上越線のSL 大正橋

2015/ 06/ 14
                 
 JR上越線「快速SL レトロみなかみ」は、「D51」と、「C61」が運行を担っています。
 この6月でみると、13日(土)と、20日(土)が「D51」、27日(土)が「C61」となっています。
 「レトロ」とは、「旧型客車」が牽引されていますということを表しています。全席指定で、D51は5両、C61は4両の客車となっています。

 13日、前々から行ってみたいと思っていた利根川にかかる大正橋(国道352号線)の袂まで行ってきました。
 渋川駅から1.2km、歩いて16分のところに、「利根川大正橋水位観測局」があります。(場所は渋川市渋川。古い地所名では、半縄田3990-24)。車では2.3km、9分の場所です。

 今回の撮影スポットは、「下り列車」の撮影ですので、川向こうの渋川市北橘町八崎(ほっきつまちはっさき)側で、蒸気機関車がやってくるのを待ち構えました。

 煙を吐いているSLを撮ることが出来ました。
 
 市内の蕎麦屋で昼食をすませてから、「第1利根川橋梁(大正橋)」を通過する「上りのSL」の撮影ポイントを確認しようと思い、対岸の川べりまで行ってみましたが、橋の袂の手前に水の流れの強い小川が行く手を阻んでいることが判りました。
 ここでの撮影は諦めて、別の場所を探すことにしました。


①大正橋をわたるSL 20150613 下り列車
 大正橋をわたる「快速SL レトロみなかみ」  ・背景の山は上毛三山の一つ「榛名山」。

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント