真言宗 智山派 五智山 成就院 本堂鵤工舎施工

2017/ 03/ 11
                 
 成就院(じょうじゅいん・埼玉県行田市長野7618.℡048-559-0360)の今の本堂は、現代の宮大工を代表する小川三夫(〈※〉)氏の率いる鵤工舎(いかるがこうしゃ)が施行しました。落慶は平成11年(1999年)です。

①成就院本堂
〈※〉小川三夫(おがわみつお):昭和22年(1947年)、栃木県生まれ。昭和41年(1966年)、栃木県立氏家高等学校卒業。卒業後、西岡常一棟梁の門を叩くが断られる。飯山の仏壇屋、日御碕神社、酒垂神社で修行をしたあと、昭和44年(1969年)、西岡棟梁の内弟子となる。
 法輪寺三重塔、薬師寺金堂、同西塔の再建に副棟梁として活躍。昭和52年(1977年)、鵤工舎を設立。以後、国土安穏寺、国泰寺をはじめ、全国各地の寺院の修理、改築、再建、新築の設計・施行、模型製作に当たり現在に至る。
〈『木のいのち木のこころ(地)』発行所㈱草思社.1994年4月5日 11刷によるプロフィール〉



《成就院の開創は、天正年間(1573年~)で、開山敒宥和尚(ちんゆうわじょう)から現在まで歴代二十一代です。
 ご本尊は不動明王です。
 ・・・
 境内には享保14年(1729年)建立の三重塔があり、県の指定文化財になっています。
 塔本尊の葉衣観音(ようえかんのん)は、忍城主阿部豊後守忠秋公の帰依仏と伝えられています。
 なお県内に現存する江戸時代建立の三重塔は、比企郡吉見町安楽寺、川口市立野西福寺と本寺の三基のみです。》
②成就院山門三重塔
 成就院 山門・三重塔



 また、成就院は、忍城下七福神(〈※〉)の「寿老人」のお寺でもあり、行田十五番霊場(〈※〉)「十三番札所」でもあります。

成就院 寿老人 2017年
〈※〉忍城下七福神:
1.行田八幡神社(大黒天)行田市行田16-23
2.真言宗智山派遍照院(福禄寿)行田市駒形1-4-18
3.浄土宗大長寺(毘沙門天)行田市行田23-1
4.真言宗智山派宝積寺(恵比寿神)行田市谷郷1-2-8
5.真言宗智山派成就院(寿老人)行田市長野7618
6.真言宗智山派遍性寺(弁財天)行田市若小玉2980
7.曹洞宗興徳寺(布袋尊)行田市下中条1619-2
(行田忍城下七福神は、行田市忍城下にある7寺社で構成される七福神めぐりです。忍藩堂の方が中心となり、2011年3月に始まり、通年でスタンプを受け付けているといいます。〈台紙は構成寺社で200円にて購入可能、七福神が描かれた絵図は1000円にて忍藩堂で購入可能です。〉)

④成就院七福神説明書き


〈※〉行田十五番霊場:
1.遍照院(行田市駒形1-4-18)
2.正覚寺(行田市城西4-3-21)
3.宝蔵寺(行田市持田5908-1)
4.持宝院(行田市上池守728)
5.宝珠院(行田市和田685)
6.観福寺(行田市南河原1500-1)
7.慶岩寺(行田市酒巻1862)
8.宝泉寺(行田市斉條737)
9.真福寺(鴻巣市屈巣3715)
10.宝珠院(行田市樋上262-1)
11.竜泉寺(行田市若小玉2370)
12.神仙寺(行田市小針2789)
13.成就院(行田市長野7618)
14.安楽寺(行田市埼玉4977)
15.満願寺(行田市野744)
(行田救済菩薩十五霊場は、行田市・鴻巣市の15ヶ寺が平成4年(1992年)に、衆生救済菩薩の霊場を結成したといいます。)