村田沙耶香 コンビニ人間 文藝春秋9月特別号 芥川賞発表 受賞作全文掲載

2016/ 08/ 15
                 

1979年(昭和54年)8月14日生れの村田沙耶香(むらたさやか)氏。昨日が満37歳の誕生日でした。

《 小学生のころ、私は憑りつかれたように小説を書いていた。もっと行きたい、といつも考えていた。何処へなのかは自分でもわからないが、とにかく、「言葉」や「物語」の力を借りなくては到達することができない場所へ、行ってみたくてしょうがないのだった。作家になってからも、ずっとそういう衝動に突き動かされていた。「行きたい」「知りたい」とうことが、ずっと私の原動力だった。・・・》と、村田沙耶香氏は「芥川賞受賞の言葉」の中で述べています。

「芥川賞選評」で、山田詠美(やまだえいみ)氏は、
《コンビニという小さな箱とその周辺。そんなタイニーワールドを描いただけなのに、この作品には小説のおもしろさのすべてが、ぎゅっと凝縮されて詰まっている。十数年選考委員をやって来たが、候補作を読んで笑ったのは初めて。そして、その笑いは何とも味わい深いアイロニーを含む。村田さん、本当におめでとう。》
と、受賞作を手放しで褒め称えています。
同じ選考委員の川上弘美(かわかみひろみ)氏の選評では、
《・・・こちらは反対に、笑ったのです。はじめての種類の、笑いかたでした。おそろしくて、可笑しくて、可愛くて(選評で「可愛い」という言葉を初めて使いました)、大胆で、緻密。圧倒的でした。》
と、ここでも〈笑った〉という言葉が使われていました。

 
小説『コンビニ人間』が描くワールドには、「笑いを誘う」ようなモチーフはどこを探しても見つからないように思います。
どうしてそう思うのかを、氏の小説の文中から幾つか思い当たる箇所を読んでみると、なるほどと頷いてくれるかもしれません。

《 気が付くと、小学校のあのときのように、皆、少し遠ざかりながら私に身体を背け、それでも目だけはどこか好奇心を交えながら不気味な生き物を見るように、こちらに向けられていた。
 あ、私、異物になっている。ぼんやりと私は思った。・・・正常な世界はとても強引だから、異物は静かに削除される。まっとうでない人間は処理されていく。
 そうか、だから治らなくてはならないんだ。治らないと、正常な人達に削除されるんだ。
 家族がどうしてあんなに私を治そうとしてくれているのか、やっとわかったような気がした。》

《 皆、初めて私が本当の「仲間」になったと言わんばかりだった。こちら側へようこそ、と皆が私を歓迎している気がした。
 今まで私は皆にとって、「あちら側」の人間だったんだな、と痛感しながら、皆が唾を飛ばして話し続けるのを、「なるほど!」と・・・》

《 ・・・毎日やけにはりきって声を張り上げて、健康そうなのに就職しようとしている様子もない。あんたが異物で、気持ちが悪すぎたから、誰も言わなかっただけだ。蔭では言われてたんですよ。それが、これからは直接言われるだけ」
「え・・・・・・」
「普通の人間っていうのはね、普通じゃない人間を裁判するのが趣味なんですよ。・・・》

《 そうか。叱るのは、「こちら側」の人間だと思っているからなんだ。だから何も問題は起きていないのに「あちら側」にいる姉より、問題だらけでも「こちら側」に姉がいるほうが、妹はずっと嬉しいのだ。そのほうがずっと妹にとって理解可能な、正常な世界なのだ。》


お二人の選考委員が、読後〈笑った〉のか、読み進めている最中に〈笑った〉のか・・・。ここは、やはり、『コンビニ人間』を通読して、その疑問に自ら答えるしかないように思います。

「私」を取り囲む人々の蠢きの隙間から聞こえてきた『声』とは、何でしたか。
 そして、あなたが垣間見た小説『コンビニ人間』から発信された『声』とは何でしたか。
 同じでしたか。違っていましたか。
 そして、小説を読んで、あなたは〈笑った〉のですか。


文藝春秋9月特別号



文藝春秋 九月特別号 
◇[総力特集]:「天皇制退位」の衝撃
◇[日本は「白人の失敗」に学べ]:石原慎太郎
◇[EU崩壊で始まる「新世界秩序」]:エマニュエル・トッド
◇[超大型特集]:戦争を知らない世代に告ぐ 
   戦前生まれ115人から日本人への遺言
◇[第155回芥川賞発表]:『コンビニ人間』村田沙耶香(むらたさやか)  
  普通とは何か。ユーモアあふれる物語にひそむ現代への批評
 〈インタビュー〉「バイトは週3日、週末はダメ人間です」
◇[追悼再録]:永六輔 テレビが日本を恥知らずにした
◇[初公開]:阿久悠日記 全二十七冊を読む 
◇[大竹しのぶ]:後妻業の女に気をつけて
◇[孤独のグルメ VS 102歳の珈琲職人]:俳優松重豊×カフェ店主関口一郎
◇[ベストセラーで読む日本の近現代史):佐藤優
◇[グラビア]:▽日本の顔(藤城清治) ▽小さな大物(さだまさし)
◇・・・ エトセトラ ・・・


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント