カワセミ百態(MY2016-2017 series・9)  カワセミの求愛給餌

2017/ 05/ 13
                 
 求愛給餌で、やはり真っ先に思い浮かぶのがカワセミです。
 微笑ましいですね。

1-15②20170410 
 my20170410fbup




翡翠や求愛の餌を口移す   野村由美


























                 
        

NHK おはよう日本 バラ咲くまち訪ねて ~群馬 前橋~

2017/ 05/ 13
                 
 今朝〈5/13(土)、7:30~〉のおはよう日本「関東甲信越」。
 新聞のテレビ番組欄には、「▽バラの祭典から中継&バラ産地訪ねる旅も▽ウオーキングで健康」と書かれていました。
「バラと “緑” の祭典」は埼玉県所沢市、「バラ咲くまち訪ねて」は群馬県前橋市からの放送でした。
 

 群馬県の今年度のリポーター役を務める女性アナウンサー・キャスターは6人いますが、今日の担当は前橋市出身の武田 涼花(たけだ すずか)さんでした。4月現在で35市町村の内既に16の地域のリポーターをしています。「町で見かけたら気軽にお声がけくださいね♪」とのことです。

 その前橋市の敷島公園では、今日5月13日(土)から6月4日(日)までのあいだ、「春のばら園まつり」が開催されています。《約900台駐車(第一・第二・第三駐車場)できます。前橋市敷島町262 電話番号027-232-2891 問い合せ:前橋市公園管理事務所 027-225-2116 》

 
 武田涼花さんが、バラの産地を訪ね、バラのお茶の香りに親しみ、そして群馬大学のキャンパスに西田 直嗣(にしだ なおつぎ、1968年8月 - )教授を訪ねます。

 西田直嗣氏は、群馬県出身の詩人、大手拓次の詩を20以上の曲(〈※〉)にしている作曲家(〈※〉)でもあります。萩原朔太郎の詩の幾つかも作曲していることが判りました。

《〈※〉例示
・混声三部合唱のための『ばらのあしおと・日輪草』詩/大手拓次(2004年)
・混声三部合唱のための 組曲『薔薇のもののけ』詩/大手拓次(2007年)
・混声四部合唱のための 組曲『薔薇のもののけ』詩/大手拓次(2014年)
・ソプラノ独唱のための『昔の恋』詩/大手拓次(2009年)
・ソプラノ独唱のための『すぎし日のばらの花』詩/大手拓次(2009年)
・ソプラノ独唱のための『ひとつの薔薇』詩/大手拓次(2009年)
・3重唱のための、組曲『薔薇もののけ』詩/大手拓次 (2010年)
・ソプラノ独唱のための「大手拓次の詩による『4つの薔薇の歌』」詩/大手拓次(2014年)》

《〈※〉作曲した詩人の例示
・大手拓次
・萩原朔太郎
・三好達治
・清岡卓行
・黒田三郎
・森崎昭生
・滝口雅子
・北川雅子
・宮ゆりか
・三木かほり
・渋谷弘子
・田代好子
・石垣りん 》



 ふと、思い立って2階に上り段ボール箱を開けてみました。
 大手拓次の詩は、『日本詩人全集 19』(発行所:株式会社新潮社.昭和43年11月25日発行)に、堀口大学、西條八十の名前に連なって載っていました。
 拓次の詩には、バラを題にしたものが大変多いということがみてとれました。
 『近代詩鑑賞辞典』(編者:吉田精一・分銅惇作.発行所:株式会社東京堂出版.昭和44年9月15日初版発行)には、53ページから56ページにかけて詩人のひととなりと交遊、そして作品について記述されていました。

外函つきの本を開けてページを括ろうとしたとき、本の一番後ろのページに二つ折りにした和紙が入っているのが目にとまりました。

 三月三日(金)と記された二枚の手紙でした。