父の遺した本の数々

2015/ 07/ 16
                 
 
 「高松宮日記(全八巻)」も、父が残した書籍のうちの一つです。
 今の人気度はどのくらいなのか、「アマゾン」をのぞいてみました。
 勿論中古品でのプライスです。第一巻は、
・300円、・450円、・500円、・985円、・730円、・980円、・740円、・741円、・991円、・769円、・1080円、・1150円、・1190円、・1400円、・1500円、・1668円、・2900円、・3000円、・3000円、・4000円、・1000円、・6778円、・7300円、・7500円、・7685円・10000円、・12600円、・18900円.となっていました。
 乖離幅は、300円から18900円と随分と大きいですね。
 売りたい値段、売ってもいい値段、身の回りの本をまとめて処分したいから相応の価格・・・など、売り主のバックボーンは多種彩々のようにも見受けられます。
 全8巻揃がヤフーオークションに出ていましたが、こちらは、なんと、1500円で、既に6月22日に決済されていました。


 「高松宮日記(全八巻)」をヤフーオークションや、アマゾンの中古品で出した場合、
自分の思惑とは程遠い現実ということが判りました。

高松宮日記 小 全8巻揃
 高松宮日記(全八巻揃)

 
 「昭和天皇実録」購入の足しにしようかなどとも思い巡らしていたのですが、世の中そんなにうまくいかないようです。

 唱和天皇実録 第一巻
  昭和天皇実録 第一巻


 『「昭和天皇実録」の謎を解く』が、文春新書(2015年3月20日発行、950円)から発刊されています。
 《87年の生涯にわたり、日々の動静を克明に記した「昭和天皇実録」。史実として認められたことがある一方で、書かれなかったことも。昭和史の知識と経験が豊富な4人が、1万2千ページの厖大な記録に挑む。》という力作ですので、この本の値段なら、手に入れて読んでみることが出来るかなと思っています。古書では、473円から売りに出されていますしね。

唱和天皇実録の謎を解く
 昭和天皇実録」の謎を解く



 父の形見の書籍の数々を手放そうと考えている昨今ですが、やはり、その前に、自分で贖った本を処分するのが先だろうということで、サントリーがかなり前に刊行した「洋酒豆天国」が、市場でどの程度となっているのか、検索してみました。
 
 「洋酒豆天国・全36巻揃+専用本棚付」
・77,000円《ヤフーオークション 65件、6月28日済》
・25,000円《ヤフーオークション 01件、6月15日済》

 「洋酒豆天国・全36巻揃」
・17,500円《ヤフーオークション 37件、7月12日済》
・ 9,400円《ヤフーオークション 17件、6月17日済》

・アマゾンの古書では、1冊毎の価格で見ると、数百円から出ていますが、やはり全巻揃いで、かつ専用本棚が付いているとなると、市場の人気度としてはそれなりの評価がされるようです。

洋酒豆天国 全36巻揃+専用本棚付
 洋酒豆天国・全36巻揃+専用本棚付
 《補足です:サントリーの新聞広告を見て予約手続きをとりました。 1回3冊単位の郵送で、3年にわたっての配本となりました。1冊100円で、専用本棚は1200円、計4800円のお買い物でした。》


 
 まずは、私の本棚を整理してみることから始めることに致します。




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント