「380年の伝統 人形のふるさと こうのす 広田屋」

2016/ 02/ 13
                 
 

 先日テレビに映し出された広田屋。

①広田屋 全景
 鴻巣 広田屋

 人形のふるさと鴻巣で、一番大きなお店。
 825㎡(250坪)の広いフロアー(1階&2階)をもち、US$でお買い物ができ、そして全種のクレジットカード、中国銀聯カード 韓国shinhanカード,デビットカードなどの利用もでき、中国の天午寺の長壽橋にならって造られた長壽橋(真っ赤な太鼓橋・一度渡ると一年間長生き出来るという言い伝えの橋)…、

④広田屋 長寿橋
 長壽橋

 一度は訪れてみたかった人形店に今日(2月13日)足を運ぶことができました。

③広田屋 外のガラス戸越しから
 外からガラス戸越しに

⑥ 外から眺めて・・・
 外からガラス戸越しに


 店内は撮影禁止ということでしたが、どうしてもカメラにおさめたい雛人形が二対(※)目に留まりましたので、スタッフの方に撮っていいですかとお聞きしましたら、社長さんをご紹介いただき、許諾を頂くことが出来ました。
 大変ありがとうございました。嬉しくありがたく、感謝です。
 展示製品は撮影していませんので念のため!

⑧ 広田屋
 ※「享保雛」:享保雛の中でも珍しい初期の作品で、素朴な味わいが有ります。約300年前の人形。

⑦ 広田屋
「鴻巣人形」:江戸時代(約200年前)に制作された貴重な作品(市内で現存するものとしては最古の人形といわれています。)



⑮ 広田屋
 長壽橋(降りる側から撮りました。こちら側から渡らないでください。)



DSCN2193 - コピー
 享保雛 雄雛

DSCN2194 - コピー
 享保雛 雌雛

DSCN2190 - コピー
 鴻巣人形 雄雛

DSCN2191 - コピー
 鴻巣人形 雌雛

 

 《今日(2月13日)から「中山道まちかどひなめぐり」。街のあちこちでおひな様の展示が始まっています。(これから展示というところも、飾り付け真っ最中とったいったところも散見されました)》
 

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント