わたしはムウ   -6-

2015/ 02/ 21
                 
 
 ともだち ②


 マアに会ったころ、ジョーと出会いました。
わたしはこのときもまだ犬どうしの挨拶の仕方というものを身につけていませんでした。マアのときと同じにただじっと相手の目を見つめているだけでした。
 ジョーの毛は白でした。
 

 それ以来、長いお付き合いが始まったのです。
 彼の家族は、オバアチャン、オトウサン、オカアサン、オネエサン、オニイサン、そしてジョーの6人家族です。

 オバチャンとオジチャンはことのほかジョーがお気に入りでした。なんといってもジョーはわたしのともだちであり、ジョーのオバアチャンをわたしが大好きであることを判っていましたから当然のことといえます。

 わたしはジョーのオバアチャンが大好きです。これから折に触れお話していこうと思います。後で知ったことですが、うちのオジチャン(想〈そら〉さん)のおとうさんと、ジョーのオバアチャンの生まれた年が同じだったということです。もしかしたらわたしの記憶違いか勘違いかということもあるかもしれませんが。

 ちょっとここで一言申し述べておきます。想さんのお父さんの誕生日は6月4日ですが、わたしが埼玉の家に住むことになったのも6月4日でした。偶然とはいえ、わたしが来た日の73年前の同日は、同じ水曜日だったよ。と、しばらく経ってからオジチャンが、わたしとオバチャンに教えてくれました。


⑥

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント