紅桜白桜

2015/ 03/ 25
                 
 紅梅白梅とは言いますし、聞きますが、紅桜白桜とはついぞ聞いたことがありません。

 「手打そば 馬力屋」の室内から眺めた庭に、見事な紅色の花が満開となっていました。
 お店の方に名前を伺ったところ、「カンヒザクラ」とのことでした。
 
 おせいろ(もりそば)一人前は、よそのお店の大盛り以上の量でした。ツユもソバも私の好みに合っていました。(ソバ湯はあっさり感で、残ったツユとのバランス風味を大切にしているような薄白濁色で整えています。)
 お品書きをみたら、「川幅鴨汁うどん」もメニューに載っていました。今度、宏有さんと一緒に暖簾をくぐりたいなと思いました。

 支払いを済ませて外に出て、ふと目を上げると、白色の桜の花が見事に咲き誇っているではありませんか。店に戻って、この桜の名前を聞こうかとも思ったのですが、次に来た時に訪ねればいいやとついつい思ってしまい、写真を撮って帰宅の途につきました。メモを残すということからも、やはりその名前を聞いておけばよかったなと、今思っているところです。

カンヒザクラ①20150325
 カンヒザクラ=寒緋桜


松月(ショウゲツ)②20150325
 松月(ショウゲツ)




《その後》
「白い花が咲く桜の名前」=「松月(しょうげつ)」
 淡紅色からしだいに白色となる。花は大輪の八重咲きで花弁数は25枚ほど。昔、東京荒川堤にあった名桜で、平野神社の「平野撫子」に似ていて、何れもとても美しい。

「カンヒザクラ=寒緋桜」
 中国から台湾に自生している桜で台湾緋桜,緋寒桜とも呼ばれています。
花は釣鐘状の形となり花の色と併せ独特の雰囲気をもつ桜です。
  濃い花色はとても桜とは思えません。満開の状態でも花びらは平開することなく,筒状のままです。花びらは一枚一枚落ちることなく,花房全体がツバキのようにボトッと落ちます。


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント