昨日のワインの続き 「サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルロー」

2016/ 06/ 08
                 
 BSフジ、毎週月曜日、午後10時からの「BARレモンハート・SEASON 2」を毎回楽しみに見ています。(いろいろな用事をかかえているので、録画しておいて後で見るということも勿論あります)
 6月6日放送は「老猫の仕事」〈サロン シャンパン〉でした。
 以降、「白と黒」〈スコッチ・ウィスキー〉、「めおと鶴亀」〈ブランデー アルマニャック〉、「さらば友よ」〈ラム〉、「悪魔という名のビール」〈ベルギービール〉、「熟年離婚」〈シェリー〉と続きます。


 昨夜遅く帰りがけに、スーパーマーケットに立ち寄りました。
 チリ産銘柄があれこれ揃っている棚の中に、「サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルロー」も顔を出していました。
 レシートをみたら、「\530」(税別)となっていました。税込でも572円か573円です。
 手に取りました。
 『極旨ワイングラプリ 赤 第3位』~2013年11月号掲載企画「月刊誌『一個人』1500円以下の赤・白)~ 
 という文字が目に飛び込んできました。アルコール度数は13.5%です。

⑪チリ産赤ワイン


 我が家はスパークリングワインも時折飲みますので、そのコーナーにも寄ってみました。
 『ニッカ シードル 紅玉リンゴ』が置いてあります。
 ~「シードル」は、2016年で発売60週年を迎えました。「紅玉」は、初めて「シードル」が発売された時に使用されていたリンゴの品種で、酸味と香りが特徴です。2016年4月-2016年6月までの出荷予定~とラベルに書かれています。
 880円(税別)で、アルコール分3%と表示されていました。

⑫リンゴ酒スパークリングワイン


 かなり以前、サイダーの語源はシードルだということを聞いたことがありました。
 本当のところは何なんだろうと思い、あちこちのページをめくってみました。


 『洋酒マメ天国』〈※〉第11巻(昭和45年2月20日発行.発行所サントリー株式会社.頒価100円) 「洋酒掌辞典 11」の43㌻~44㌻、●サイダー〔英 Cider〕から、そのまま転記することにいたします。
 (ウィキペディア」、「語源由来辞典」など、それぞれ異なって言い表しています)

 《 日本で呼ぶいわゆる「サイダー」は本当のサイダーではない。林檎をつぶして醗酵させた林檎酒で、一般には「シードル」ともいわれる。アルコール分5~10度。これに対してアルコール分を含まないサイダーもあり、それぞれハード Hard およびソフト Soft の語を冠して区別する。ハードサイダーを蒸留したものがアップル・ブランデー(その項参照)で、こちらはブランデーに属する。》

洋酒豆天国 第11巻 ②


〈※〉『洋酒マメ天国』シリーズは全36巻です。サントリー株式会社から、毎月3巻1セットにして発行されました。専用の本棚つきとなっています。
 (豆本であるためか、それとも製本技術のレベルがイマイチなのか、丁寧に扱っているのにもかかわらず、あらためて今手に取ってページを捲るだけで、ページとページが離れてしまうような状態となっています。
 私にとっては大切な書籍のうちの一つとなっていますが、そろそろ次世代の人にお譲りするほうが、本のために良いのではないかなと考え始めているところです・・・)

     洋酒マメ天国 全36巻 ①



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント