シニア向けスマートフォン初心者講座

2016/ 03/ 03
                 


 市広報2月号「公民館・児童センター 催しと講座」に載っていた、「シニア向けスマートフォン初心者講座」。

 《時 3月3日(木) ①10時~11時  ②11時~12時
  対象: 市内在住・在勤の方
  定員: 各回10人(先着順)
  内容: シニア向けスマートフォンの簡単な使い方を専門家が教えます
  費用: 無料
  持参品: 筆記用具
  他: スマートフォンの無料貸し出しあり
  申込: 2月24日(水)の10時以降に直接又は電話》

  2月24日、コミセンの受付に並びました。先着順№1&№2。


 きょうは3月3日。
 テキストは、『らくらくスマートフォン3を使ってみよう』。
 41㌻の目次をみると
 ①らくらくスマートフォン3に触れてみよう
 ②電話を使おう
 ③メールとインターネットを楽しもう
 ④アプリを使ってみよう
 ⑤らくらくスマートフォン3ご利用案内
 となっていました。
 時間の制約もあるので、各部の名称や役割、操作方法などの基本の重点的説明がありました。カメラを使う、インターネットを楽しむなどを実際に操作しました。
 「電話を使う」、「メールを使う」など、教えてもらいたかったですね。

 いろいろな便利な機能がありますが、「ワンタッチダイヤル」は、《よく連絡をとる相手を登録しておくと、ワンタッチで電話やメールができます。登録件数は最大9件です。》とありました。この登録件数は少なくないかい・・・という感想を持ったのです
が・・・

 本体は、6万円から7万円ほどだそうです。
 ビックリポンです。
 10年割の特典などで、本体の割引はしないのですか・・・と問うたところ、《本体の値引きはありません。毎月の割引サービスによる適用となります・・・》という回答でしたが、具体的にどうなるのか確認が必要と思いました。

操作性、利便性、プライスなど、『らくらくホン』と、『スマートフォン』との相対比較をこれからしてみようと思います。、

 電話は、「かけ放題定額」とのことですが、メールの送受信で、一字につき幾らの額が発生するのかも確認する必要があります。
 今使っているパソコンのブロバイダー契約では、メールの送受信は全て無料ですので、コストの相対比較は欠かせません。

 本日の専門家は、NTTドコモの△〇店のお二方でした。

 
バッテリーは(使い方にもよりますが)1年から2年持ちます。とのことでした。
 肝腎の、容量とか、どのくらいの時間継続して使えるのか、充電時間はどれくらいかなど、他機種との比較を聞くのを失念していました。



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント