鴻巣おおとりまつり ‐1‐

2014/ 10/ 19
                 
鴻巣おおとりまつり -1-


 きょうは、「鴻巣おおとりまつり」です。
 鴻神社で神主よりお祓いを受けて、いよいよ行列の出立となります。

鴻神社お祓い


行列出発①

行列出発②

行列出発③

こうのとり伝説出発④

 

 抑々(そもそも)の由来となった地名の「鴻巣」と「鴻神社」についての理解を深めるために、鴻神社の公式ページを紐解いてみることに致します。

  鴻巣(こうのす)の地名の由来と鴻神社

 「こうのす」という地名は、古代に武蔵国造(むさしのくにのみやつこ)である笠原直使主(かさはらのあたいおみ)が現在の鴻巣市笠原のあたりに居住したとされ、また、一時この近辺に武蔵の国の統治を行う機関(国府)があったのではないかと推測されることから、「国府の洲(中心) こくふのす」が「こうのす」となり、後に「こうのとり」の伝説から「鴻巣」の字をあてるようになったと思われます。
 国府のことを「こう」と呼ぶのは、他の地名(国府台[こうのだい]、国府津[こうづ]など)からも類推され、国府のお宮を国府宮(こうのみや)と呼ぶのは、愛知県稲沢市にある尾張大国霊神社、別名国府宮(こうのみや)など、全国でも例があります。
 このことからこうのとりのお宮「鴻の宮」は「国府の宮(こうのみや)」であったのではないでしょうか。

※笠原直使主(かさはらのあたいおみ)
 6世紀に活躍した豪族で行田市の埼玉古墳群の中の稲荷山古墳にまつられています。そこから出土した大和朝廷から拝領したとされる金象眼銘の鉄剣は国宝に指定されています。

 鴻神社は氷川社・雷電社・熊野社をはじめ、多くの神々をまつる鴻巣総鎮守で社殿の脇にそびえる大いちょうの下、四季折々に様々な祭りが行われます。   


 「こうのとり伝説」についても、同じく鴻神社の公式ページから理解を深めることに致しましょう。

 こうのとり伝説①

 こうのとり伝説②

 こうのとり伝説③

 こうのとり伝説④


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント