元枢密院庁舎

2014/ 11/ 03
                 
元枢密院庁舎

 工事着手して1年5か月を経て、皇居内に大正10年(1921年)に新たに建てられた元枢密院庁舎(もとすうみついんちょうしゃ)は、現在の国会議事堂のモデルとなったといわれています。
 枢密院は、戦前「天皇の最高諮問機関」と位置付けられていました。
 当時、近世復興式と呼ばれた鉄筋コンクリート2階建ての庁舎は、国会議事堂と並んで「大正時代の歴史的モニュメント」と称されました。
 正面玄関はギリシャ神殿を思わせる高さ約10メートルの重厚なギリシャ・ドリス式の4本の柱が立っています。吹き抜けになっているホール天井にはステンドグラスが組み込まれているそうです。

元枢密院庁舎①

 この建物は戦後、皇宮警察などが利用してきました。
 老朽化のため昭和59年(1984年)からは空き家となっていましたが、この度、基本的な改修工事が終わり、「皇宮警察本部庁舎」として、平成25年(2013年)春より使われるようになりました。

 皇宮警察本部は、天皇皇后両陛下や皇族各殿下の護衛と、皇居、御所、御用邸などの警備を専門に行う警察です。
 職員は、皇居護衛官、警察庁事務官、及び警察庁技官で構成され、身分は国家公務員です。
 護衛・警備の所在地は、次の通り全国11か所に及びます。

東京都: ・皇居、・赤坂御用地、・常盤松御用邸.
栃木県: ・那須御用邸、・御料牧場.
神奈川県: ・葉山御用邸.
静岡県: ・須崎御用邸.
京都府: ・京都御所、・桂離宮、・修学院離宮.
奈良県: ・正倉院.




OB会伊豆方面秋の一泊バス旅行の二日目に、沼津御用邸記念公園(旧沼津御用邸)を見学しました。

元沼津御用邸入口①
 沼津御用邸公園入口

元沼津御用邸警備詰ボックス②
 元沼津御用邸警備詰ボックス

元沼津御用邸御食堂③
 元沼津御用邸御食堂(おしょくどう)

元沼津御用邸御座所④
 元沼津御用邸御座所(ござしょ)




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント