尺八

2015/ 05/ 30
                 

尺八(しゃくはち)の演奏会場に足を運んだことがありますか。
この八月に演奏を聴きに行く機会に恵まれそうです。

ゴルフ仲間の皆さんは、多士済々です。
駅前での反省会で、尺八あれこれを伺うことが出来ました。
使用する竹は、孟宗竹ではなく、真竹だそうです。
琴、三味線との合奏もあります。


尺八のことの思い出もあります。
箱田の家の囲炉裏端で、尺八の音色を聴いたのは、あれはいつだったでしょうか。たしか秋から冬にかけてのころだったと思います。
囲炉裏の灰にくべて、栗を焼きました。ほどよいときが経った頃、パチンとはねてあの何とも言えない香りがあたりを漂います。

あちこちを回り歩いて一夜の宿を求めるそのひとは、みずからを「ナポレオン」と称していました。
私たち子どもは、囲炉裏端でナポレオンさんの全国行脚の話を聞くのが楽しみでした。

彼は手元にある袋から尺八をとりだして、徐に音を出し始めます。
ちょろちょろと揺れる囲炉裏火のかげに見え隠れする不思議な人物の、尺八の音色をじっとききいっていました。



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント