木犀の香り

2016/ 09/ 27
                 
 行き過ぎてあれとふりむく金木犀  吉岡英子


 そこはかとない香りが漂ってきました。
 角の家の庭の金木犀。
 まだ百日紅の紅い花も咲いています。
 薔薇の白い花も目につきました。
 名前の判らない紫色の花も秋を装っています。

 あれはいつの頃だったか。
 箱田の家の銀木犀の花。
 いつのまにか、金木犀になって咲いていました。


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント