第12回「女が嫌いな女・2017」 週刊文春  8月17・24日夏季特大号

2017/ 08/ 11
                 


 週刊新潮の表紙は、「8月17日・24日夏季特大号・特別定価420円」、
 週刊文春の表紙は、「8月17日・24日夏の特大号・特別定価450円」
となっていました。
 タイトルもちょっと違い、特別定価もちょっと違っていましたね。

  アンケート回答総数が2000を超えた、週刊文春の「女が嫌いな女・2017」 。
  16歳から83歳までの年齢のメルマガ女性会員が回答したその結果はというと。

  ワースト50位までがずらっと並んでいますが、今までぶっちぎりの得票で、三連覇中だった"絶対女王" 和田アキ子サン(今回4位)をけ散らしたのは、松居一代(前回圏外)サンでした。

 一方、政治家では、谷亮子(2010年嫌われ女王・以降もワースト3の常連)サンが初めて圏外となっていますが、
稲田朋美サンが2位(20位)、
上西小百合サンが3位(9位)、
蓮舫サンが5位(3位)、
豊田真由子サンが7位(圏外)、
今井絵里子サンが10位(圏外)、
小池百合子サンが11位(23位)、
丸川珠代サンが15位(25位)、
高市早苗サンが20位(43位)、
三原じゅん子サンが31位(圏外)、
野田聖子サンが31位(圏外)、
福島みずほサンが42位(49位)、
辻元清美サンが44位(圏外)、
と、ワースト10の中に5人、そして50人の中に12人も入る盛況ぶりとなり、かつ全員前回に比べてランクアップしているといった状況になっています。
 (政治家ではありませんが、因みに、安倍昭恵サンは今回13位で、前回は圏外でした。)

 政治離れとなって久しい日本の姿・・・というように思い込んでいましたが、2017年の夏に、これだけ政治家の名前が連なるということは、皆さんが一様に政治に関心を持つようになったといって過言ではありますまい。
 まことに喜ばしい年ではありませんか。

 閑話休題、
 私たちは、驕るマスメディア、人々を操ろうとしてしているマスメディアに踊らされているということはないですか。
 喫緊の状況からかけ離れたところでの薀蓄を傾ける探偵ごっこに明け暮れている今様を、不自然に感じませんか。
 
 不自然さを内包したまま、(わたしたち一人ひとりの思いや、思惑に関係なく)時代は急速に変化していかざるを得ないのでしょうか。