お知らせ 鴻巣市商工会青年部 第15回こうのす花火大会

2016/ 10/ 10
                 
  四尺玉打上失敗について(公式) 2016/10/10- 《カテゴリ:こうのす花火》

 10月8日に開催しました「第15回こうのす花火大会」において フィナーレを飾る予定でありました「四尺玉」の打ち上げに失敗しました。

打上にあたり、万全の安全対策を備えていたため怪我人などは一切出ておりませんが、楽しみにご来場いただいた皆様、遠方よりお越しの皆様など、多数のご期待を、残念な結果でしかお返しできなかったことが不本意でなりません。

実行委員会は来年へのリベンジに向けて後片付けと準備に励んでおります。

「次こそは!」を合言葉に、来年こそ成功させて皆様に感動をお伝えできるよう精進してまいります。

今後も変わらぬご支援、ご協力を賜れますことをお願いしご報告させていただきます。

(以下文章、省略させていただきます。・・・)




〖埼玉新聞 10月8日(土)21時32分配信〗
 ギネス認定の4尺玉失敗…鴻巣花火大会フィナーレで花火開くタイミング早過ぎ

 地上間近で開いたとされる花火=8日、鴻巣市糠田で行われた「第15回こうのす花火大会」

 埼玉県鴻巣市糠田の糠田運動場で8日、「第15回こうのす花火大会」(市商工会青年部主催)が行われた。関係者によると「最大の打ち上げ花火」としてギネス世界記録に認定された4尺玉は、花火が開くタイミングが合わず失敗に終わった。

 地域の商工業の発展と子どもたちに夢や希望を与えることを願って開催。2002年に始まった同大会は企画や運営、協賛金集め、終了後の清掃など全て同青年部が行っている。

 大会では1万5千発を超える花火が打ち上げられ、光の競演に魅了された見物客は大きな拍手を送っていた。関係者によると4尺玉はフィナーレで上げられ、地上500メートル以上で開く予定だったが、そこまで到達しなかったという。




事故が心配でしたが、とりこし苦労に終わってホッとしました。

 こうのす花火大会には、3年連続して足を運びましたが、今回はとても残念なフィナーレとなりました。
 けれども、花火師の皆さん、スタッフの皆さん、関係者の皆さん、観客の皆さんに、事故がなくて良かったです。

四尺玉2016年10月8日第15回こうのす花火大会

来年の四尺玉を楽しみにしています。

第15回こうのす花火大会 2016年10月8日


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント