大豆のお肉 カラシ菜

2017/ 03/ 03
                 
 ブロックタイプの「大豆のお肉」(〈※〉)(90g.賞味期限:2017年6月15日)が冷蔵庫に入っていました。
 先日、摘み取ってきたカラシ菜もあります。

 昼食、何を食べようかと思案していた矢先に、目にとまった二品です。
 この両者を使って、サッサッとお惣菜を作ることにしました。

 大豆のお肉は、茹でて戻すと、2.6倍ほどの量になります。
 私は蒸してから調理することにしました。
 茹で時間は5~8分ですので、蒸し時間を4分ほどにしました。
 野菜は蒸すと甘さと柔らかさが増しますので、カラシ菜も蒸しました。(2分ちょっと)

 ・熱したフライパンにバターを入れます。
 ・蒸した大豆のお肉を入れて炒めます。
 ・蒸したカラシ菜を加えて炒めます。

カラシ菜と大豆のお肉①
 今回の調味料は、オイスターソース、PASTA AGLIO OLIO PEPERONCINO、MAGIC SALT、ガーリックパウダー、黒酢です。最後にショウユをちょぴっと加えて出来上がりにしました。
 ハーブを何か添えればよかったですね。冷蔵庫にはバジルとオオバしか入っていませんでしたが。
 そういえばガラス瓶入りの乾燥レモングラスもおいてありましたっけ。
 
 〈※〉大豆のお肉:・唐揚げや酢豚、カレーなど、お肉の代わりとして、幅広い料理に使ええます。
 ・高タンパク、・お肉と間違えるほどの食感、・大豆の栄養を手軽に食べられるので、時代のニーズにマッチングする人気が高まってる食材の一つです。



今日は3月3日でしたね。
帰宅は遅くなりますが、寝酒の代わりに「甘酒」を飲んでから床につこうと思っています。
 「ひじりの酒粕」の袋には、「甘酒の作り方」が記されていましたので、レシピとしてそのまま使おうと思います。

「材料(4人前)」
 ・酒粕 200g
 ・砂糖 60~100g
 ・根しょうが、塩 少々
 ・水 800㏄