エリックサウス 南インドカレー&バル

2015/ 02/ 28
                 
 週刊文春 2月26日号 《切り捨て御免!  食味探検隊 56p》 

 「バルはますます多様化:バルって、そんなにお金かからないなって思えて気軽に利用できますね。最近はいろんなタイプのお店ができているので選択肢も豊富です。」
♭バール・ドンピエール・トゥット・フェリーチェ
[総合評価計66点.A16点.B05点.C15点.D15点.E15点。]
♭南インドカレー&バル エリックサウス
[総合評価計81点、A16点.B15点.C16点.D17点.E17点。]
 A:料理20点満点
 B:サービス20店満点
 C:客層を含めた雰囲気20点満点
 D:コストパフォーマンス20点満点
 E:他店にはない特徴20点満点
 合計100点満点

 八重洲地下街というロケーションとラーメン屋のようなインテリア、スタッフは日本人という要素が「南インド」というディープさを一切感じさせず、とても入りやすいのが魅力的です、一品400円、二品780円、三品1,140円というスパイシータパス制度も気に入りました。コリアンダーと黒胡椒がピリッと辛い「コリアンダーチキン」や全粒粉の軽~い揚げパンを添えた「菜食カレー&プーリー」など、ビールやワインにぴったりですし。清々しい辛味の「エリックチキンカレー(辛口)」や菜食カレー「サンバル」など、単品各650円のカレーもなかなか。
 出張時にカウンターで一人、仕事帰りにテーブルで仲間と、結構いろんな場面で使えそうです。
 〈東京都中央区八重洲2-1 ・八重洲地下2番通り ☏03-3527-9584 ・営業11:00~21:30LO(土日・祝日~21:00LO.無休〉


 週刊文春2月26日号の56㌻の切り抜きを胸ポケットにしのばせて、東京に出向きました。
 久しぶりの八重洲地下街です。東京駅の改札口を出て目的地にたどり着くまで思いのほか時間がかかってしまいました。
 地下街の案内図がとてつもなく不親切に出来ていたことが、その大きな要因であると思います。通りの名前を記さないのなら、せめて「案内所」がある場所くらい書き込んでおいてほしかったです。
 この人なら教えてくれるだろうとと思ったお店のスタッフに「八重洲地下2番通りはどこですか?…」と聞いたところ、「私は知りません。そこにある案内図をみてください。」との返事。その案合図に書かれてないのですから、何をかいわんやです。

八重洲地下街マップ①


 「エリックサウス」で昼食をとったあと、外の大通りに出て、(時間調整もかねて)寛ぎの空間「上島珈琲」で食後のコーヒーを。

上島珈琲①

 そのあと、目的地に向かいました。

 勿論、カレーも珈琲も、それぞれのお店の味は満足のいくものでした。
 

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント