いろいろなものを食べたり、飲んだり、調理したりしていますが・・・

2017/ 08/ 09
                 
 黒酢から始まって、エゴマ、ココナッツオイル、エキストラバージンオリーブオイルなど、あれこれ手に取りました。

  納豆と鶏卵は欠かさず食べています。
  納豆は、1パックを半分にして、朝と夜に食べています。鶏卵は毎朝1つ食べています。

  私はナッツ類が大好きです。
  ピーナッツも「ナッツ」と思いきや、あれは落花生というように、木の実ではないのですが、健康によい食品だそうです。
  かの田部井淳子さんは、朝晩10粒ずつピーナッツを食べていたそうです。

  私はクルミも大好きです。小学校に上がる前から信州にいましたが、原のおばさんが、ハチノコやクルミやイチゴなどを入れた大きなカゴを背負って我が家に来るのを、いつも心待ちにしていました。
 

  このところ、毎日クルミを食べています。
  きょうは、クルミの効能を紐解いてみることにしましたので、どうぞお目通しください。



『知る人ぞ人ぞ知る!くるみの栄養と意外な効能3選』


 《 くるみは「植物性の卵」といわれるほど、タンパク質が豊富な栄養満点食材。欧米では古くから親しまれてきた食材です。

最近では日本でも雑誌やテレビなどのメディアで「健康や美容に良く、ダイエットにも効果的」として紹介され、スーパーなどでよく見かけるようになりました

栄養価が高く、さまざまな効果・効能が期待できるくるみの驚くべき栄養と効能をご紹介します。


 ◇α-リノレン酸が豊富-血液サラサラにして、動脈硬化を予防!

くるみには、α-リノレン酸が豊富に含まれています。

くるみの半分以上は脂質でできており、そのうちの約1/6を占めているのがn-3系脂肪酸の一種であるα-リノレン酸。

α-リノレン酸は、血液をサラサラに血管もしなやかにして動脈硬化を抑制する効能がある栄養です。そのため、心筋梗塞や脳梗塞を予防・改善に効能が期待されています。

また、細胞の活性化を促す効能もあります。日本人はn-3系脂肪酸が不足気味なので、積極的にくるみを食べましょう。


 ◇クルミポリフェノール - 悪玉コレステロールを減少!

ナッツ類の中でも、くるみの抗酸化値はもっとも高いとされています。

これは、くるみの薄皮に多く含まれている「クルミポリフェノール」という優れた栄養によるものです。

クルミポリフェノールには悪玉コレストロールを減少させ、心臓を守ってくれる効能があります。

くるみは加熱することで、生の状態よりもクルミポリフェノールが2倍近く増加します。ローストされたくるみは、理に適った調理法ということです。

くるみのポリフェノールは、渋みのある薄皮に豊富に含まれています。摂らずそのまま食べることで、より抗酸化作用を得る事ができます。


 ◇アミノ酸の一種トリプトファン - メラトニンで不眠症改善!

くるみには、メラトニンの元となるトリプトファンというアミノ酸が多く含まれています。

メラトニンには、眠りを誘発したり神経の緊張をほぐしたりする効能があります

「天然の睡眠薬」と言われているほど、睡眠を調整したり眠りやすくしたりする効能があるので、寝つきが悪い方や、不眠症に悩まされている方におすすめです。 》




                 
        

8月4日は「ビヤホールの日」。 今日銀座に行けばビール半額で飲めました!

2017/ 08/ 04
                 
 全国のサッポロライオンチェーン(一部店舗除く)において、8月4日の当日に限り、「サッポロ生ビール 黒ラベル」や「ヱビス生ビール」をはじめ、「ヱビス プレミアムブラック」「ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ)」「琥珀ヱビス」「ヱビス スタウト クリーミートップ」「白穂乃香」「エーデルピルス」など、取扱いのある生ビール全品が終日半額とのこと。

 きょうは上京の予定がありませんでしたので、残念!のひとことで括ることにしました。 
 (埼玉県内は、夏季限定営業2店舗を含めて5店営業していました。)

 株式会社サッポロライオンが創業100周年の1999年に、「日本に初めてビヤホールが誕生した記念日」として、8月4日(サッポロライオンの創業日)を「ビヤホールの日」と制定しました。


 サッポロライオンの公式サイトを覘いてみることに致しましょう。


《  「1899年(明治32年)8月4日 日本初のビヤホールが誕生:モダンな造りで大盛況」

 日露戦争戦勝記念風景


日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」は、銀座の新橋際(京橋区南金六町五番地 現銀座八丁目)にオープンしました。
規模は35坪、入口から向かって左側にカウンターを設け、床はリノリウム張り、イスやテーブルはビールの樽材でつくられ、また酒器はガラス製のジョッキで、当時としては極めてモダンな店でした。設計は工学博士である建築家の妻木頼黄氏に依頼し、奇抜な設計にしてもらった、と記録が残っています。
このビヤホールは、2階建ての煉瓦造りの建物の2階を間借りして開店したにも関わらず、当時有名だった小林習古画伯の壁画を飾るなどとても豪華な造りをした店舗だったため非常に繁盛しました。1日の来客数は平均800人に達しました。遠方から馬車でやってくる人もいたそうです。
なお、当時はビール500mlが10銭で販売されていました。当時は、もりそば1枚、コーヒー1杯が1~2銭、食パンが5~6銭程度でした。》



                 
        

8月2日(水) NHK あさイチ 夏こそ!  簡単「塩使い」の極意

2017/ 08/ 02
                 
 塩を使った簡単な料理の決定版とのことでした。
 ホントに直ぐ調理できるものばかりです。

 早速、試してみたいと思ったのが、「青菜炒め」
 
《◇シャキシャキ!青菜炒め
   ~シャキシャキ食感で、絶妙な塩加減の青菜炒めです~

⁂材料・2人分
•ほうれんそう200グラム
•塩2つまみ(約2グラム)
※中川さんのオススメは、大きめの粒の粗塩。
•サラダ油大さじ2

⁂作り方
1.ほうれんそうは、4等分の長さに切る。
2.冷たいフライパンにサラダ油と塩を入れ、フライパン全体に広げる。
3.火にかけ、フライパンが温まったらほうれんそうを入れる。
4.強火で約1分間炒めて、全体に火が通ったらできあがり。

青菜炒め



〖シャキシャキ食感!中国料理の達人オススメ「青菜炒め」

中国料理の達人、中川優さんは、ほどよい塩加減でシャキシャキに仕上げる「青菜炒め」を紹介してくれました。ポイントは、塩を入れるタイミング。中川さんのオススメは、なんと、火をつける前に油の中に塩を入れ、混ぜてから火をつけること。そして、フライパンと油を温めてからほうれんそうを入れると、油と塩が青菜にすばやくコーティングされるので、均一に、しかも短時間で塩味を付けられます。このひと工夫で、「味付けをしている間に、シャキシャキ食感を逃してしまった!」という失敗を防げます。さらに、加熱前に塩をふることで、色止めの効果も期待できます。〗

取材協力:中川優さん(中国料理店 オーナーシェフ)》


「スゴ技Q 決定版!塩を使いこなす極意」と題して取り上げたのが、以下の料理の数々でした。簡単料理です。「青菜炒め」と一緒に作ってみたいと思ったのは「ポークソテー」です。

1.「水塩」(〈※〉)を使った簡単料理
・きゅうりの塩もみ
・野永さん流 和風コールスロー
・油要らずでジューシーな、“あさイチ版「水塩」”を使った、豚肉の炒め物です。

(〈※〉野永さん流 あさイチ版「水塩」
:材料・つくりやすい分量
 •水500ミリリットル
 •塩25グラム
⁂作り方
 ・鍋に水と塩を入れ、火にかける。
 ・ひと煮立ちし、塩が完全に溶けたらできあがり。
 ・清潔な保存容器に入れ、冷蔵庫でおよそ1~2週間保存できる。)

2.やわらか!ビーフステーキ
3.ソース要らず!洋食の達人オススメ「ポークソテー」
4.パリッ&ジューシー!チキンソテー
5.いつもの刺身が変身!フレンチの達人オススメ「魚のマリネ」



「包丁いらず!簡単冷やし中華」と、「ミックスフルーツかん」の作り方も同じ日の「あさイチ」の子ども向けコーナーで演っていました。 
 包丁を使わなくてできる料理というのはとても魅力です。インスタント冷し中華の買い置きがなくなったら、トライしてみようと思います。


                 
        

 パスタの食材 キクラゲ バジル 大葉

2017/ 07/ 20
                 
 先日、安曇野の「びふ穂高」で地場産の野菜類などの買い物をしました。
 家に戻ってから早速ラタトゥイユを作りました。
  
 かぼちゃの煮物も作りました。ミネラル豊富な沖縄黒糖で味を調えました。


 そのときのレシートをみたところ、その他きのこ類(キクラゲ・¥120)、ハーブ(バジル・¥120)、青しそ(¥100)、生姜(¥150)も印字されていました。
 新鮮で、リーズナブルな値段ですので、それぞれ2袋買おうとも思いましたが、量が多いということもあり(新鮮なうちに使いたいということもあり)、それぞれ1袋にしておきました。

 キクラゲは中華料理の定番ものとしてお馴染みですが、パスタの食材に使ってもいけるのではないか・・・という思いが閃きました。
 瓶詰で置いてあるジェノベーゼをベースにして、バジルとキクラゲをふんだんに使ってみたいなと思いました。

 なお、青しそと生姜ですが、ソーメンでランチするとき、大葉は刻み、ショーガはすりおろして使うつもりです。
 大葉はパスタ料理にも合いますね。

                 
        

コンニャクのアク抜き  電子レンジ&クッキングペーパー

2017/ 07/ 17
                 
 「臭みを取る」、「エグミを取る」、「食感を良くする」、「味を染み込みやすくする」。
 
 コンニャクのアク抜きは、ついつい面倒だと思ってしまいますが、折角調理するのですから、この一手間は大事ですね。
 お湯を通さずにアク抜きする、こんな簡単な方法がありました。

 ◇用意するもの
  ・コンニャク
  ・電子レンジ
  ・クッキングペーパー

  コンニャクはさっと水洗いして、食べやすい大きさに切ってから(〈※〉)、厚手のクッキングペーパーに包んで電子レンジに入れ、加熱してお終い。
 (コンニャク1枚250gでの時間の目安:500W3分、600W2分30秒)。
  

 (〈※〉私の場合のやり方の一つとして、コンニャクを細く長く切って糸コンニャク風にしてからアク抜きをします。冷蔵庫に入れて冷ましておいてからいろいろな調理に使うようにしています。
 夏には、冷製パスタの具材などにお奨めです。
 ご存知のように、コンニャクはカロリーを気にする必要がありません。炭水化物のとりすぎにも気を付けたいこの頃です。パスタ3、コンニャク2ほどの割合いにしても、食感をそこなうことはありません。むしろプリプリ感が夏の味覚にこの上なくマッチしているように思えました。
 
 「冷製ラタトゥイユ」を「冷製パスタ・コンニャク」の具として使うコラボレーション、真夏のランチに如何でしょうか。