シルマンデー,ユースホステルの日

2015/ 08/ 26
                 
 きょうは何の日、その前に。

 『NUPAS』は、ヌパスと読みます。ドイツ語と英語と日本語とをチャンポンに使った頭文字でできています。
 『自然と人を愛する会』。東京時代の山歩きの会です。
 Nがドイツ語・英語 ・・・ Natürliche ・ Nature 
 Uがドイツ語 ・・・ Und 
 Pがドイツ語・英語 ・・・ Pfarrer ・ Person  
 Aが日本語 ・・・ 愛する  
 Sが英語 ・・・ Society 

 「NUPAS」のそれぞれの頭文字、私の推し測ったのが、上記の語源です。
 ヌパスのプチ同期会となった、新宿での何十年振りかの再会の時のワイワイガヤガヤの一つ、私の回答が遅くなりましたが、この解釈で正しかったでしょうか。
 勿論、「NUPAS」には、もう一つの意味がこめられていますが、それは当事者どうしのことと致しましょう。

 新宿でのお久し振り会を過ごした時から、もう何年経っているのでしょうか。
 学生時代のあちらこちらの山歩きでは、いつもユースホステルが身近にありました。
 思い出す日々です。
 児玉先生、浅井先生、如何お過ごしですか。若き教授(だった当時)の武勇伝はいつまでも語り継がれていることでしょう。
  


 8月26日は、「シルマンデー、ユースホステルの日」です。
 1974年(昭和49年)、日本でのユースホステル施設は587か所を数え、1970年代の会員数は63万人と、世界一となったこともあります。
 2013年(平成25年)の施設は222か所で、1年間で、382,200泊数となっていて、うち外国人の宿泊数は、66,134泊数となっています。


≪シルマンデー,ユースホステルの日
 ~出典 www.yh-kyoto.or.jp ~

ユースホステルの創始者アルト・シルマンを記念する日。
シルマンはドイツの小学校教師でした。1909年のこの日、生徒たちと遠足に出掛けた時、突然の大雨のために小学校で雨宿りをしました。
しかし、夜になっても雨は止まず、翌朝までその小学校で過ごすことになりました。
この経験から、旅行中の青少年が何かあった時に駆け込め、安い料金で安心して宿泊のできる施設の必要性を感じ、ユースホステルを創設しました。
世界中のユースホステルで記念行事が行われます。≫



≪「日本ユースホステル協会」公式サイトより

日本ユースホステル協会:1951年〈昭和26年〉設立
〈目的:
ユースホステル運動の目的は、世界各国の青少年、特にこの運動に参加する青少年に、自然の偉大さを知り、自然を愛護し、自然を保護することを薦めるとともに、世界各地の町や村の持つ文化的価値を認識させることによって、青少年の教育を促進することである。このため、人種、国籍、皮膚の色、宗教、性別、階級、並びに政治的信条による差別をしないホステル等の宿泊施設を整備する。そして、青少年がホステルに泊まることによって、国の内外を問わず、お互いに仲間としてよりよい相互の理解を深めることを助長する。〉

〈国際ユースホステル連盟概要・2013年統計版による
 ・加盟国:(Hostelling International) (正会員国・協会) 67カ国1地域、71協会
(準加盟、協定団体・機関) 6カ国、6協会
 ・ホステル数 3,498 カ所(日本:222ヵ所)
 ・会員数 3,617,716 名(日本:39,890 名)
 ・総宿泊数 34,323,361 泊(日本:382,200 泊)
 ・(内外国人宿泊数) 9,503,956 泊(日本:66,134 泊) 〉

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント