鮭の産卵 -シリーズ3-

2014/ 11/ 12
                 

 鮭の産卵 -シリーズ3-

 鮭の卵です。
 食用としては、「スジコ」、「イクラ」という名前でお馴染みです。
 魚釣りのエサにすると、食いつきが良い一品とのこと。

鮭の卵③



 武蔵水路改善事業 

 鮭の採卵のことは、次回以降に譲ることにいたします。
遠回りから更に横道にそれることになりますが、「武蔵水路」の現状について触れておきたいと思います。
 今、武蔵水路は改善中です。【武蔵水路改善事業】として、概算約700億円の費用をかけ、平成24年度から平成27年度までの工期とする計画です。(2009年8月11日、国土交通大臣より認可された事業)

武蔵水路改善工事②

 順を追って説明することにいたします。
 まず、武蔵水路の現状と課題として、次の3項目を掲げています。
 一つ、通水機能の低下
  ・地盤沈下や老朽化により、通水能力が約30%低下
  ・老朽化による水路の崩壊、導水停止、第3者事故発生の危険性が増大
 一つ、施設の耐震性
 一つ、水路周辺の内水排除
 次に、武蔵水路改善事業の効果をみることにいたしましょう。
 一つ、安定通水機能の回復
 一つ、施設の耐震化
 一つ、内水排除機能の確保・強化
 一つ、荒川水系の水質改善
 この4つの項目を受けて、武蔵水路施設の改善計画が実行に移されていますが、ここでは割愛させて頂きます。

 武蔵水路改善工事①

 
 ~安心と親しみのある武蔵水路~
 武蔵水路の改築後の姿を一つひとつみてみましょう。
 一つ、通水能力を回復し、安定的な通水が可能となります。
 一つ、首都直下型地震にも耐えられる丈夫な施設となります。
 一つ、水路を2連化し、施設の長寿化を目指します。
 一つ、内水排除強化により、洪水被害が軽減されます
 一つ、浄化用水を導水し、荒川水系の水質維持に寄与します。
 一つ、景観に配慮した、親しみの持てる施設を目指します。

 
   計画通りに、2016年3月までに、【武蔵水路改善事業】が完了することを、地元住民の一人として願う次第です。
 
 
 







関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント