宮沢賢治  種山ヶ原(作品第368番) パート三


 特に詩歌・童話の世界において、宮沢賢治の名を世に高らしめた一番の功労者は、草野心平その人です。心血を注ぐ彼の尽力があったからこそ、こんにちの「宮沢賢治」ワールドがあるといっても過言ではありません。
  大正14年(1925年)7月、『春と修羅』を読んで「瞠目し感動し」た草野心平から賢治のもとに書簡が届いたことから二人の交友が始まり、同年8月には、草野編集の文芸誌『銅鑼』に詩が発表されています。

 ここ埼玉県における宮沢賢治の足跡をたずねると、大正5年(1916年)9月、賢治は盛岡高等農林学校農学科の2年生の時の学校の地質旅行に参加したおりに、熊谷市、寄居町、長瀞町、小鹿野町、秩父市に足を運んでいます。

宮沢賢治画②


 宮沢賢治は、明治29年(1896年)8月27日、岩手県稗貫(ひえぬき)郡花巻町〈現花巻市〉に生まれ、郷里において昭和8年(1933年)9月21日永眠しました。(享年37歳)

 大正5年(1916年)9月、宮沢賢治は盛岡高等農林学校農学科の2年生の時に、学校の地質旅行に参加して埼玉県各地を訪れていますが、この年の3月には修学旅行で、京都、東京方面に初めて旅行し、8月には、絵画、浮世絵への関心がたかまり、帝室博物館見学のために上京しています。

◇詩歌・童話集の発刊:
 大正13年(1924年)4月、心象スケッチ『春と修羅』〈大正11年1月より大正12年12月までの詩69篇を収録〉を自費出版で東京関根書店より刊行。発行部数一千部。
 大正13年(1924年)4月、イーハトヴ童話『注文の多い料理店』を東京光原社より刊行。
 昭和2年〈1927年)1月、『春と修羅』第二集〈大正13年2月より大正14年10月までの作品108篇収録)の出版を予定して「序」を書いていますが、出版はされていません。
 また『春と修羅』第三集は、大正15年(1926年)5月より昭和2年(1927年)9月までの作品、126篇収録の詩となって書き残されています。
◇没後の全集発刊:
 昭和9年(1934年)10月、「宮沢賢治全集」全三巻が文圃堂より刊行。
 昭和14年(1939年)11月、「宮沢賢治全集」全七巻を十字屋書店より刊行、昭和19年(1944年)2月完結。
 昭和31年(1956年)4月より「宮沢賢治全集」決定版全十一巻を筑摩書房より刊行、昭和32年(1957年)2月完結。

宮沢賢治画①



 宮沢賢治の詩には、「春」、「冬」の文字が良く使われています。
 反面、「夏」という言葉が見つかりません。私が目を通した限りにおいては、次の「種山ヶ原 パート三」に1カ所だけ載っています。諸兄姉において、賢治の「詩」の中に、「夏」が表記されているのをご存知でしたら、どうぞ教えてください。
 

「種山ヶ原 パート三  宮沢賢治」

この高原の残丘(モナドノックス)
こここそその種山の尖端(せんたん)である
炭酸や雨あらゆる試薬に溶け残り
苔から白く装(よそは)れた
アルペン農の夏のウヰーゼの
いちばん終りの露岩(ろがん)である
わたくしはこの巨大な地殻の冷え堅まった動脈に
槌(つち)を加へて検(しら)べよう
おお 角閃石(かくせんせき) 斜長石 暗い石基と斑晶(はんしゃう)と
まさしく閃緑玢岩(せんりょくふんがん)である
じつにわたくしはこの高地の
頑強に浸蝕に抵抗したその形跡から
古い地質図の古生界に疑(うたが)ひをもってゐた
そしてこの前江刺(えさし)の方から登ったときは
雲が深くて草穂は高く
牧路(まきみち)は風の通った痕(あと)と
あるかないかにもつれてゐて
あの傾斜儀の青い磁針は
幾度もぐらぐら方位を変へた
今日こそはこのよく拭(ぬぐ)はれた朝ぞらの下
その玢岩の大きな突起の上に立ち
  ……赤いすいばとひとの影……
なだらかな準平原や河谷(かこく)に澱(よど)む暗い霧
北はけはしいあの死火山の浅葱(あさぎ)まで
天に接する陸の波
イーハトヴ県を展望する
いま姥石(うばいし)の放牧地が
緑青(ろくしやう)いろの雲の影から生れ出る
そこにおお幾百の褐や白
馬があつまりうごいてゐる
かげろふにきらきらゆれてうごいてゐる
食塩をやろうと集めたところにちがひない
しっぽをふったり胸をぶるっとひきつらせたり
それであんなにひかるのだ
起伏をはしる緑のどてのうつくしさ
ヴァンダイク褐にふちどられ
あちこちくっきりまがるのは
この高原が
十数枚のトランプの青いカードだからだ
  ……蜂がぶんぶん飛びめぐる……
海の縞(しま)のやうに幾層ながれる山稜と
しづかにしづかにふくらみ沈む天未線(スカイライン)
ああ何もかももうみんな透明だ
雲が風と水と虚空と光と核の塵(ちり)とでなりたつときに
風も地殻もまたわたくしもそれとひとしく組成され
じつにわたくしは水や風やそれらの核の一部分で
それをわたくしが感ずることは
水や光や風ぜんたいがわたくしなのだ
  ……蜂はどいつもみんな小さなオルガンだ……

(※)所収:日本詩人全集 20 宮沢賢治 発行所株式会社新潮社 昭和42年4月10日発行


宮沢賢治大正15年ごろ
 宮沢賢治(大正15年頃)



スポンサーサイト

山村暮鳥  雲  あるとき



「雲  山村暮鳥」

おうい雲よ
ゆうゆうと
馬鹿にのんきさうぢやないか
どこまでゆくんだ
ずつと磐城平(いはきたひら)の方までゆくんか

(※)所収:現代日本名詩集 大成 3 発行所東京創元新社 昭和40年6月30日 四版

①セミの抜け殻20160805


「あるとき  山村暮鳥」

また蜩(ひぐらし)のなく頃となつた
かな かな
かな かな
どこかに
いい国があるんだ

(※)所収:日本詩人全集 13 発行所株式会社新潮社 昭和43年7月20日発行

②セミの抜け殻20160805


山村暮鳥は、明治17年(1884年)1月10日、群馬県西群馬郡棟高(むなだか)村〈現在高崎市〉に生まれました。
大正2年(1913年)、第一詩集『三人の処女』を、新声社より自費出版。大正4年(1915年)『聖三稜玻璃』(人魚詩社)、大正7年(1918年)『風は草木にささやいた』(白日社)、大正10年(1921年)『梢の巣にて』(洛陽堂)、それぞれの詩集を刊行。大正12年(1923年)、39歳の時に、童話集『鉄の靴』を内外出版社から刊行しています。没後、大正14年(1925年)詩集『雲』がイデア書院より、大正15年(1926年)詩集『月夜の牡丹』(花岡謙二編)が紅玉堂より、相次いで刊行されました。






津村信夫「夏草」



  夏草  津村信夫

お父さん
燐寸(まつち)をおつけしませうね
そして それを一服お喫(す)ひになつたら
また ゆつくり歩き初めませう
いくらか空気も冷えてきました
――お前たち 若い者は
  かうやつて歩いて行くうち
  どんな事を考へるか
お父さん あなたはさうお訊(き)になつたのですね
お父さん
明るい昼の中でも
私達は夢を持つのです
白い雲が あの誘惑者が
今恰度(ちゃうど)
私達の頭の上を過ぎてゆきます
それから
もつと何かお訊き下さい
そんなふうに優しく
そんなふうに静かに
お父さん お父さん

父を喪(うしな)つてから
私に初めての夏が来ました
草が茂つて
どうかすると
私の姿も隠されてしまひます
私は歩いてゆくのです
かうやつて
あれらの夏の続きを歩いて行くのです
(空気も冷えてきました そしてもう充分夏の外気には言葉がみちてゐます)
私の視界には 畑と丘の間に
ぽつかりと口をあけて
沼が白くにぶく光ってゐました


(※)所収:日本詩人全集 33 昭和詩集(一) 発行所新潮社 昭和44年4月25日発行


 津村信夫(つむらのぶお)は、明治42年(1909年)1月5日、兵庫県神戸市に生まれました。
 昭和9年(1934年)、詩誌『四季』が創刊され、堀辰雄、丸山薫、三好達治、立原道造らと共に参加。同年3月、慶應義塾大学経済学部を卒業しています。
 生前の詩集としては、昭和10年(1935年)、第一詩集『愛する神の歌』(四季社より自費出版)、昭和17年(1942年)『父のゐる庭』(白井書房)、昭和19年(1944年)『ある遍歴から』(湯川弘文堂)を刊行しています。
 没後、『善光寺平』(昭和22年〈1947年〉・国民図書刊行会)、『さらば夏の光よ』(昭和23年〈1948年〉・矢代書店)が、相次いで刊行されました。

 木下夕爾「晩夏」  原民喜「夏」「夏」「碑銘」  



  木下夕爾(きのしたゆうじ)は、大正3年(1914年)10月27日、広島県に生まれました。
 詩集『晩夏』(浮城書房発行)は、終戦後5年経った昭和25年(1950年)に刊行されています。


「晩夏  木下夕爾」(※)

停車場のプラットホームに
南瓜の蔓が葡いのぼる

閉ざれた花の扉のすきまから
てんとう虫が外を見ている

軽便車が来た
誰も乗らない
誰も下りない

柵のそばの黍の葉つぱに
若い切符きりがちょっと鋏を入れる


(※)所収:日本詩人全集 33 昭和詩集(一) 発行所新潮社 昭和44年4月25日発行





 原民喜(はらたみき)は、明治38年(1905年)11月15日、広島県広島市に生まれました。
 詩篇『画集』〈高原七月号〉は、終戦後3年経った昭和23年(1948年)に発表されています。
 原民喜死後、『拾遺詩篇』、『画集』などの詩作品が載っている『原民喜詩集』が 昭和25年(1950年)7月、細川書店より刊行されました。
 

「夏  原民喜〈『拾遺詩篇』 かげろふ断章・断章〉」(※)

葉の花のあたりに
蝶がひらひらして居る
葉の花は沢山ある
蝶はひらひらして居る


「夏  原民喜〈『拾遺詩篇』 かげろふ断章・昨日の雨〉」(※)

みなぎれる空に
小鳥飛ぶ
さえざえと昼は明るく
鳥のみ動きて影はなし


「碑銘  原民喜〈『画集』 魔のひととき〉」(※)  

遠き日の石に刻み
    砂に影おち
崩れ墜つ 天地のまなか
一輪の花の幻


(※)所収:新装版 原民喜全集第三巻 発行所芳賀書店 昭和44年10月5日発行




日傘



~ あなたはそんなにパラソルを振る 
  僕にはあんまり眩しいのです 
  あなたはそんなにパラソルを振る ~


さよなら、さよなら!
 いろいろお世話になりました
 いろいろお世話になりました

さよなら、さよなら!
 こんなに良いお天気の日に
 お別れしてゆくのかと思ふとほんとに辛(つら)い
 こんなに良いお天気の日に

さよなら、さよなら!
 僕、午睡(ひるね)の夢から覚(さ)めてみると
 みなさん家を空(あ)けておいでだつた
 あの時を思ひ出します

さよなら、さよなら!
 そして明日(あした)の今頃は
 長の年月見馴(みな)れてる
 故郷の土をば見てゐるのです

さよなら、さよなら!
 あなたはそんなにパラソルを振る
 僕にはあんまり眩(まぶ)しいのです
 あなたはそんなにパラソルを振る

さよなら、さよなら!
さよなら、さよなら!
           》

〈中原中也詩「別離・1」より.日本詩人全集 22 中原中也 新潮社刊:所収〉


日傘②


「日傘 : ひがさ. ひからかさ. 絵日傘. パラソル.」
《 夏日を避けるため専ら女子が用いる。絵日傘は日本在来の、骨も柄も竹製で紙や絹を張った絵や模様のある美しいもの。パラソルは洋日傘で、ビニール張りの色とりどりのものも出ている。(昭和49年4月30日初版発行 平成4年11月30日 34刷発行 合本 俳句歳時記  発行所株式会社角川書店)》

日傘③

  
待ち合はす人に日傘を振りにけり  姉歯義ひろ


さす日傘かたむけ友に陰分かつ  土井木賊


遠会釈日傘の人の名を忘れ  西野和子

日傘①



《日傘文化、日本だけ? 驚く訪日女性客…欧米などは帽子や日焼け止め:産経新聞 7月30日(土)14時31分配信》

 日差しの強い日が続き、若者から年配の女性まで愛用している日傘。だが、大阪ミナミで、アジア、欧米など9カ国の訪日外国人女性に聞くと、「使わない」と答え、ほとんどが一度も使用経験がなかった。大手空調メーカーの外国人へのアンケートでも、驚いたり感心したりした日本の暑さ対策は「日傘をさす」が最多。世界で日本の日傘文化は“特異”なのだろうか。(張英壽)

 「日傘は真夏でもしないですね。どんなにカンカン照りでも…。おばさんが使うもの」

 韓国・ソウルから訪れた女子大学生、閔智援(ミンジウォン)さん(21)はこう答えた。

 訪日外国人でにぎわう道頓堀周辺(大阪市中央区)で、各国の女性たちに日傘をさすかどうか質問した。

 道頓堀のベンチに座っていた中国・上海市の女性(26)も一度も使ったことがなかった。「傘は雨のときだけ」

 ドラッグストアで働いていた中国・四川省出身の陳子●さん(24)も日傘経験はなく、中国での日傘事情について、「日傘をさすのは30代以上」と流暢(りゅうちょう)な日本語で教えてくれた。

 オーストラリアの女性医師(24)は、使ったことがあるかと問うと「ネバー(一度もない)」と答え、日傘をさす習慣について「おかしい」と話した。米国の45歳と50歳の女性も使用経験がなかった。ただ日焼け止めクリームを塗るという回答は多かった。

 タイ・チェンマイから来たホテルオーナーの女性(33)も日傘経験がなく、「白い肌になりたいのはタイでも同じだけど、日本の日傘習慣はちょっと変」と感想を述べた。

 イタリアからハネムーンで来日し、夫と道頓堀を散策していたジャーナリストのモニカ・タリコーネさん(27)は「イタリアでは使わない。みなバケーション(休暇)に行き、白い肌は健康的ではない」。

 日本でも、バブル時代やその前は日焼けが流行。「20代前半の頃、日焼けするのが格好よかった」と振り返った堺市南区の会社員の女性(47)。だが「今はシミがたくさんできて後悔している。10年ほど前から日傘を持つようになった」と打ち明けた。

 空調メーカーのダイキン工業は一昨年、東京在住の外国人100人を対象に「東京の夏の暑さ」をテーマにしたアンケートを実施。「東京の夏の暑さ対策で、感心した・驚いた対策はあるか」と聞いたところ、1位は「日傘をさす」(46%)だった。

 日傘をさす習慣は日本だけなのだろうか。

 洋傘・日傘メーカー大手の「ムーンバット」(本社・京都市)で、長年製品を開発してきた大原孝二さん(70)は「ヨーロッパでは紫外線を遮ることにそれほど関心がない。また紫外線が強いオーストラリアでは帽子が主体。中国や東南アジアでは、日傘という概念自体がなく、日差しが強いときは、雨傘を日傘として使うことがある」と話す。ただし中国の大都市では最近、日傘が販売されるようになったという。

 大原さんによると、日傘はもともと19世紀のフランスで文化として花開いた。フランスの印象派の画家、クロード・モネも、日傘の女性を描いている。現代のヨーロッパではなぜかその習慣が廃れ、日本で定着している。

 日本では和服とともに日傘は愛用されたが、若い女性に人気がなかった。変化が起きたのは、二十数年前にUV(紫外線)用の加工がされた日傘が市場に出てからだ。それまでUVカット率は50%程度だったが、UV加工の日傘は80~90%台のカットが可能になった。若い女性もさすようになり、若者から年配まで日傘をさす習慣が広がった。

 大原さんの説明では、日傘をさす習慣は日本独特ということになる。大原さんは「日傘文化は日本しかない」と断言した。

●=木へんに貞



プロフィール

むさしの想坊

Author:むさしの想坊
 これから何が飛び出してくるのでしょうか。ひきだしの奥にしまっていたものと合わせ、足跡を綴っていきたいと思います。
 昨日は金環日食をみることが出来ました。
・東京スカイツリー開業日の2012年5月22日記。

最新記事
リンク
カテゴリ
おりふし
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
アルバム
最新トラックバック
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: