あさが来た昨日クランクアップ・本日の真田丸「駈引~命と戦」

2016/ 03/ 06
                 
 『あさが来た』の脚本家、大森美香さんは、執筆のために題材を探していた時に目にした、広岡浅子さんが残した「みんなが笑って暮らせる世の中をつくるためには、女性の柔らかな力が大切なのです」という言葉が、とても印象深く心に刻まれたと、インタビューで語っています。そして氏は、「破天荒なあさは、もしかすると、はみ出し者になったかもしれないけれど、愛情を持ってしっかり見守った家族がいて、彼女の生き方を認めてくれた夫がそばにいた。彼女はただパワフルで強いスーパーガールじゃなく、さまざまな人との関わりの中で生き、私たちと同じようなことで悩んだり、怒ったり、喜んだりするひとりの女性なんです。・・・」と、言葉を紡いでいます。

②大森美香氏
 大森美香氏


 さてそれでは、3月5日の「パチパチはんのスタッフブログ-2016年03月05日(土)- ~あさが来た・本日クランクアップしました☆∥∥~」から、出演者と投稿者、それぞれ代表してお二方のコメントを見ることに致しましょう。

《本日、無事にクランクアップ・撮影を終了しました!!
直後に行われた「取材会」には、波瑠さん、玉木さん、宮﨑さんはじめキャストのみなさんや、脚本の大森さんも出席。
賑やかな「取材会」になりました。それぞれのコメントをご紹介します(●^o^●)》

《眉山惣兵衛役 柄本佑さん:
僕ははつさんの旦那様としていたんですが、撮影が3ヶ月ほど空いて、また撮影に戻った時に、波瑠さんが本当にあのお転婆娘だったのが貫禄のあるすごい女性に なっていて、新次郎さんは新次郎さんでそれを支えるおおらかさのキャパがどんどん広がっていっていて、本当に素敵なご夫婦になられていたのを見てすごく驚 いたのを覚えています。今日最後撮られていたシーンを先ほど見させていただいたんですけれど、本当に素敵なシーンでした。本当に10か月、大きな病気もな く、怪我なく終われたと思います。》

《投稿日時:2016年03月05日 19時19分 | ゆっきー:
毎日、楽しくみさせていただいていました。
朝、7時半からと、8時からと、そして12時45分からと、三回みてました》


 ◇   ◇   ◇

 NHK大河ドラマ「真田丸」。
 今日のタイトルは、「駈引~命と戦」
 これからどんな展開になっていくのでしょう。益々目が離せなくなりますね。


 吉田羊さんは、小松姫の役でこれから登場します。どんなキャラで描かれるのかも見どころの一つとなりそうです。
小松姫②
 小松姫(真田信幸[之]正室)

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント