「フェイジョア」と「ヒラタケ」

2016/ 01/ 12
                 

 ◇昨日、庭の手入れをしました。フェイジョアの実が数十個落ちていました。昨年花が咲いたのを見落としていたようです。早速、相棒と一緒に頂戴しました。 

①フェイジョアの実

②フェイジョアの実

③フェイジョアの実

④フェイジョアの花
 フェイジョアの花(2014年6月撮影)



 ◇ひところみた、ヒラタケと一寸雰囲気が違う(カサの形状など)キノコでしたが、手に取ってみたら、「ヒラタケ・信州産」とありました。あるところのスーパーマーケットでのことです。
 汁物、鍋物、炊き込みご飯、天ぷら、うどんになどに使われる「ヒラタケ」。
 今日は、鍋物にしました。
 キノコ類は、エノキタケとブナシメジも入れました。
 野菜は、キャベツ、ニンジン、ニラです.
 2枚の油揚げは湯通ししました。
 お肉は、トリムネ肉、香りづけは柚子皮にしました。
 久しぶりに塩味ベースとしましたが、かなり薄味にしました。
 手前で作った三種類のおかずもテーブルに並べました。
 ご飯茶碗に5分の一の炭水化物(白米)をよそって主食としました。

 《追補:市販品のいわしのつみれ6個も加えて、栄養バランスを整えました。》

 スパークリングワインも飲むとなると、また体重が増えてしまうなあとも思ったら、案の定です。
 

 お酒は、「ロジャーグラート カヴァ ロゼ ブリュット(スパークリングワイン・ロゼ・辛口)」で、アルコール分は12度です。
⑤スパークリングワイン



《今昔物語集 巻28
「信濃守藤原陳忠落入御坂語 第三十八」
信濃守の任期を終え京へ帰還する陳忠は、信濃・美濃国境の神坂峠を過ぎるとき、乗っている馬が橋を踏み外し、馬ごと深い谷へ転落した。随行者たちが谷を見下ろすと、とても生存しているようには思われなかった。しかし、谷底から陳忠の「かごに縄をつけて降ろせ」との声が聞こえ、かごを降ろし、引き上げてみるとかごには陳忠ではなくヒラタケが満載されていた。再度かごを降ろし、引き上げると今度こそ陳忠がかごに乗っていたが、片手に一杯のヒラタケを掴んでいる。随行者たちが安心し、かつ呆れていると、陳忠は「転落途中に木に引っかかってみれば、すぐそばにヒラタケがたくさん生えているではないか。宝の山に入って手ぶらで出てくるのは悔やみきれない。『受領は倒るるところに土をつかめ』と言うではないか。」と言い放った。》


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

フェイジョア
フェイジョアの実のこと すっかり忘れてました
もう無いだろうと 思いましたが 
木の下を探すと 
奇跡的? に見つかって それが良く熟していて
独特の 香りと味 楽しめました
ブログアップしていただいて ご馳走様でした
フェイジョア今昔
かなり以前に比べると、実の大きさが随分と小ぶりになってしまいました。「雑草の生えない畑づくり・・・」のように日々手入れ、工夫をしていればよかったのでしょうけれど。