ツワブキ

2015/ 10/ 25
                 
 《由来:
長い軸を持った葉っぱはフキに似ており、その表面はワックスを塗ったような光沢があるところから、「ツヤのあるフキ(蕗)→ツヤブキ」が転じて「ツワブキ」となったと言われます。また、厚みのある葉っぱから「厚い葉のフキ→アツバブキ」に由来する、と言う説もあります。

ツワブキを漢字で書くと「石蕗」となります。古くから親しまれている植物だけに、地方ごとの呼び名(方言名)もたくさんあります。代表的な呼び名に「オカバス」「イシブキ」「イワブキ」「ツワ」「オバコ」などがあります。津和野(島根県)は「ツワの多く生える場所」が語源となっている、と言うエピソードがあります。(「ヤサシイエンゲイ」オフィシャルサイト)》

英名:Japanese silver leaf
学名:farfugium japonicum

 
 国分寺の家から、宏有さんの母が持ってきた白椿、白山吹、小手毬、そして石蕗。
 12月26日で29年となる我が家の庭。

ツワブキの花言葉は、謙譲、謙遜、愛よ蘇れ、先を見通す能力、困難に負けない、困難に傷つけられない。

誕生花:11月17日、11月20日、11月27日、11月30日、12月9日、12月17日、12月21日、12月28日。

花言葉も、そして誕生花も、他の花と比べてずいぶんと欲張った数ですね。

庭の一隅に、ツワブキの花が咲いています。


ツワブキ②20151025

ツワブキ①20151025


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント