより千曲川に至る



◇懐古園

23 20151023

24 20151023

26 20151023

27 和弓



◇島崎藤村詩碑
30懐古園島崎藤村詩碑千曲川旅情のうた


千曲川旅情のうた 29-1
  千曲川旅情のうた

 小諸なる古城のほとり 雲白く 遊子
 悲しむ 緑なす繫縷は萌えず
 若草も籍くによしなし しろがねの
 衾の岡邊 日に溶けて淡雪流る
  あたゝかき光はあれど 野に満つる香も
 知らず 淺くのみ春は霞みて 麥の色

千曲川旅情のうた 29-2
 わづかに靑し 旅人の群はいくつか 畠中の
 道を急ぎぬ 暮れ行けば淺間も見えず
 歌哀し佐久の草笛 千曲川いざよふ
 波の 岸近き宿にのぼりつ 濁り酒
 濁れる飲みて 草枕しばし慰む

       島崎藤村
 信濃路之(の)おもひで尓(に)旧詩之(の)
 一つ越(を)志(し)るす


《※:写真の碑文の詩と添え書きは島崎藤村自筆のもので、その一部が万葉仮名などで書かれています。ここで読みやすいように表記した詩文は、落梅集「小諸なる古城のほとり」を引用しました。
 また、添え書きのみをソノママ書き写しました。読み方については、ブログ作者(むさしの想坊)が書き加えましたことを申し添えさせていただきます。》


2015年10月22日

  昨日、小諸に行きたかったのですが、今日になりました。

⑪高峰聖地公園20151023
 高峰聖地公園

⑫高峰聖地公園20151023
 高峰聖地公園



②懐古園20151023
 懐古園

③20151023懐古園

④20151023懐古園

⑤20151023懐古園

⑥20151023懐古園

⑦20151023懐古園

⑧20151023懐古園

⑨20151023懐古園

⑩20151023懐古園





プロフィール

むさしの想坊

Author:むさしの想坊
 これから何が飛び出してくるのでしょうか。ひきだしの奥にしまっていたものと合わせ、足跡を綴っていきたいと思います。
 昨日は金環日食をみることが出来ました。
・東京スカイツリー開業日の2012年5月22日記。

最新記事
リンク
カテゴリ
おりふし
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
アルバム
最新トラックバック
FC2掲示板
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: