土筆66本 甘辛煮  スヴャトスラフ・リヒテルの思い出

2017/ 04/ 14
                 
  このブログを書き始めようと思った矢先、これからリヒテル(〈※〉)の放送が始まるよ。と家人の声。


〈※〉スヴャトスラフ・リヒテル:(ウクライナ生まれのピアニスト.1915年3月20日-1997年8月1日)


 NHK Eテレ「らららクラシック 新企画! ピアノの巨匠リヒテルに克典が迫る」の30分番組が始まったところでした。

 リヒテルのアメリカデビューは1960年、初来日は1970年の大阪万博の年です 
 8回も来日した親日家でもあり、旅行が大好きでもあったという彼は、日本の62都市を訪ね、のべ162回の演奏会を開いています。
 旅先では神社仏閣を巡るだけで なく、茶の湯などの伝統文化にも深い興味を示し、茶室でのコンサートを開いたこともあり、1981年3月 蕉雨園(東京・文京区)で収録したときの様子も番組の中で高橋克典さんが 感想を述べていました。

 私の東京時代、リヒテルのチケットは3回購入し、うち2回彼の演奏を目の当たりにすることができました。1回は何らかの理由により、来日そのものがキャンセルされ払い戻しされています。

 コンサート会場には、最初のときは一人で行き、2回目のときは二人で行きました。その相棒は男性でした。どうして相方が女性でなかったのか今以て解せないでいますが、その男性の御母堂から、わが子が生まれて初めてピアノコンサートに行くことができたとお礼の言葉をもらいましたので、まあ、それはそれで良かったんだと思うことにしました。
 私としては、特にこの2回目に聴いたときのリヒテルの演奏は生涯最高の思い出となりました。
 最後の曲の演奏が終わるか終らないというそのほんのちょっとした空間の隙間に、観客全員が一斉に立ち上がり、怒声とも聞こえるブラボーコールの嵐の波の渦が彼を包んだのです。
 すくっと立ち上がったその瞬間のリヒテルの真赤にも染まった輝かしい笑顔は、今以って忘れることができません。
 



「土筆の甘辛煮」  
 桜の花が咲く時期に、食べ頃の土筆を摘み取ることができるようです。
 今日この頃、桜は大体が盛りを過ぎていましたので、大体の土筆もトウが立っていましたが、調理ができるくらいの量を何とか探しだして持ち帰ることができました。

①土筆 20170407

 土筆66本はゴマ油で炒めてから、甘辛煮にしました。

②土筆の甘辛煮 20170407

 こんなに少なくなってしまうんですね。

 明日の朝食の一品に加えることに致します。









                 
        

鴻巣公園・勝願寺の春 2017年4月

2017/ 04/ 14
                 
 春4月、二度目に訪れた勝願寺の桜は、花びらが散り始めていました。

45 勝願寺 散る桜 20170407


 4月2日の鴻巣「さくらまつり」、今年は3会場全てをみることができました。

⑭鴻巣公園 2017年4月2日

⑮ 鴻巣公園 20170402

⑯鴻巣会場 抽選会 20170402
 鴻巣「さくらまつり」鴻巣会場:抽選会(鴻巣公園・2017年4月2日)



 そして、4月7日もソメイヨシノが満開になった頃ということで、再びぐるっと見て回りました。
 鴻巣公園そしてお隣の勝願寺の桜も、今年の見納めとなりました。

44 鴻巣公園 20170407
 鴻巣公園(満開の桜・2017年4月7日)

48 勝願寺の桜 20170407
 勝願寺(2017年4月7日)







                 
        

吹上元荒川の春 2017年4月

2017/ 04/ 14
                 
 元荒川は、埼玉県熊谷市に源を発し、埼玉県越谷市で中川と合流するまでの60.7kmの1級河川です。
 行田市、鴻巣市、久喜市、桶川市、蓮田市、白岡市、さいたま市岩槻区を経由し、越谷市中島までが元荒川となっています。
 元荒川は、特徴とすることが二つ挙げられます。
 その一つは、水路と立体交差する場所が2か所もあることです。鴻巣市袋付近で武蔵水路と、そして白岡市柴山・蓮田市高虫付近で見沼代用水と立体交差しています。
 もう一つは、 かつての元荒川は荒川扇状地の湧水を水源としていましたが、現在は水源が枯渇したため、現在の源流はポンプで汲み上げた地下水(人工水源)となっているということです。

 また、元荒川沿いには、桜の名所〈〈※〉〉が随所にあることでも知られています。
 お花見シーズンになると桜まつりが何処も開催され、賑やかな桜並木沿いとなります。


〈※〉:元荒川沿いの桜の名所
 ⁂鴻巣市鎌塚地区、元荒川の桜並木 : 両岸約2.6kmに500本の桜並木。
 ⁂白岡市西地区、八幡橋付近の桜並木: 元荒川の八幡橋付近の左岸約2kmに桜並木
 ⁂蓮田市椿山地区、元荒川河川敷公園付近の桜並木:公園を中心として元荒川の両岸の前後数kmに渡って450本の桜並木。
 ⁂さいたま市岩槻区の太田地区、岩槻城址公園の桜: 園内およびその周辺に約600本の桜が咲く。
 ⁂越谷市北越谷地区、元荒川の桜並木:北越谷第五公園から大沢橋までの左岸約2kmに約400本の桜並木。



 夜桜見物には、今年も出かけませんでしたが、吹上元荒川の桜見物には、鴻巣「さくらまつり」のときと、4月7日の2回足を運びました。
 4月2日の桜はイマイチの咲き具合でしたが、 
⑫吹上会場 屋形船 20170402

⑪吹上さくらまつり 20170402

次に出向いたときには見ごろとなっていました。
23 元荒川の桜 20170407

21-2 元荒川の桜 20170407

24 元荒川の桜 20170407



  吹上「さくらまつり」のお花見のときには、ユデタテ、ウチタテの手打ち蕎麦を頂くことができました。
  「北彩そばの会」会員のチームワークによる出来立てのソバの写真、後ほどアップしたいと思います。(写真掲載、ご了承頂いております。)









                 
        

行田市忍川の春 2017年4月

2017/ 04/ 14
                 
  熊谷市市街地の星川通りに沿って、川が流れています。
  鎌倉町の星溪園前で地上に現れた地点から星川と呼ばれている人工水路です。
  両岸は星川通りとして整備されていて、藤井堰など農業用水の取水施設もあります。

  その星川が東北東に進み、国道17号の下に潜って行田市に入り、一級河川忍川となります。
 このあたりから自然河川の雰囲気を漂わせはじめた川は、行田市市街地の西までほぼ真東に流れていきます。
 この間平戸用水・衣川用水等の流末を左岸に合わせ、右岸から杣殿用水等が分かれます。そして、行田市市街地を巻くように大きくカーブし、行田市駅・東行田駅間の中間地点で酒巻導水路と合流して、秩父鉄道・国道125号を潜って東南へ転じます。

 行田市市街地を抜けた後は、ほぼ真南へ流れていきます。

  (行田市忍川の桜〈2017年4月7日〉)
⑯忍川の桜 20170407


 すぐ東側を武蔵水路が並行しています。
 武蔵水路と最も近接する野合橋下流左岸に佐間水門があり、増水時には忍川の一部が武蔵水路に放流されます。

 鴻巣市に入り、武蔵水路が元荒川を伏せ越す地点のすぐ上流で、元荒川左岸に合流する川となっている、忍川です。










                 
        

さきたま古墳公園の春 2017年4月

2017/ 04/ 14
                 
 4月5日、さきたま古墳公園の桜です。見頃は、もうちょっと先でした。

 facebookの友だちの一番多かった桜の写真が、さきたま古墳公園の丸墓山古墳の桜でした。
 皆さん、見頃、撮り頃を良く知っていらっしゃいます。

④さきたま古墳公園

③さきたま古墳公園の桜20170405

②さきたま古墳公園の桜

①さきたま古墳公園20170405




 今年の春は、あちこちに花見に行ったというか、写真を撮りに行きました。このあと、記録という意味も含めて、数カ所で撮った写真をアップしたいと思っています。