寄席  浅草演芸ホール 浅草雷門

2016/ 09/ 16
                 
  生まれて初めての、寄席です。

 地下鉄浅草駅から、先ずは雷門へ。
①浅草雷門20160916

⑪雷門20160915

  浅草。雷門。仲見世通り。浅草寺。相変わらずの外国人観光客の皆さんのオンパレードでした。

 
  落語、曲芸、漫談、講談、歌謡漫談、漫才、コントと、目の当たりにしたのが、浅草演芸ホールの昼の部。

  先週のスケジュールでは、春風亭小朝の名が載っていたので、何とか出かけたいと念じていたのですが、思い叶わず、今週となりました。

③浅草演芸ホール20160915

①浅草演芸ホール20160915


 浅草演芸ホールの「昼の部」は、11:40~16:30、「夜の部」は、16:40~21:00となっています。
 この日のスケジュールは、次のようになっていましたが、出演者と出演順が若干異なっていました。
 例えば、最初に出たのが、プログラムには名前の載っていなかった、落語家の、林家喜之輔がトップバッターを務め、同じく落語家の、三遊亭圓輔は出演していないなどでした。

②浅草演芸ホール20160915

昼の部(11 時 40 分 ~ 16 時 30 分)

ー 11時40分~ ー
・落 語:立 川 吉 幸

ー 12時00分~ ー
・曲 芸:鏡 味 よし乃
・落 語:三笑亭 可 風
・落 語:瀧 川 鯉 橋
・漫 談:国 分 健 二

ー 13時00分~ ー
・講 談:日 向 ひまわり
・落 語:春風亭 柳 橋
・歌謡漫談:東京ボ-イズ
・落 語:三遊亭 右左喜

ー 14時00分~ ー
・落 語:柳 家 蝠 丸
・漫 才:ナ イ ツ
・落 語:三遊亭 圓 輔

---仲入り---
・落 語:古今亭 今 輔

ー 15時10分~ ー
・コント:チャ-リ-カンパニ-
・落 語:春風亭 柳 好
・落 語 :三笑亭 茶 楽
・曲 芸:鏡 味 健二郎

ー 16時10分~ ー
・落 語〈昼の部主任〉:古今亭 寿 輔


 浅草演芸ホールの座席数は、1階330席、、2階101席とのことでした。
 「昼の部」は、2階では立ったままのお客さんも随分と多く見受けられました。
 中入り(休憩)後は、全員座れたようです。
 私は、かろうじて2階で座ることができましたが、(席は全て自由で、指定席はありませんので)、中入り後、1階に行って座りました。
 やはり1階の方が臨場感が溢れていることを身近にキャッチすることができます。

 「夜の部」に並ぶお客様の行列は、「昼の部」よりもその長さが短いように感じましたので、全員座れたろうなと思いました。
 ④浅草演芸ホール20160915


 平日の夕闇が迫った仲見世通りとなり、人通りも随分と少なくなっていました。
⑤浅草仲見世通り20160915

 何十年ぶりかで、雷おこしをお土産にしました。

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント