知らなかった 「毒蝮三太夫 鴻巣に来る」・・・一般財団法人 鴻巣市観光協会

2018/ 03/ 12
                 
 
 つい先ごろ、「一般財団法人 鴻巣市観光協会」のフェイスブックが開かれていることを、遅ればせながら知りました。

 「鴻巣びっくりひな祭り」開催期間中(~3月11日)に、鴻巣市観光協会が置かれている「ひなの里」に数回足を運びました。
 最初は2月16日(金)、2回目は2月24日(土)、そして3回目は3月11日(日)の3回です。

 
 このひなの里に、毒蝮三太夫さんが3月1日(木)にやってきていました。

その3 毒蝮三太夫 ひなの里


 TBSラジオ、午前11時22分から約15分位の中継放送だったそうです。
 全然知りませんでした。ひなの里のホームページにも、一般財団法人鴻巣市観光協会のホームページにも掲載されていませんでしたし、ましてや鴻巣びっくりひな祭りの2月、3月のスケジュール表にも載っていませんでしたので、まさに「びっくり!!」でした。
 事前に知っていれば、毒蝮三太夫さんの尊顔を拝めたものを・・・と残念でなりません。一度はあの毒舌を直接目の当たりにしてお聞きしたいと思うのは、わたし一人だけのことではないでしょう。


 2月16日は、鴻巣びっくりひな祭りの初日でした。スタンプラリー全会場を巡っての最終サテライト会場としてひなの里のおひな様を見ました。

 2月24日は、午前11時15分からのオペラコンサートを聴きに行きました。今回が初めての公演だそうです。
 (11:15 12:15 13:45 14:45の4回公演)

 3月11日は、午前11時からの雅楽を聴きに行きました。昼休み休憩を挟んで、午後1時からの舞楽も観賞することができました。太鼓などの鼓による演奏も午後1時45分からあるということでしたが、2時からエルミこうのすでお披露目される動画「ともだち」の上映がありますので、次回の機会に委ねることにしました。
 今年で2回目の公演となりましたとのことでした。
 (11:00雅楽 13:00雅楽・舞楽 13:45鼓楽 15:00舞楽
 15:45弦楽)


8-2
   (「ひなの里」2018年3月11日)


                 
        

鴻巣シティプロモーション動画「ともだち」 3月11日エルミこうのすで完成お披露目会開催

2018/ 03/ 11
                 
 3月11日(日)午後2時から、エルミこうのすショッピングモール1階のセントラルコートにおいて、「鴻巣市シティプロモーション動画『ともだち』完成お披露目会」が開催されました。

   7びっくりひな祭り


 8分37秒の動画です。
 鴻巣市若手政策研究プロジェクトメンバーの6名を中心に制作した動画です。
 勿論、監督と主役などの皆さんは、プロの面々です。
 32名の出演者のうち、鴻巣市民26名の皆さんが重要な場面に登場しています。

   8川幅日本一


 
「あらすじ」
 幼少期、ひな人形(男雛・女雛)をこよなく愛し、友達のようにかわいがっていた優里。しかし、ひょんなことから男雛をなくしてしまう・・・。
 ・・・ 時が経ち、成長した優里は、痛んだ片割れの女雛を思い出し、人形工房へ修理の依頼に伺うのだが、そこで・・・

   6

   7



 鴻巣市シティプロモーション動画「ともだち」の上映前に、プロジェクトメンバー6名の皆さんがひな壇の前に立ち、動画制作の意図(・・・人口減少社会の対策として市が誇る「ひな人形」をキーコンテンツに、本市を連想させるイメージとストーリー性を持った・・・)などのお披露目がありました。

1.6人メンバー


 また、8分37秒の動画が終わった後には、監督と主役お二方、そして出演した鴻巣市民の皆さんのお披露目がありました。

 動画➮    鴻巣シティプロジェクト動画ともだち


    上映中の   鴻巣市シティプロモーション動画「ともだち」 
   2 ともだち




  ☆「ともだち」動画に「久良一」の川幅うどんを食べるシーンがありました。
    (3月11日のお昼、久良一の駐車場には、県内外のそこかしこ〈静岡、土浦、八王子、千葉、習志野、川越、大宮、熊谷〉のナンバープレートを付けた車が停めてありました。入口には何人もの人たちが行列を作って並んでいました。)

   1 久良一 その1

   2 久良一 その2



   4 緑を紡ぐまち.
   5花かおり緑あふれ人輝くまち こうのす


                 
        

こうのすびっくりひな祭り3月3日カルテット演奏 弦楽合奏団 アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ

2018/ 03/ 06
                 
 
 2本のヴァイオリン、1本のヴィオラ、1本のチェロ。
 2018年3月3日(土)午後4時から、エルミこうのすショッピングモールにおいて、弦楽合奏団 アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾのメンバー4人による演奏がありました。

チエロ 20180303 カルテット


 「こうのすびっくりひな祭り」では、毎年3月3日にカルテットによる演奏を聴くことができます。

カルテット 20180303 -2-


 Ensemble KONOSU virtuosoは、2000年(平成12年)に鴻巣市が設立し、鴻巣市文化センター(クレアこうのす)をフランチャイズとしている弦楽合奏団です。

カルテット -3-


 司会の方が、アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾのこれからの演奏会日程を2つ紹介していました。

カルテット -8-


◇「アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ団員によるトーク&室内楽コンサートシリーズ
「ヴィルトゥオーゾ音楽の森・夏」
中村勇一プロデュース「クレアの森コントラバスカルテット ver.3.0 ~2度あることは3度ある~」
■プログラム
★G.P.テレマン(H.Carrerais編曲)/4つのヴァイオリンのためのコンチェルト ト長調
★S.シェーファー/タタタタ(ベートヴェンのポプリ)
★E.エルガー/エニグマ変奏曲よりニムロッド
★S.ガルシア/リバー・フィッシャーマン
★塩見康史 編曲/日本のうたメドレー第3集 ~四季のうた~
(朧月夜~茶摘み~夏の思い出~埴生の宿~旅愁~スキー)
★A.ピアソラ/アディオス・ノニーノ
★A.ピアソラ/ラ・ミスマ・ペーナ(同一の罰)
★S.シェーファー/ガルガンツァ
■日時 2018年7月22日(土)15:00開演(14:30開場)
■会場 鴻巣市文化センター 小ホール
■【自由席】一般2000円/U-25チケット※1000円
※U-25チケットは25歳以下対象
 友の会会員は5割引(U-25は対象外)


こうのすびっくりひな祭り STAFF 20180303


◇鴻巣市「市民の日」記念/(公財)鴻巣市施設管理公社設立25周年記念事業
「弦楽合奏団 アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ 第21回定期演奏会」

コンサートマスター(指揮)・お話:齋藤真知亜
ヴァイオリン独奏:徳永二男

今回は、(公財)鴻巣市施設管理公社25周年を記念する特別なプログラムとして、
日本を代表するヴァイオリニスト徳永二男氏を、ヴァイヴァルディ「四季」の
ヴァイオリンソロに迎えての公演です。
そして、鴻巣市「市民の日」記念として入場無料の公演です。
この機会ぜひお聞き逃しなく!

■プログラム
・ヴィヴァルディ:「四季」(ヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」より)
・A.Vivaldi:"La quattro staggioni"
シェーンベルク 「浄夜」 作品6
・A.Schoenberg:Verklaerte Nacht op.6
■日時 2018年10月6日(土)18:30開演(18:00開場)
■会場 鴻巣市文化センター 大ホール
■入場無料【全席指定】(「市民の日」記念による)
 ※チケットが必要です。


                 
        

鴻巣びっくりひな祭り 2018年3月3日 祥韻会 筝の演奏 

2018/ 03/ 03
                 
 
 荒城の月などお馴染みの曲や、筝曲として聴き馴染んでいる曲の他、初めて聴く曲もありました。


1-3-4人筝曲


1筝曲 20180303


 沢井忠夫氏の作品「鳥のように」(〈※〉)もその一つです。 箏独奏です。他の楽曲は四人お揃いで奏でました。

4


(註〈※〉「鳥のように」:
・作曲年 1985年1月
・構成 箏独奏
・時間 9分
・解説 鳥のように大空を翔けることが出来たら… という夢は誰もが持っている。それは普段、意識の底に眠っているが、何かのきっかけで時折目覚める。例えば、憧れの時、よろこびの時、それは心を満たし、大空を漂う。鳥のように。






 以前、「違いのわかる男」というインスタントコーヒーのCMが随分と長い間流れていましたが、そのCMにも沢井忠夫氏は顔を出しています(1985年)。

  沢井忠夫 違いのわかる男



 遠藤周作がこの「ネスカフェゴールドブレンド」のCM(〈※〉)に最初に出たのが1972年でした。狐狸庵先生として出演していましたっけ。その後40年目のリニューアル(1970年は映画監督の松山善三)として、2008年に「まもりながら、変えていく」というキャッチコピーで、唐沢寿明(CG画面による。「違いのわかる男」シリーズ最後の2003年に出演) とともに在りし日の姿で出ていました。

   遠藤周作 違いのわかる男



(〈註〉ネスカフェ・ゴールドブレンドのCM音楽『めざめ』の作曲者は、八木正生(1932年11月14日-1991年3月4日〈58歳没〉/
2018年3月4日で没後27年を迎える)



5


                 
        

太鼓祭in鴻巣びっくりひな祭り2018 特別ゲスト「すわんど」

2018/ 02/ 27
                 
 フィナーレを飾った特別ゲストは「すわんど」。
 10人のドリームユニットメンバーのうち、今回は7人が出演しました。

2-15特別ゲストすわんど 1-7 スワンド 大太鼓

   寺門 勝
   響 道宴
   秋田敏博
   小川大介
   大倉達則
   谷川祐司
   愛

の皆さんです。

 「すわんど GOLDN・TIMES」は30分を超える熱演となりました。


1-12-1 太鼓 背中


 今回の太鼓祭には、15(ゲスト含む)の和太鼓団体が出場しました。結成間もない初出演のチームあり、女性だけで構成しているチームあり、玄人はだしの演奏をするチームありと、日本の伝統楽器を自在に操る奏者の皆さんの力演により、まさに和太鼓のお祭りとなりました。
 多彩な音の響きを心ゆくまで楽しむことができました。
 トップバッターを務めた鴻巣市議会太鼓倶楽部は、今回は3回目の出演となるのでしょうか、年々腕前があがっていることは会場の皆さんも良くご存知のようです。演奏後温かい拍手を背にして舞台の袖に引きました。

2-1鴻巣市議会太鼓倶楽部  1-2

 
 「鴻巣びっくりひな祭り」は今年で14年目を迎えていますが、「太鼓祭in鴻巣びっくりひな祭り」は今回で10回目の開催となっています。

1-19 ひなまつり 旗


1-11 表紙

2-2和太鼓 月光.

2-3逢泉組 -

2-4 仁 -

1-3 大太鼓 左右打ち

2-5 新風 -

2-6 どん助

2-7 dragon blossom

1-13 - コピー

2-8伊奈町綾瀬太鼓

2-9niko双鼓

2-10 和太鼓我道武蔵

1-4 - コピー

2-11唐破風

2-12PAREID

2-13 桐生西高校13代目 和太鼓部

1-1

2-14日本太鼓協会公認指導員TEAM  集

1-14


 会場のクレアこうのす(鴻巣市文化センター)の舞台面積は284.24㎡、通常の席数は1,132席となっていますが、大団円を迎えるころには、1階の後方では立ち身の観客も大勢いらっしゃいました。

1-17 クレアこうのす
 
 主催は一般財団法人日本太鼓協会、共催は鴻巣市観光協会、協賛は諏訪工芸。
 無料のイベントです。入場者にひなあられが配られました。
 来年が待ち遠しいです。

     1-10  ひなあられ