いがまんじゅう 鴻巣 ご当地フード 北埼玉   

2016/ 09/ 26
                 
 埼玉県のホームページにも載っている、「いがまんじゅう」。
 《北埼玉の穀倉地帯に古くから伝わる「いがまんじゅう」。夏祭りや祝い事の際に作られてきた縁起物で、現在でも郷土の味として親しまれています。
 もち米が高価なため、ボリューム感を出そうと赤飯の中にまんじゅうを入れたのがはじまりとも、赤飯とまんじゅうをいっぺんに作って手間を省くという農家のお嫁さんの知恵から生まれたとも言われています。
 名前の由来は、赤飯で包まれた形が、栗のイガに似ているところから名付けられたのだとか…》
 私は、鴻巣市に住んで26年目にして、初めて味わいました。あっというまに、おなかがいっぱいになりました。

 「いがまんじゅう」を作って売っているお店は、鴻巣市、羽生市、加須市、行田市、熊谷市、深谷市、本庄市・・・と、どこを検索しても出てきます。特に市をあげて発信しているのが、鴻巣市、羽生市、加須市のように感じます。
 『出没! アド街ック天国 「羽生市」(2014年6月7日放送)』では、「いがまんじゅう」が11位にランクインしていました。《「いがまんじゅう」:赤飯の中にまんじゅうを入れた羽生のご当地フード。戦後、もち米が貴重だった頃に、赤飯をかさ増しするために、まんじゅうを入れて作ったのが始まりとされている。栗のいがのように見えることから、この名がついた。》と、記されていました。


 ここ、鴻巣市の公式サイトをのぞいてみることにいたしましょう。
 《「いがまんじゅう」は鴻巣市(旧川里町)が発祥と言われ、羽生市や騎西町(現加須市)などを含む県北地域で昔ながらに食べられている和菓子です。田舎まんじゅうの表面を赤飯で覆うようにまぶしてあり、見た目が「栗のいが」のようであることから、いがまんじゅうと名付けられました。
 田舎まんじゅうと赤飯という、一見ミスマッチな組み合わせですが、甘じょっぱさともっちりとした食感は、やみつきになること間違いなし。
 今でも、晴れの日のごちそうとして地域の人に親しまれています。》


《 ◇いがまんじゅう販売店舗一覧

いがまんじゅう①.
 (2015年「花久の里」)

「店舗名 木村屋」
住所 鴻巣市本町4-4-4
電話 048-541-0340
定休日 水曜日
営業時間 8時30分から19時30分
餡の種類 つぶあん
 ・甘さ控えめで上品な味わい。
 ・甘さが残らず、さっぱりといただけます。

「店舗名 大和屋製菓」
住所 鴻巣市東1-3-2
電話 048-542-7001
定休日 月曜日
営業時間 9時00分から19時00分
餡の種類 つぶあん
・もっちりとした赤飯は、だんご屋の味!
・赤飯も多く、食べ応え十分!

「店舗名 もみじや」
住所 鴻巣市氷川町40-12
電話 048-542-0150
定休日 月曜日
営業時間 8時30分から18時30分
餡の種類 つぶあん
・茶の道に通じたご主人。あんこが美味!
・ 赤飯の小豆もインパクトがある。

「店舗名 千明だんご」
住所 鴻巣市上谷835
電話 048-541-2270
定休日 木曜日
営業時間 9時00分から18時00分
餡の種類 つぶあん
・赤飯に包まれてない!食べやすい!
・ヘルシーで女性にも人気の一品。


「店舗名 田嶋製菓舗」
住所 鴻巣市北根1,639
電話 048-569-0054
定休日 火曜日
営業時間 8時00分から18時00分
餡の種類 つぶあん
・言わずと知れた超有名店!
・TVにも出演するほどの実力派で庶民的味。

いがまんじゅう③つぶあん 田嶋製菓舗
 (2013年「田嶋製菓舗」)

いがまんじゅう② つぶあん&こしあん
 (2013年「一福」・「田嶋製菓舗」)

いがまんじゅう④こしあん 一福
 (2013年「一福」)

「店舗名 一福」
住所 鴻巣市広田2,302
電話 048-569-0300
定休日 月曜日
営業時間 8時00分から18時00分
餡の種類 こしあん
・午前中には売り切れてしまいます。
・素っ気ない感じのお店がステキ!



「店舗名 だんご屋」
住所 鴻巣市吹上本町2-1-5
電話 048-548-2074
定休日 月曜日
営業時間 9時00分から19時00分
餡の種類 こしあん
・おまんじゅうの「ふっくら」した食感が赤飯との相性抜群!

「店舗名 だんごの三好」
住所 鴻巣市人形3-1-63
電話 048-543-3448
定休日 火曜日・第2・3月曜日
営業時間 9時00分から19時00分
餡の種類 つぶあん
・昔ながらの手作りまんじゅうのしっかりした食感が赤飯のもっちり感と絶妙のハーモニー! 》

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント