CAFE 茶馬古道  さきたま古墳 行田 古代米カレー

2015/ 03/ 07
                 
 シルクロードと同じく交易路として名高い茶馬古道(ちゃばこどう)を、店名の由来にしています。という店主のお話でした。
 雲南省産の茶(磚茶)を、チベットの馬と交換したことから名づけられた流通路で、七世紀の唐や吐蕃の時代から交易が始められています。

茶馬古道①  茶馬古道②


 古代米カレーは、完全オリジナルのブレンドのスパイスの香り豊かな濃厚欧風チキンカレーと謳っています。スパイスの香りが豊かで辛め。半熟の目玉焼きと一緒に食べることでマイルドな味になります。
 サラダとスープと飲み物付で1,000円丁度。

茶馬古道③  茶馬古道④


茶馬古道⑤  茶馬古道⑥


 埼玉県行田市中央7-6
 ☏048-556-4022
 11時30分~17時
 木曜:定休
 駐車場有
 アクセス:秩父鉄道行田市駅南口徒歩5分

 《定番ランチ(フレッシュサラダ・マイルド珈琲or紅茶付)は五品》
・スパイシー 茶馬古道カレーセット ¥850
・スパイシー 焼きカレーセット ¥1,080
・昔ながらの ナポリタンセット ¥900
・プレートスタイル ジューシー豚バラ ロコモコ風 ¥1,080
・プレートスタイル チキンのパリット焼き ロコモコ風 ¥1,080


    茶馬古道⑦
 《茶馬古道では、世界の名だたる山地より選び抜かれた最高級のコーヒー豆を、八ヶ岳を展望する山梨県韮崎市の生豆熟成倉庫で数十か月もの時間をかけてじっくりとエイジング(熟成乾燥)したくテール堂の焙煎豆を使用しています。
 


茶馬古道⑦
 CAFE 茶馬古道





関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント