5月の詩  五月の詩

2017/ 05/ 07
                 
 「萩原朔太郎記念館」が、つい1か月前の2017年(平成29年)4月8日から新たに公開となりました。
 移築復元場所は、前橋文学館と広瀬川を挟んだ河畔緑地です。
 今年の5月11日は、 萩原朔太郎(〈※〉)没後75年となります。

〈※〉萩原 朔太郎:はぎわら さくたろう、1886年(明治19年)11月1日 - 1942年(昭和17年)5月11日).詩人。
「萩原朔太郎記念館」:〈⁂前橋文学館アドレスにナビ設定〉
「前橋文学館」:群馬県前橋市千代田町三丁目12番10号. tel 027-235-8011.
 ・開館時間 9:00~17:00.・休館日 毎週水曜日〈祝日の場合翌日)と年末年始.
 ・文学館の周辺は、広瀬川沿いにさまざまな詩碑が設置されています。水の街前橋ならではの散策コースとなっています。


五月の詩3



五月の詩  5月の詩   

五月の詩2


寺山修司 「五月の詩・序詞」-詩集『われに五月を』より-

   きらめく季節に
   たれがあの帆を歌ったか
   つかのまの僕に
   過ぎてゆく時よ

  夏休みよさようなら
  僕の少年よ さようなら
  ひとりの空ではひとつの季節だけが必要だったのだ 重たい本 すこし
  雲雀の血のにじんだそれらの歳月たち

  萌ゆる雑木は僕のなかにむせんだ 
  僕は知る 風のひかりのなかで
  僕はもう花ばなを歌わないだろう
  僕はもう小鳥やランプを歌わないだろう
  春の水を祖国とよんで 旅立った友らのことを
  そうして僕が知らない僕の新しい血について
  僕は林で考えるだろう
  木苺よ 寮よ 傷をもたない僕の青春よ
  さようなら

   きらめく季節に
   たれがあの帆を歌ったか
   つかのまの僕に
   過ぎてゆく時よ

  二十才 僕は五月に誕生した
  僕は木の葉をふみ若い樹木たちをよんでみる
  いまこそ時 僕は僕の季節の入り口で
  はにかみながら鳥達たちへ
  手をあげてみる
  二十才 僕は五月に誕生した


1-1ミユ


谷川俊太郎 5月の詩 

  言葉 

何もかも失って
言葉まで失ったが
言葉は壊れなかった
流されなかった
ひとりひとりの心の底で

言葉は発芽する
瓦礫(がれき)の下の大地から
昔ながらの訛(なま)り
走り書きの文字
途切れがちな意味

言い古された言葉が
苦しみゆえに甦(よみがえ)る
哀(かな)しいゆえに深まる
新たな意味へと
沈黙に裏打ちされて

1-15 タヌキ

  一心

生きのびるために
生きているのではない
死を避けるために
生きているのではない

そよ風の快さに和む心と
竜巻の禍々(まがまが)しさに怯(おび)える心は
別々の心ではない
同じひとつの私の心

死すべきからだのうちに
生き生きと生きる心がひそむ
悲喜こもごもの
生々流転の

1-8 ノウサギ


  もし言葉が

黙っていた方がいいのだ
もし言葉が
一つの小石の沈黙を
忘れている位なら
その沈黙の
友情と敵意とを
慣れた舌で
ごたまぜにする位なら

黙っていた方がいいのだ
一つの言葉の中に
戦いを見ぬ位なら
祭りとそして
死を聞かぬ位なら

黙っていた方がいいのだ
もし言葉が
言葉を超えたものに
自らを捧げぬ位なら
常により深い静けさのために
歌おうとせぬ位なら


1-2 キジバト


三木露風 「去りゆく五月の詩」-日本詩人全集〈三木露風〉より-  

われは見る。
廃園の奥、
折ふしの音なき花の散りかひ。
風のあゆみ、
静かなる午後の光に、
去りゆく優しき五月のうしろかげを。

空の色やはらかに青みわたり
夢深き樹には啼〔な〕く、空〔むな〕しき鳥。

あゝいま、園〔その〕のうち
「追憶」〔おもひで〕は頭〔かうべ〕を垂れ、
かくてまたひそやかに涙すれども
かの「時」こそは
哀しきにほひのあとを過ぎて
甘きこころをゆすりゆすり
はやもわが楽しき住家〔すみか〕の
屋〔をく〕を出〔い〕でゆく。

去りてゆく五月。
われは見る、汝〔いまし〕のうしろかげを。
地を匍〔は〕へるちひさき虫のひかり。
うち群〔む〕るゝ蜜蜂のものうき唄
その光り、その唄の黄金色〔こがねいろ〕なし
日に咽〔むせ〕び夢みるなか……
あゝ、そが中に、去りゆく
美しき五月よ。

またもわが廃園の奥、
苔古〔ふ〕れる池水〔いけみず〕の上、
その上に散り落つる鬱紺〔うこん〕の花、
わびしげに鬱紺の花、沈黙の層をつくり
日にうかびたゞよふほとり――

色青くきらめける蜻蛉〔せいれい〕ひとつ、
その瞳、ひたとたゞひたと瞻視〔みつ〕む。

ああ去りゆく五月よ、
われは見る汝のうしろかげを。

今ははや色青き蜻蛉の瞳。
鬱紺の花。
「時」はゆく、真昼の水辺〔すゐへん〕よりして――


1-3ヒヨドリ


室生犀星 「五月」-日本詩人全集<室生犀星>より-
           
  悲しめるもののために
  みどりかがやく
  くるしみ生きむとするもののために
  ああ みどりは輝く


1-4ツグミ


中原中也 五月

昼たちし砂塵(さじん)もじっと落付きて淡(うす)ら悲しき春の夕よ 


1-7 シロハラ


萩原朔太郎 「五月の貴公子」-日本詩人全集〈萩原朔太郎「月に吠える」〉より-

若草の上をあるいてゐるとき、
わたしの靴は白い足あとをのこしてゆく、
ほそいすてつきの銀が草でみがかれ、
まるめてぬいだ手ぶくろが宙でおどつて居る、
ああすつぱりといつさいの憂愁をなげだして、
わたしは柔和の羊になりたい、
しつとりとした貴女(あなた)のくびに手をかけて、
あたらしいあやめおしろいのにほひをかいで居たい、
若くさの上をあるいてゐるとき、
わたしは五月の貴公子である。


五月の詩1












                 
        

五月の詩

2015/ 05/ 11
                 
 うんざりするでしようけれども、おつきあいください。
 谷川俊太郎(東京都杉並区1931年12月15日-)の「5月の詩」から今度は題を、「五月の詩」とした詩の数々です。
 谷川俊太郎も含めた、ここにあげた6名の詩作家は、一人ひとりを辿っていくとお互いが関連して今日にその足跡を記していますが、話の本筋から外れますので、ここでは述べません。

 
 寺山修司(青森県弘前市1935年12月10日-東京都杉並区1983年5月4日)。
 三木露風(兵庫県たつの市1889年6月23日-東京都三鷹市1964年12月29日)
 室生犀星(石川県金沢市1889年8月1日-東京都大田区1962年3月26日)
 萩原朔太郎(群馬県前橋市1886年11月1日-東京都世田谷区1942年5月11日)
 山村暮鳥(群馬県高崎市1884年1月10日-茨城県大洗町1924年12月8日)


  《萩原朔太郎没後73年となる5月11日をはさんで、朔太郎生誕地で様々な催しが開かれています。》



寺山修司 「五月の詩・序詞」-詩集『われに五月を』より-

   きらめく季節に
   たれがあの帆を歌ったか
   つかのまの僕に
   過ぎてゆく時よ

  夏休みよさようなら
  僕の少年よ さようなら
  ひとりの空ではひとつの季節だけが必要だったのだ 重たい本 すこし
  雲雀の血のにじんだそれらの歳月たち

  萌ゆる雑木は僕のなかにむせんだ 
  僕は知る 風のひかりのなかで
  僕はもう花ばなを歌わないだろう
  僕はもう小鳥やランプを歌わないだろう
  春の水を祖国とよんで 旅立った友らのことを
  そうして僕が知らない僕の新しい血について
  僕は林で考えるだろう
  木苺よ 寮よ 傷をもたない僕の青春よ
  さようなら

   きらめく季節に
   たれがあの帆を歌ったか
   つかのまの僕に
   過ぎてゆく時よ

  二十才 僕は五月に誕生した
  僕は木の葉をふみ若い樹木たちをよんでみる
  いまこそ時 僕は僕の季節の入り口で
  はにかみながら鳥達たちへ
  手をあげてみる
  二十才 僕は五月に誕生した



三木露風 「去りゆく五月の詩」-日本詩人全集〈三木露風〉より-  

われは見る。
廃園の奥、
折ふしの音なき花の散りかひ。
風のあゆみ、
静かなる午後の光に、
去りゆく優しき五月のうしろかげを。

空の色やはらかに青みわたり
夢深き樹には啼〔な〕く、空〔むな〕しき鳥。

あゝいま、園〔その〕のうち
「追憶」〔おもひで〕は頭〔かうべ〕を垂れ、
かくてまたひそやかに涙すれども
かの「時」こそは
哀しきにほひのあとを過ぎて
甘きこころをゆすりゆすり
はやもわが楽しき住家〔すみか〕の
屋〔をく〕を出〔い〕でゆく。

去りてゆく五月。
われは見る、汝〔いまし〕のうしろかげを。
地を匍〔は〕へるちひさき虫のひかり。
うち群〔む〕るゝ蜜蜂のものうき唄
その光り、その唄の黄金色〔こがねいろ〕なし
日に咽〔むせ〕び夢みるなか……
あゝ、そが中に、去りゆく
美しき五月よ。

またもわが廃園の奥、
苔古〔ふ〕れる池水〔いけみず〕の上、
その上に散り落つる鬱紺〔うこん〕の花、
わびしげに鬱紺の花、沈黙の層をつくり
日にうかびたゞよふほとり――

色青くきらめける蜻蛉〔せいれい〕ひとつ、
その瞳、ひたとたゞひたと瞻視〔みつ〕む。

ああ去りゆく五月よ、
われは見る汝のうしろかげを。

今ははや色青き蜻蛉の瞳。
鬱紺の花。
「時」はゆく、真昼の水辺〔すゐへん〕よりして――



室生犀星 「五月」-日本詩人全集<室生犀星>より-
           
  悲しめるもののために
  みどりかがやく
  くるしみ生きむとするもののために
  ああ みどりは輝く



萩原朔太郎 「五月の貴公子」-日本詩人全集〈萩原朔太郎「月に吠える」〉より-

若草の上をあるいてゐるとき、
わたしの靴は白い足あとをのこしてゆく、
ほそいすてつきの銀が草でみがかれ、
まるめてぬいだ手ぶくろが宙でおどつて居る、
ああすつぱりといつさいの憂愁をなげだして、
わたしは柔和の羊になりたい、
しつとりとした貴女(あなた)のくびに手をかけて、
あたらしいあやめおしろいのにほひをかいで居たい、
若くさの上をあるいてゐるとき、
わたしは五月の貴公子である。



山村暮鳥 「五月の詩」

 やはらかくして幅広き日光を吸ふ

 から始まる、暮鳥の「五月の詩」をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

 初稿本『三人の処女』(未刊)
 「汝の声より」の後に続く
 「黄」中の五つ目に「五月の詩」が載っています。
  ・生物
  ・黄
  ・雪の翌日
  ・五月の詩
  ・微風
  ・黄い月
  ・落日と雲雀
  ・彼方より
  ・午睡
  ・猫
  ・記憶
  ・三味線と雨と蟋蟀
  ・夏の歌
            

 
 茨城のり子(大阪府大阪市〈西尾市育ち〉1926年6月12日-東京都西東京市2006年2月17日)は、谷川俊太郎との交流も深いので、彼女の「5月の詩」と題した詩もあるのかなと思ったのですが、みつかりません。


                 
        

5月の詩 谷川俊太郎

2015/ 05/ 10
                 
 言葉 

何もかも失って
言葉まで失ったが
言葉は壊れなかった
流されなかった
ひとりひとりの心の底で

言葉は発芽する
瓦礫(がれき)の下の大地から
昔ながらの訛(なま)り
走り書きの文字
途切れがちな意味

言い古された言葉が
苦しみゆえに甦(よみがえ)る
哀(かな)しいゆえに深まる
新たな意味へと
沈黙に裏打ちされて

⑪



 谷川俊太郎詩集「すき」より

いっしょうけんめい 一ねんせい
どろんこかぜのこ 二ねんせい
しつもんいっぱい 三ねんせい
おかのふもとの がっこうは
きょうをあすへと はこんでく
けんかでなかよし 四ねんせい
ゆめがふくらむ 五ねんせい
おとなにまけるな 六ねんせい
つつじのかおる がっこうは
うちゅうめざして すすんでく

②めがね橋



一心

生きのびるために
生きているのではない
死を避けるために
生きているのではない

そよ風の快さに和む心と
竜巻の禍々(まがまが)しさに怯(おび)える心は
別々の心ではない
同じひとつの私の心

死すべきからだのうちに
生き生きと生きる心がひそむ
悲喜こもごもの
生々流転の

③アプトの道



 もし言葉が

黙っていた方がいいのだ
もし言葉が
一つの小石の沈黙を
忘れている位なら
その沈黙の
友情と敵意とを
慣れた舌で
ごたまぜにする位なら

黙っていた方がいいのだ
一つの言葉の中に
戦いを見ぬ位なら
祭りとそして
死を聞かぬ位なら

黙っていた方がいいのだ
もし言葉が
言葉を超えたものに
自らを捧げぬ位なら
常により深い静けさのために
歌おうとせぬ位なら

⑤波面





                 
        

ヤマブキ

2015/ 04/ 20
                 

 「山吹の
  立ちよそひたる 山清水
  汲みに行かめど
  道の知らなく」
   万葉集
   高市皇子(たけちのみこ)


 「花咲きて
  実は成らずとも
  長き日(け)に
  思ほゆるかも 山吹の花」
   万葉集


 「蝦(かわづ)鳴く
  甘南備河(かむなびがわ)に
  かげ見えて
  今か咲くらむ 山吹の花」
   万葉集
   厚見 王
   (あつみのおおきみ)


 「春雨の
  露のやどりを 吹く風に
  こぼれてにほふ
  山吹の花」
   金槐和歌集 源実朝 


 「山吹や
  葉に花に葉に 花に葉に」
   炭太祇(たんたいぎ)


 「ほろほろと
  山吹散るか 滝の音」
   松尾芭蕉



                 
        

春の詩 みすゞ

2015/ 03/ 12
                 
 金子みすゞは、1930年3月10日、4月11日の誕生日を迎えることなく、27歳になる前に没しています。
 4年前、東日本大震災発生の3月11日以降、かなりの間テレビはCFを流さず、金子みすゞの詩を画面に映し出していました。 それ以来、みすゞの詩のファンはなお一層増えていったそうです。

 
金子みすゞ 春の朝
〈「金子みすゞ童謡集」(ハルキ文庫.1998年3月20日出版)より〉

雀がなくな、
いい日和だな、
うっとり、うっとり
ねむいな。

上の瞼(まぶた)はあこうか、
下の瞼はまァだよ、
うっとり、うっとり
ねむいな。

コチョウラン白①20150310  プチさくらんぼ①20150312  
〈コチョウラン白3月10日撮影〉 〈庭のプチサクランボ3月12日撮影〉



金子みすゞ 足ぶみ
〈「金子みすゞ童謡集」(ハルキ文庫.1998年3月20日出版)より〉

わらびみたよな雲が出て、
空には春がきましたよ。

ひとりで青空みていたら、
ひとりで足ぶみしましたよ。

ひとりで足ぶみしていたら、
ひとりでわらえてきましたよ。

ひとりでわらってしていたら、
だれかがわらってきましたよ。

からたちかきねが芽をふいて

コチョウランピンク②20150310  プチさくらんぼ②20150312
〈コチョウランピンク3月10日撮影〉〈庭のプチサクランボ3月12日撮影〉