防災訓練 体験・展示

2015/ 11/ 23
                 
 フラワーラジオ こうのす-FM767-の女性アナウンサーの声です。
 「マグニチュード7.3、震度5を想定した鴻巣市総合防災訓練です…」

 お隣の羽生市、そして静岡県三島市との間で、被災していない自治体どうしでの物資の支援・応援を行う協定による「受援訓練」もプログラムの中に入っていました。

 私が意識して体験した訓練は、「煙中避難訓練(埼玉県央広域消防本部)」、「応急手当訓練(鴻巣市赤十字奉仕団)」、「心肺蘇生訓練(埼玉県央広域消防本部)」の3つです。

 プログラムも後半に差し掛かったかなと「会場図」をみたところ、下段コラムに「炊出訓練」と記入されていました。一般参加の方は、10:00以降に⑩番テントにお越しくださいとありました。炊出し物は「カレーライス」でした。
 カレーライスを食べることも、立派な防災訓練の体験の一つなのだなあと妙に感心しました。勿論出来立てでホカホカと温かく、家庭の味のカレーでしたので、とても美味しかったです。ご飯の量が多かったので、残すか残すまいか迷いましたが、訓練の一つです、ちゃんと完食しました。
⑨炊出し カレーライス ⑧炊出し カレーライス


 ⑦の鴻巣警察署のテントでは、子ども向けに「うまい棒(チーズ味・おいしさアップ)」が配られていました。警察スタッフの方に呼び止められて「お孫さんにどうぞ」といって手渡されましたので、ありがたく頂きました。
③鴻巣警察 うまか棒 チーズ味


 「鴻巣警察署」による緊急車両の展示、「陸上自衛隊第32普通科連隊」による緊急車両の展示など、それぞれ身近に興味深くみることが出来ました。

 訓練の最後は、「鴻巣市消防団女性消防隊」による「軽可搬ポンプ操法、手広めによる二重巻き、ホース一線による消防操法」です。
 各都道府県代表46隊の女性消防隊が操法競技に参加するなか、埼玉県代表として参加した鴻巣市女性消防隊が、優秀賞(第4位)に輝いたチームです。キビキビした動作一つひとつが頼もしく、心強くも感じました。



*訓練に参加して、展示品に顔を出して頂戴した「訓練参加」の記念品(?プレゼント?)の数々です!

④訓練参加記念品
 ・タオル(鴻巣消防署)

⑤訓練参加記念品
 ・トイレットペーパー(埼玉県央広域消防本部・鴻巣市防火安全協会)

⑥記念品 ティシュ
 ・ティッシュペーパー(鴻巣市赤十字奉仕団)

⑦記念品
 ・ティッシュペーパー(鴻巣消防署)

⑧記念品
 ・保存用クラッカー(埼玉県央広域消防本部)

⑨記念品
 ・ティッシュペーパー(日本赤十字社 埼玉県支部)




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント