フェイジョアの花

2016/ 06/ 06
                 
 我が家の庭。
 パンジーの花の盛りが終っています。
 
 一週間ほど前から、フェイジョアの花が咲き始めています。
 写真に撮っておこうと思ってはいたつもりでしたが、ついつい今日になっていました。

 ①20160606フェイジョアの花


②蝶の幼虫

「ツマグロヒョウモン蝶」の毛虫でしたか。
わが家は今春から玄関先に、パンジー
(鴻巣市の花が「パンジー」となっていますので、ここでは「三色スミレ」とは、書き表さないことにします)
4株を植えています。

 ちょっと前から毛虫が数匹パンジーの葉にたかっていましたので、図鑑で調べようと思っていた矢先です。
 「空のした 歩いても歩いても空のした」さんのブログに全く同じと思われる蝶の幼虫の写真が載っていましたので、その文章をこの場で拝借させていただきます。よろしくご了承いただければありがたく思います。

《玄関先においてある
鉢植の 三色スミレの花に

赤と黒の 3センチほどの 毛虫を 見つけた
すでに 葉っぱは食われて 枝と花が残っているが あとわずか

こうなったら
蝶なのか 蛾なのか 知らないが ここで 飼ってやろうと 意を決した

赤と黒の蝶(蛾)の幼虫図鑑で ググッて見たが
何百といる 幼虫から 探し出すのは ケッコウ骨が折れる

どうも ツマグロヒョウモン蝶 らしいのだが
サナギ そして 蝶と 見届けてやろう ・・・ですが

気がついたときには
餌の スミレは 食い尽くされ 
幼虫はどこへいったのか  消え去っていました。》


 そういえば、6月5日は「芒種(ぼうしゅ)」〈※〉でしたね。


〈※〉
「日本の行事・暦> 二十四節気>」公式サイト「芒種」転載
 《芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、芒種と言われています(実際の種まきは、これよりも早い時季に行います)。
 梅の実が青から黄色に変わり、百舌が鳴き始めます。かまきりや蛍が現れ始める頃でもあります。
 次第に梅雨めいて、五月雨(さみだれ)の季節に入ります。
 「芒(のぎ)」
イネ科の植物の花についている針のような突起のこと。禾とも書きます。

・次第に梅雨めいてきますので、湿気対策やレイングッズの準備を整えておきましょう。》

 

                 

コメント

        

つながり
私のグログ紹介していただき 本当に ありがとうございます
同じものを 同じ時期に 記事にしようとする 偶然のことって ありますよね
どこかで(見えないところ)つながっているのかと思うと
うれしくなってしまいます。   
四季のうつろい・・・
いつも拝読させていただいています。
貴ブログで四季の移り変わりが手に取るように判ります。
フェイスブックの友だち(単身赴任で埼玉に住んでいます)が、春日井の留守元に帰った折に、(それなりの以前に) ミョウガの写真をアップしていました。
こちらは毎年6月の中旬を過ぎないと出てきませんので、
地域性の違いなども感じ取ることができます。

 6月6日 むさしの想坊