どんぶりの中の綾錦 もう一度食べたい幻の美味

2015/ 11/ 19
                 

 「ちらし鮨」。
 いまどきのちらし鮨というと、「海鮮どんぶり」という感がありますが、あなたのところは如何ですか。

 阿刀田高の幻の一皿「ちらし鮨」に入っている具をみることに致しましょう。

《ちらし鮨》
1)錦糸卵
2)いんげんの細切り
3)かんぴょう
4)しいたけの煮つけ
5)れんこんの薄切り
6)黄でんぶ
7)もみ海苔
8)紅しょうがのみじん切り
〔魚のたぐいは〕
9)しめ鯖
10)あなご
11)しらす干し
12)桜えび
など、みんなこまかい。酢めしと混ざりあい、酢めしの上を飾り、良い味わいを作り出す。
 幻は幻であるほうがよいのである。

 と、作家は語っていますが、酢で〆た、こはだがのっていたらもう最高でしょうね。

 このところのおせちには、こはだの粟漬、とんとみかけなくなりました。


 回転寿司屋でもこはだを見かけなくなりました。
 築地の魚河岸が移転しない前に、いま一度場内市場に行けたらいいなと思っています。




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント