ようこそ埼玉へ 県章 県旗 彩の国キャンペーンマーク

2015/ 02/ 01
                 
 ようこそ埼玉へ 
  県章 県旗 彩の国キャンペーンマーク


≪県章・県旗≫
 まが玉16個を円形にならべたもの。
 まが玉は、古代人が装飾品などとして大切にしたもの。
 埼玉県名の由来である「幸魂(さきみたま)」の「魂」は、「玉」の意味でもあり、まが玉は、埼玉県にゆかりの深いものとなっています。
 また、まが玉を円形に配置したデザインは、「太陽」「発展」「情熱」「力強さ」を表しています。
 県旗は県章を白地に赤く染め抜いたものです。
 県章、県旗とも、昭和39年(1964年)9月1日に制定されました。

     埼玉県章 5-3
 〈埼玉県章〉

   
埼玉県旗5
 〈埼玉県旗〉



 《「彩の国キャンペーンマーク》
「彩の国キャンペーンマーク」は、埼玉県に対する親しみや愛着を高め、愛称「彩の国」の一層の普及を図るため、平成5年(1993年)11月14日に選定されました。このマークは、3人が手を取り、肩を組み合い、楽しく元気に前へ進もうとしているイメージを表現しています。各色は、「夢がいっぱい=ブルー」、「元気がいっぱい=レッド」、「自然がいっぱい=グリーン」を表しています。
彩の国さいたま キャンペーンマーク6


 (*_*)以上いずれも、埼玉県公式サイトより(*_*)

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント