海棠の咲く季節

2016/ 03/ 26
                 



  海棠の花の咲く季節は、俳句の季語としては晩春となっています。
 あちこちの辞典などでは、「4月から5月にかけて咲く」となっています。

 庭木や盆栽として栽培され、薄紅色の花をつけた花柄が長くうつむきかげんになるのをしばしば美女にたとえられます。
 今様では、花の美しい花海棠と混同され、花海棠を海棠として俳句に詠むことが多いようです。

 海棠や俯き加減に陽を零す 小島外恵

 海棠の花くぐりゆく小径あり  長谷川櫂

 
 きょう3月26日の海棠
海棠①20160326


 昨年3月30日の海棠
海棠②20150330


 ・・・   ・・・   ・・・

《熊谷地方気象台」平成28 年3 月23 日
 本日3月23日、さくら(そめいよしの)の開花を観測しました。
 これは、平年(3月29日)より6日早く、昨年(3月27日)より4日早い開花です。
・ 平年値とは、1981~2010 年の30 年間の観測値を平均したものです。
・ さくらの開花とは、標本木で5~6 輪以上の花が開いた状態をいいます。
・ 気象庁では全国58 の気象台・測候所でさくらの開花等の観測をおこなっており、熊谷地方気象台もその一つです。熊谷では、熊谷桜堤で観測しています。


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント