「大石田そば街道」が山形セレクションに認定

2014/ 12/ 10
                 

「大石田そば街道」が山形セレクションに認定


 大石田町には地元栽培の玄そばを生かした手打ちそば屋が数多くあり、そば文化が地域に息づいています。
 こうしたことから資源活用観光の面において、「大石田そば街道」が、平成19年度山形セレクションの認定を受けました。と、大石田そば街道振興会のパンフレットに記載されています。
 より正しく記述してみますと、 「大石田そば街道」は、「最上川三難所そば街道」と、「おくのほそ道尾花沢そば街道」と合わせた、「おくのほそ道最上川そば三街道協議会」として、平成19年度山形セレクションの「観光・関連サービス分野」において認定を受けました。という説明の仕方がより理解しやすいと思いましたので、蛇足ながら付け加えました。

 それでは「山形セレクション」とは、いかなるものなのか、紐解いていくことに致します。

 山形県による「山形セレクション認定制度」の実施要項が、平成18年4月5日に施行されています。
 認定の分野は、次の4つジャンルに区分されます。
一つは、「農林水産分野〈さくらんぼ・メロン・すいか・ぶどう・えだまめ・もも・米・りんご・西洋なし・かき・牛肉・桜(切り枝)〉」。
一つは、 「加工食品分野〈日本酒・ワイン〉」、
一つは、「地場産業型工業分野〈鋳物・家具・絨毯・置賜紬・羽越しな布・打刃物〉」、
一つは、「観光・関連サービス分野〈そば街道・最上峡舟下り〉」です。
となっています。

引き続き、 山形県公式サイトを、引用してみることに致しましょう。

【山形セレクション YAMAGATA SELECTION
 《山形セレクションとは・・・》

 山形には、その固有の自然や歴史、風土、伝統、文化などに培われてきた、たくさんの秀でた素材があり、ものづくり力があります。
 そして、今、時代は、人々の価値観が多様化するなか、「より深く生きる」をテーマに、一人一人の心を満たす“本物”を求めています。
 「山形セレクション」は、こうした時にあって、山形が持っているたくさんの素材の中から本県独自の高い基準「山形基準」をもって選りすぐり、まさに「山形の宝」として、世に発信する取組みです。 】
 
  
再び、山形県公式サイトより、認定された概要を引用することに致します。

  【 代々受け継がれてきた伝統の技と味、風味豊かな手打ちそばをおもてなしの心で
 寒暖の差が大きい山形は良質なそばがとれる有数のそば処。地域毎に栽培農家や観光団体、自治体も一体となって数々の「そば街道」を形成しています。なかでも最上川流域の北村山地域に位置する三つのそば街道では、「でわかおり」、「最上早生」、「来迎寺在来」などの地元産そば粉を主体にし、各店がそれぞれ個性豊かな「手打ちそば」を提供しています。また、「振る舞いそば」等の伝統を守りながら、「そば打ち体験」や「新そばまつり」など様々なイベントを実施しており、県外からも多数の観光客を集めています。
 ■認定事業者:「おくのほそ道最上川そば三街道協議会」
 ●認定番号23-40101   協議会を構成する三つのそば街道は以下のとおり

  ①最上川三難所そば街道 
  ・村山市内の12軒のそば店とそば打ち体験ができる農村伝承の家が加盟。山形県オリジナル品種「でわかおり」を使用。その名のごとく、そばの香りが豊かなのが特徴です。村山のそばと言えば、木製の器・長板がシンボルで、大きな板に太めのそばは、見た目も圧巻。
  最上川三難所 そば街道振興会(村山市)(村山市商工文化観光課)℡0237-55-2111
  ■加盟店  
 ・そばの陣 じゅんさい : 0237-57-2710  
 ・手打ち蕎麦 おんどり : 0237-57-2552
 ・あいかも 会館 かもや :  0237-55-5682 
 ・板そばの里 村山 手打ち塾 : 0237-55-6663
 ・手打 三郎兵衛そば : 0237-57-2305 
 ・リバーハウスはやぶさ : 0237-57-2201
 ・そば打ち道場 農村伝承の家 : 0237-53-3277 
 ・クアハウス碁点 : 0237-56-3351
 ・古原屋 : 0237-54-2345 
 ・そばやかた樽石 : 0237-56-2133
 ・後楽園そば : 0237-56-3378  
  ・くれない苑 : 0237-54-2420
 ・あらきそば : 0237-54-2248

  ②おくのほそ道尾花沢そば街道
  ・尾花沢市内の11軒のそば店が加盟。使用している品種は「でわかおり」の原種「最上早生」。昔から山形に根付いていた品種を大事にしています。毎年7月の1ヶ月間行われる「雪蔵そばまつり」では、雪の冷蔵庫で貯蔵した雪蔵そばをご賞味いただけます。
  おくのほそ道 尾花沢そば街道 ゆう遊三味会(尾花沢市)(尾花沢市商工観光課)℡0237-22-1111
  ■加盟店  
 ・手打そば たか橋 : 0237-22-0460       
 ・そば処 明友庵 : 0237-22-1819
 ・そばや匠 : 0237-23-3033       
 ・食事処 柏屋 : 0237-22-0151
 ・そば処 甲洲屋 : 0237-22-0125       
 ・徳良湖温泉 花笠の湯 そば処 べにばな庵 : 0237-24-1160         
 ・そば処 鶴子 :  0237-28-3041  
 ・銀山 だんごや : 0237-28-2235
 ・名代そば処 福原屋 : 0237-22-0035   
 ・食処 伊豆の華 : 0237-28-2036
 ・そば処 滝見館  : 0237-28-2164
   
  ③大石田そば街道 
  ・大石田町内の14軒のそば店が加盟。大石田はかつて最上川舟運で栄え、全国でも珍しい舟役所がありました。そばの品種は、この地伝統の「来迎寺在来」と「次年子在来」。
 そばといっしょに漬物や煮物を出すのが大石田流。家庭の味を楽しめます         
  大石田そば街道振興会(大石田町)(大石田町産業振興課)℡0237-35-2111
  ■加盟店  
 ・七兵衛そば : 0237-35-4098    
 ・そば座敷 平吉 : 0237-35-4091
 ・次年子産業協同組合 : 0237-35-4150    
  ・そば切り 源四郎  :  0237-35-6307
  ・手打次年子そば : 0237-35-2870    
 ・わらぐちそば :  0237-35-4148
  ・そば吉峰 : 0237-35-4839    
  ・蕎麦屋まんきち : 0237-35-3620        
  ・そば処 ふうりゅう : 0237-36-1516    
 ・おそば 美登利  : 0237-35-2133     
  ・そば処 善之助 : 0237-35-2723    
  ・来迎寺そばや 作兵衛 : 0237-35-2735      
  ・手打ち大石田そば きよ : 0237-35-4245    
  ・蕎麦処 若佐 : 0237-35-5335 
        

この記事に対するお問い合わせ
• 担当課:商業・まちづくり振興課
• 担当:県産品振興担当
• TEL/FAX:023-630-2542/023-630-3371
• E-Mail:お問い合わせはこちら  】






関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント