石田堤史跡公園 忍城水攻め(天正18年・1590年)

2016/ 09/ 21
                 
 JR高崎線、北鴻巣駅、または、吹上駅から2.4kmのところに位置している、「石田堤史跡公園」(鴻巣市袋字台326-1)。
 2015年4月1日には、「石田堤歴史の広場」もオープンしました。50台分の駐車場、そしてトイレがついています。
 武蔵水路に沿って、「さきたま緑道」(さきたま古墳群・さきたま古墳公園・風土記の丘方面)が通っていますので、散策がてらに歩いて行こうと思う方は、北鴻巣駅(東口)下車をおすすめします。

石田堤史跡公園①

②石田堤史跡公園

 石田堤は、総延長28kmに及んでいました。今、その面影をとどめているのが、鴻巣市と行田市にまたがる、「石田堤」です。

 
 忍城水攻め(天正18年・1590年)の際に、人夫に支払われた賃金は、昼夜を通して突貫工事を行ったので、夜は高めになっています。
 昼は、銭六十文と米一升。夜は、銭百文と米一升。
③ 忍城水攻め 賃料

 忍城水攻めの8年前の、天正10年(1582年)に、秀吉は、備中高松城を水攻めにしましたが、ここでの人夫に支払った賃金は、土嚢一俵との交換として、銭百文と米一升でした。
④備中高松城 水攻め

 秀吉は、このほかにも、天正8年(1580年)の三木城の兵糧攻め、天正9年(1581年)の鳥取城の兵糧攻め、そして、天正13年(1585年)の紀州太田城の水攻めによる包囲作戦をしています。
⑤兵糧攻め・水攻め

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント