登戸ささら獅子舞 11月13日(日).10月16日のおおとりまつりで20分バージョン

2016/ 10/ 13
                 
 2006年(平成18年)、登戸獅子舞保存会により、登戸ささら獅子舞が復活しました。
同年10月22日(日)に、鴻巣市の宮登神社例大祭と登戸集会所での復活記念式典において登戸ささら獅子舞がお披露目されました。
 今では登戸集会所での奉納となっていますが、今年は、11月13日(日)の午後1時から、開催されることとなりました。

 10月16日(日)の、「おおとりまつり」に、登戸獅子舞も登場します。
  公式サイトには、《14時30分から、旧中山道黒沢薬局前で20分バージョンを披露します。おたのしみに!!!!!》と、書かれていました。


 どんな練習日程となっているのか、ちょっとのぞいてみることにしましょう。
 《◇9月24日(土)は、おおとりまつりに向けて20分バージョンを練習しました。
20バージョンを2回練習し、踊り手、笛方、ささら方、皆クタクタ状態となりました。
 ◇10月1日(土)は、おおとりまつりに向けて獅子を被っての練習を行いました!!!
獅子を被っての練習は、皆緊張と静粛な気持ちとなり練習に熱が入りました。
来週10月8日(土)は、鴻巣花火大会による大轟音が予想されるため、練習は行いません。
次回は、10月15日(土)です。
おおとりまつりの最終確認を行う予定です!!!!! 》


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント