こうのす川幅うどん てらや

 お財布に「鴻巣コウノトリ商品券」の500円券を何枚か入れていたのですが、会計を済ます時に、この券を使うのを忘れていました。
鴻巣こうのとり商品券⑪


 「てらや(別館)」で昼食(温かいうどん並)をとるときいつも思うのは、トッピングの品々がとても廉価ということです。
 野菜天ぷらは日替わりとなっていて、ナス、カボチャ、ニンジン、シュンギク、チンゲンサイなどなどで、全品60円です。スーパーマーケットで並んでいる値段と比べても、その違いが判ろうというものです。

⑱

⑲


 このときは昼時を過ぎていましたので、野菜天はニンジンとナスの二つだけになっていました。ちなみにイカ天は120円、チクワ天100円となっています。
肝腎のうどんですが、専門店として生業をしていますので、とてもリーズナブルなお値段です。温かいかけうどん並が380円、大480円、冷たいもりうどん並が380円、大480円、そして特580円など多々、お好みに合わせたメニューを揃えています。お店の前にそれぞれ写真入りで出ていますので、とても分かりやすいですね。

21 22

23 24

 川幅うどんは注文を受けてから手間暇かけて供するようです。しばし待ちました。使い方が間違っているのは重々承知の助ではありますが、待てば海路の日和あり(中国の故事「待てば甘露の日和あり」の転じた語)です。待った甲斐がありました。ウチタテユデタテです。カミゴタエ、ノドゴシもいうことなし。汁との相性も殊の外にあっています。
 (「熟成させた麺の美味さ」・・・は、別の機会で・・・)

⑪てらや こうのす川幅うどん 野菜天・イカ天 ⑫ てらや こうのす川幅うどん

⑬ てらや こうのす川幅うどん


⑮てらや別館入口
てらや(別館)
鴻巣市寺谷146-1
tel 048-578-4021
休日:無休 (年末年始のみ)
営業時間:11:30~17:00
訪問日:2015年9月20日

24 31



 
 パンジーハウス敷地内にある、「ベーカリー オリーブ」(寺谷146-1.tel048-597-1117.火曜定休.8:00~18:00頃)、地場産の花・農産物直売店「パンジーハウス」(寺谷165-3.tel048-597-8122.9:00~18:00〈~17:00〉.年中無休.)には、時折買い物に出かけます。
 勿論「てらや(本館)」(寺谷167-1.tel048-596-6500.11:00~18:00.年中無休.)にも何度か食べに行きました。

 隣接している「鴻巣フラワーセンター」の2階に、築地直送の新鮮な魚介類を取り揃えた「かねはち(寺谷125.tel048-595-3446.11:00~14:00)」があります。毎週土曜日がお休みとなっていますが、ここもメニューの一つとして、川幅グルメ「川幅鉄火丼(980円.数量限定」を置いています。
28



 10店の「こうのす川幅うどん」を頂きました。
 メンは。
 汁の味は。
 汁の具は。
 汁とメンとの相性は。
 食べやすさは。
 やはり思ったのは、そのお店のふだんのうどんと比べて「川幅うどん」とはどんなものなのかなあ。ということです。
 まずは、そのお店で出されるふつうのうどんを食べてから後で、「川幅」を食べてみるということが、違いが判るということにつながるのかもしれません。
 もう一つ同様に、そのお店で、温かいものを出す時の「汁」と、冷たいものを出す時の「汁」の味は異なりますので、汁とメンとの取り合わせということからすると、都合四回は同じお店で食べてみることで、初めて余所のお店と比較してみるということになっていくようです。

 ひとそれぞれ、辛口系、甘口系、さっぱり系、こってり系、濃淡それぞれ、好みがありますので、そんなにも大仰に全てを食べ比べてみてから・・・などということでもないのかもしれませんけれど。
 でも、一つ言えることは、どんな具材をどんなように調理して汁に加えるかということは、味を調えるうえでとても大切なファクターだなあということを強く印象づけられたお店巡りともなりました。
 メンの旨み、メンのコシ、メンの幅、メンの厚さ、メンの太さ、ノド越し、歯ごたえなど、メンの持つ個性があってこそを前提としてはいますけれど。



スポンサーサイト

鴻巣川幅うどん 小松や

 国道17号線沿いにある、うどんとそばのお店です。
 「ごはんもの」は、特製天丼(海老、魚、野菜、かき揚げ)1480円(税込1590円)、イカフライ定食1100円(税込1180円)、煮魚定食1380円(税込1490円)など、13種類を揃えています。

 ふすまで仕切った奥座敷から、笑い声が聞えてきます。今日はお昼から地元の人たちの集いが開かれているようです。

 お店にとってそんな忙しい時にお邪魔しました。
 川幅うどんは、ちょっと時間がかかるかもしれませんよ・・・ということでしたが、時間は気にしませんからお願いします。ということで、冷たい「天付川幅うどん」を注文しました。

小松や④店内


 「鴻巣川幅うどん」のお品書きには、四品が載っていました。
  冷たい
  天付冷し川幅うどん 税込920円
  めんたい冷し川幅うどん 税込920円
  温かい
  天付川幅うどん 税込920円
  天付カレー川幅うどん 税込980円

 団体客の他にも、テーブル席には幾組かの先客が座っていました。先ほど食事が済んだ家族連れ、既に注文を済ませた三人連れなど、皆常連客のようです。
 私が座った席にも、相席でということで、ご夫婦でしょう、二人連れの客が同席しました。

 注文の品が届いて私が食べ始めたころ、別のテーブルが空いたということで、ご主人と思われる方が、ごゆっくりとどうぞ。と、私に一声かけて席を離れました。やはり常連客の雰囲気を漂わせていたお二方でした。


そういえば、このお店は、「こうのす川幅うどん」という表示ではなく、「鴻巣川幅うどん」と、「コウノス」を漢字表記していたのが印象に残りました。

小松や①川幅うどん

小松や②川幅うどん

 汁はしっかりと濃い系で、川幅うどんにとてもよくマッチしていました。
 私が川幅のうどんを食べるコツも判ってきたからでしょうか、上品に食べることができました。ボリュームも上品な感じでしたので、あっというまに平らげていました。

小松や③お店全景

小松や
鴻巣市箕田4040-3
tel 048-596-3564
休日:月曜日
営業時間:11:30~21:00 (平日のみ休憩タイムあり)
訪問日:2015年9月20日





こうのす川幅うどん 福ちゃん

 駐車場所はどこですか、と、暖簾をくぐって聞きましたところ、テーブルの横の椅子に、お二人座っているうちのご主人が答えてくれました。お店と道路を隔てた反対側にあり、スペースは3台分ありました。
ご夫婦できりもりしているお店です。

 川幅うどん食べに来ました。どんなメニューがありますか。と聞きましたところ、ご主人がメニューを出してくれました。この季節どちらをお奨めですかと問いましたところ、きょう(の気温からすると)は冷たいものでも温かいものでもお好みで・・・というニュアンスでしたので、しばし思案の末、「川幅冷やしうどん」を頼みました。

 思案したという理由の一つに、かき氷のメニューが壁に貼ってあったのとあわせ、かき氷器がお客の見えるところにデンと置かれたあったからです。

 店内をながめると絵があちこちに掲げてあるのが目に留まりました。奥様に、「同じタッチで描かれているようですが・・・」と、声をかけたところ、常連さんが持ってきたものです。とのこと。お気に入りの絵がありましたら、額縁代だけでいいそうです。と、申し添えの言葉がありました。

①福ちゃん 川幅うどん

②福ちゃん 川幅うどん

 汁は冷やしに合わせたのでしょう、さっぱり系でした。メンの厚さはほどほどで、食べにくくはなかったです。
 熱いうどんで川幅の場合は、どんな汁の味を出してくれるのかなと、食べながら思いました。やはり両方を比べてこそ違いが判るというものです。季節が変わったらまたお邪魔しようと思いました。
 
 ラーメンもギョウザも川幅のメニューにあります。
 「こうの巣川幅うどん」と一緒に「川幅ギョウザ」も食べてみようかなとふと思いました。コラボよろしく結構おつな味がするかもしれません。

川幅こうの巣うどん:700円
川幅冷やしうどん:600円
川幅冷やし梅かつおうどん:700円
 ※おみやげ川幅生うどん:2人前300円
 ※通常メニューを「川幅うどん」に変えられます。プラス100円。

川幅ギョーザラーメン:800円
川幅ざるラーメン:600円
川幅ギョウザ:350円
川幅マーボつけめん:800円
 ※通常のメニューを「川幅ラーメン」に変えられます。プラス100円。

こうのす川幅④

⑥こうのす川幅  取扱店


福ちゃん
鴻巣市本町8-10-9
tel 048-541-1538
休日:火曜日
営業時間:11:00~20:00
訪問日:2015年9月30日

⑦福ちゃん全景


 《福ちゃんギャラリー》
福ちゃん10 福ちゃん11

福ちゃん12 福ちゃん13

福ちゃん14

福ちゃんギャラリー⑮

こうのす川幅うどん 吉見屋食堂

 吉見屋食堂は、手打ちうどん、手打ちそばのお店です。
 鴻巣駅西口から徒歩3分のところにあります。
 今日は車で出向きました。駐車スペースは4台、5台といったところでしょうか。
 「こうのす川幅うどん」を食べに来ました。と伝えたところ、奥様でしょう、早速メニューの説明をして頂きました。人気の川幅うどんは、「川幅肉汁うどん(600円)」、「川幅田舎汁うどん(600円)」、「川幅けんちんうどん(750円)」の三つで、川幅と普通サイズのうどんを食べ比べてみると、その味わいの違いが判るので、合盛をお奨めしますよ。ということでした。肉汁は、にんにく、しょうがで香りづけしてあること。田舎汁は、ネギを香ばしく焼き、ナス、キノコ、豚肉、アブラアゲを入れてあること。そして、合盛なら、550円となることを教えてもらいました。肉汁が一番人気のようでしたが、今回は田舎汁を頼んでみることにしました。そのすぐ後、顔見知りのお客様のようです、「肉汁うどん」を川幅との合盛で注文していました。一番奥の畳席では、手打ちそばを食べ終えた先客がいつのまにかお昼寝を決め込んでいました。
 汁はしっかりこってり系です。川幅と普通サイズの両方を出したからでしょう、味が濃いようでしたらと、水を入れた器を一緒に持ってきてくれました。私は最初に川幅を、その後普通サイズを食べたので、汁に水を加えるということはしませんでした。「うどん」は、こしがしっかりしています。「川幅」は幅がある分、のどごしを通しやすいように滑らかな触感となるように、一工夫加えた打ち方をしていて、食べやすかったです。何れも手打ちという、手前であったからこその出来具合となっていました。となれば、次は手打ちそばを食べてみたくなるというのが人情というものです。そうそう奥様からのメッセージをお預かりしました。2階はアパートになっていて、入居者は、食堂の食事が半額で食べられます。とのことでした。女性の入居者が多いそうです。二階家の写真を載せましたのでご参照ください。もう一つ良いお話しを。2年ちょっと前から住人となってるクロネコの「ダイジ(2才)」を触る機会に恵まれた皆さんそれぞれに、福が到来したことを具体的な事例でお話ししてもらいました。今日は、お昼寝しているとのことでしたので、会うことはかないませんでした。

 田舎汁 吉見屋食堂①

川幅うどんとうどんの合盛 吉見屋食堂②

【吉見屋食堂:鴻巣市栄町3-27.048-541-5324.休日:火曜.営業時間:12:10~14:00.17:00~20:00.】
③吉見屋食堂


 
 
 ・・・   ・・・   ・・・

 こうのす川幅グルメは、鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の幅が日本一であることにちなんで誕生した「こうのす川幅うどん」に代表される鴻巣市のご当地グルメです。
 普段の川幅は数十メートルですが、国土交通省は河川敷を含めた堤防の間を「川幅」と定めており、河口より上流62キロメートル地点の両堤防間の幅が2,537メートルであり、日本最長となります。
 現在、御成橋のたもとと吉見町大和田の堤防に、「川幅日本一の標柱」が建てられています。(鴻巣市役所公式サイト)


馬力屋の川幅鴨汁うどん

 前回一人のときは、「蕎麦屋の馬力屋」の評判のもと、ソバを食べに行きました。
 そのとき、お品書きをみたら、「川幅鴨汁うどん」も載っていました。


 今回は二人で、くだんの「川幅鴨汁うどん」を食べに行きました。
 麺も汁もカモも口に合いました。
 好物のナスが入っているとのことでしたので、野菜天ぷらも頼みました。
 
 
①馬力屋川幅鴨汁うどん

②つけ汁

④野菜天ぷら



 馬力屋
 埼玉県鴻巣市滝馬室948-1
 電話 048-542-9055
 営業時間 11:15~14:30
        17:30~22:00
 定休日  木曜日の夜の部 
※川幅鴨汁うどん 900円
※野菜天ぷら(三品:ナス、シイタケ、インゲン) 380円
 

 鴻巣名物の「川幅うどん」を食べたのは、今回の馬力屋で6軒目となりました。
 まだ行っていないところ4軒には、今年中には行きたいなと思っています。
 ひととおり食べ終わってから、それぞれのお店の麺や汁の特徴などをまとめて、箇条書きに表してみたいなとも思ってます。
 
 そういえば、馬力屋は、「鴻巣コウノトリ商品券」は、取り扱っていないお店でした。他のところはどうだったでしょうか。




《鴻巣川幅うどんお品書きのあるお店》
・吉見屋食堂:048-541-5324
  (栄町3-27.火曜休み.・昼休憩有)
・小松や:.048-596-3564
  (箕田4040-3.月曜休み.・平日昼休憩有)
・福ちゃん:.048-541-1538
  (本町8-10-9.火曜休み.・11:00~20:00)
・てらや:048-578-4021
  (寺谷146-1.無休.・11:00~17:00)
・久良一:048-542-5542
  (人形4-1-36.木曜休み.・昼休憩有)
・花久の里:.048-569-3811
  (関新田343.火曜休み.・11:00~14:00〈~15:00〉)
・天神大むら:.048-542-8028
  (天神1-10-41.火曜休み.・昼休憩有)
・長木屋:.048-541-0371
  (本町5-5-2.木曜休み.・昼休憩有)
・小山屋食堂:.048-541-0064
  (本町5-9-2.日・祝・第2土曜休み.・昼休憩有)
・馬力屋:・048-542-9055
  (滝馬室948-2.木曜の夜の部お休み.・昼休憩有)


プロフィール

むさしの想坊

Author:むさしの想坊
 これから何が飛び出してくるのでしょうか。ひきだしの奥にしまっていたものと合わせ、足跡を綴っていきたいと思います。
 昨日は金環日食をみることが出来ました。
・東京スカイツリー開業日の2012年5月22日記。

最新記事
リンク
カテゴリ
おりふし
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
アルバム
最新トラックバック
FC2掲示板
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: