的祭(まとうさい)〈1月12日・こうのす歳時記〉

2016/ 01/ 12
                 
  鴻巣市指定文化財(無形民俗文化財)に、昭和45年3月10日に指定されている滝馬室的祭(まとさい・まといさい)〔延歴年間(782~806)の征夷大将軍坂上田村麻呂の大蛇退治伝承に由来する〕は、地元では的祭(まとうさい)とよばれているということを、先ほど世話役の方から教えて頂きました。
 滝馬室氷川神社で例年1月12日に開催され、五穀豊穣や招福息災を祈念して行う射的神事です。

 〖追補:滝馬室の「的祭(まとうさい)」の神事は、ひところ中断されていましたが、貞享年間(1684~1687)に、当地の島田常勝によって復興され今日に至っているとのことです。〗


①滝馬室氷川神社 鳥居
滝馬室氷川神社鳥居

②滝馬室氷川神社 本殿
滝馬室氷川神社本殿

 玉串奉納の後、馬室小学校の六年生全員が、弓に矢を番(つが)えて的を射ります。今年は38名(男子20名、女子18名)の皆さんが、諸先生に引率されて詣でました。

③
 馬室小学校六年生(男子19名、女子17名.本殿内に男子代表1名、女子代表1名)

 的に矢が多く当たるとその年は豊作になるといいます。市長、国会議員、県議、市議などご来賓の皆さんも変りばんこに的を射ていました。お終いの頃には神主さんも弓に矢をつがえて神妙に構えの姿勢を見せていましたが、弦から放たれた矢の行き先は、見事「的」の真ん中を射抜くことができたでしょうか。

⑤
 神主さんの登場

⑥
 見事的中したのはどなた・・・

 <神楽殿では滝馬室共楽連による笛太鼓の演奏奉納があり、幼稚園児の皆さんも先生と一緒に熱心に聞き入っていました。>④



 こうのす歳時記、
この「的祭」をかわきりにして、
「鴻巣びっくりひな祭り(2月17日~3月6日)」、
「鴻巣パンジーマラソン(3月第1土曜)」、
「さくらまつり(4月4・5日)」、「
花のオアシスフェア~チューリップまつり~(4月18・19日)」、
「ふれあい鴻巣ウォーキング(4月下旬)」、
「こうのす花まつり(5月16日~24日)」
と続きます。




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント