今日は「探し物の日」

2016/ 10/ 04
                 
 10月4日は、「古書の日」、「徒歩の日」、「いわしの日」、「証券投資の日」など、語呂合わせなどを基にした「今日は何の日」がめじろ押しとなっています。

 その今日ですが、「探し物の日」でもあります。(NTTの電話番号案内が「104番」であることから)
 どこにあるのかなと、あちこち探すテマヒマにかかる時間は、生涯でどれくらいになるのでしょうか。

 英国の保険会社が行った調査(成人男女3,000人を対象)では、「探し物に費やす時間」の平均をみると、次のような結果となったそうです。
 
 ・1日10分.
 ・生涯153日分(3,680時間).
 ・探し物をする回数は1日9回.
 
 探さなければ、そのかかる時間を別のことに使えますけれど、やはりその物は必要だから探さざるを得ないということかも知れませんが。
 (「探す」ということではなく、「思いだす」ということにかかる時間も結構馬鹿になりませんが)
 
 そういえば、ポケモンの巣(ポケモンの巣は特定のポケモンが連日常に2匹以上出現している場所を指します)など、随分と人気が高いですが、熱中する幾多の人たちの、それに要するトータルの時間はどれほどになるのでしょうか。

 ふと思います。そこにかかる1年分のトータル時間を、負の生産性に換算してみると、どれだけGNPに影響を与えていることになるのかなあなどと・・・
 
 

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント