文藝春秋新年号は12月10日発売

2014/ 12/ 10
                 

健さん「最期の手記」死の4日前に完成「文芸春秋」新年号掲載
  スポニチアネックス 12月10日(水)7時2分配信

 11月10日に83歳で亡くなった俳優高倉健さんが、人生を振り返った内容の原稿を死の4日前に完成させていたことが9日分かった。「最期の手記」として、10日発売の月刊誌「文芸春秋」新年号に掲載される。


 手記は「往く道は精進にして、忍びて終わり、悔いなし」という比叡山「大阿闍梨(あじゃり)」の故酒井雄哉(ゆうさい)さんから贈られた言葉で終わっており、死を前にした静かな心境が伝わってくる。

 高倉プロモーションなどによると、健さんは同誌の戦後70年企画の依頼に応じ、原稿が完成したのは東京都内の病院に入院中の11月6日。原稿が同誌編集部に送られてきたのは死の当日の同10日で、最後の仕事になった。

 健さんは「文芸春秋」を毎号愛読しており、節目の時には度々寄稿していたという。手記は原稿用紙16枚分。終戦を迎えて「人生が変わる一瞬。諸行無常」を、初めて味わった経験から始まり、映画現場での苦労話なども書かれている。

 「網走番外地」などがヒットし、異常な忙しさで限界だった健さんが、撮影所を抜け出した「数十日間の孤独なストライキ」や「八甲田山」の故森谷司郎監督との熱い交流などの秘話もある。



  文藝春秋・新年号-2015年-

 【 小誌は戦後七十年企画として、高倉健さんにご自身の戦後と映画人生を振り返っていただく原稿をお願いした。高倉さんはこの依頼を快諾してくださった。
 さっそく執筆に入り体調を崩して入院後も、高倉さんはベッドの上で推敲を重ねていたという。亡くなる四日目の十一月六日に原稿は完成し、小誌編集部へと届けられた。遺稿となったこの原稿には高倉さんの映画人生のみならず、人生哲学や死生観までが記されている。それは、図らずも日本人への遺言となった。―― 】


 《特別寄稿:沢木耕太郎 ~ 深い海の底に -高倉さんの死 ~》   





   
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント